クアラルンプールの人気観光スポット7つ & 雑貨天国マーケットを散策



近年急速な発展を遂げているマレーシアには、ツインタワー、寺院、B級グルメ、マーケット、海、山、郊外のパワースポットなどなど、オススメの観光地が数多く揃っています。

そんなマレーシアの首都クアラルンプールは、LCCで気軽に行けることもあって人気の海外旅行先の一つとして今注目を集めているんです。

 

というわけで、

ここでは「クアラルンプールのおすすめ観光スポット」をいくつか紹介しておきますね。

 

 

 

1998年に完成した452m・88階建ての超高層タワーです。マレーシアの石油会社ペトロナスによって建築されました。建築に関しては、日本のハザマがタワー1を、韓国のサムスンがタワー2を建設。

 

完成当初は「世界一の超高層ビル」を誇っていたのですが、残念ながら、2003年には台湾の台北101 (509m) に世界一の座を譲ってしまいました。

 

ちなみに、サムスンはハザマを追い抜くため、突貫工事で一気に建設を進めたため、タワー2に垂直性の問題が生じたと言われています。

 

経験不足と技術力の限界を露呈し、自力では解決できなくなったサムスンは、ハザマに相談し、結局「タワー1とタワー2に支えのためのブリッジを追加することになった」そうです。

 

【アルジャジーラ】
中東カタールの衛星テレビ局アルジャジーラのアジアにおける放送拠点があります。

 

【スリア KLCC】
このタワーの下は伊勢丹、紀伊国屋書店なども入るショッピング複合施設 Suria KLCC となっています。

ツアーでもすぐに予約が埋まってしまうことが見込まれるほど人気の観光スポットです。「傾いている」「手抜き工事された」などの噂も後を絶たないタワーに興味のある人は是非足を運んでみてください。
 

② チャイナタウン

チャイナタウンは世界中にありますが、ここクアラルンプールにあるチャイナタウンはとても賑やかです。日本のチャイナタウンと違って、マレーシアのチャイナタウンは地元の食文化がふんだんに取り入れられているので、ローカルな雰囲気のおかゆ専門店やニャニャ料理などを是非お楽しみください。

 

確かに、日本のような清潔感のある店は少ないのですが、夜になると屋台に灯りがともり、とても雰囲気のある風景になります。

 

③ バトゥ洞窟

マレーシアは多民族国家で、マレー系、中華系、インド系などたくさんの異なった民族がともに仲良く暮らしています。宗教も多様です。

そんな中、ここバトゥ洞窟はヒンドゥー教ヒンドゥー教の聖地として有名で、その荘厳な雰囲気は思わず息を呑んでしまうほどです。

 
巨大な鍾乳洞の中にはヒンドゥの神々が数多く祀られています。壁画もあります。なお、この洞窟を形成している石灰岩は4億年の歳月を経ているそうです。気の遠くなるような悠久の時の流れですねー
 

というわけで、必見の観光スポットですよっ!KLセントラル駅から電車で20分ほどと、比較的低予算で行けますし、日帰りツアーも人気です!

ただ、この周辺にはサルが多く生息しているので、飲食物は見えないように隠していった方が良いでしょう
 
 

④ マスジット・ジャメ

マスジッドジャメ (MASJID JAME)は、1909年に完成したクアラルンプールにある最古のモスクです。モスクの脇には「クアラルンプール」(泥の交わる場所)と言う地名の由来となっている、クラン川とゴンバック川の合流地点があります。この場所はKLの人々にとって非常に重要な場所なんです!

(この記事の最後で紹介している) 有名な観光地「セントラルマーケット」のすぐ脇から5分程川沿いを散歩すると、二股になっている川、その姿を見る事が出来ますよ。

 

入場前にケープを借り、日本ではなかなか体験出来ない「プチムスリム」を体験してみてください。

 

建物はムーア建築の影響を受けています。近頃はKL近郊にもきらびやかなモスクが建築され、比較的地味な存在となってしまったマスジッドジャメですが、長い月日が醸し出す味わい深い雰囲気があります。

古くから栄えている町だけあって、周りは下町の雰囲気たっぷりです。交通量が多く蒸し暑いためか、モスク内でノンビリ昼寝をしている人も多いんです。まさに都会のオアシスですね。
 
 

⑤ スリ・マハ・マリアマン寺院

クアラルンプールはそれほど広い街ではありません。この寺院はチャイナタウンの近くにありますので、ついでに覗いてみてくださいね!
 
 

⑥ ブルーモスク

トルコのブルーモスクにも勝るとも劣らない美しいモスクです。クアラルンプール中心地から車で40分ほどのところにありますので、日程に余裕のある方は是非足を運んでみてくださいね。金曜日以外は見学可となっています。
 
 

⑦ バードパーク

クアラルンプール市内のレイクガーデンにある鳥園では、様々な種類の熱帯生息鳥を見ることができます。極彩色豊かな鳥たちが放し飼いになっており、マレーシア屈指の人気観光スポットとなっています。
 
 

⑧ セントラルマーケット

ここはクアラルンプール一番のお土産ショッピングスポットです。徒歩圏内にはクアラルンプール駅、チャイナタウン、ムルデカ広場、マスジットジャメなどがあります。

もともと1888年に野外カジノとして始まった「セントラルマーケット」は、その後生鮮市場となり、規模や目的を変えて現在の姿となりました。ブルーの外観が印象的な建物は、1936年ごろに建てられたものです。

近年では2012年の改装により、「華人街」「リトルインディア」といったテーマ別のゾーンも誕生し、ますます目が離せなくなっています。

1階にあるテーマ別ゾーンは内装がテーマに合わせて作られていルため、見て回るだけでも異国の雰囲気が味わえますよ

 

「華人街」にはチャイナドレスや中国風の刺繍が施された雑貨の数々が!

タイの北部やラオスなどで目にする珍しい少数民族風デザインの小物もあります。

 

「リトルインディア」では、ラジャスターン地方のカラフルなバッグやテキスタイル、カシミールのパシュミナまで、個性あふれる品々がずらりと並んでいます。

マレーのゾーンでは、マレーシアの伝統的な木カゴやバティック製品などが所狭しと並んでいます。

 

ゾーンによって、雰囲気や並んでいる商品がガラリと変わるのが面白いですね〜!

 

ほかにも、クアラルンプールグッズのショップやマレーシア産チョコレートのショップ、マレーシア生まれの高級スパコスメ「タナメラ(TANAMERA)」など、バラエティ豊かです。

 

そして、セントラルマーケットの名物土産ともいえるのが「ナマコ石鹸」です。

 

高い再生能力をもつナマコには、セラミド、コラーゲン、コンドロイチンなど、保湿やアンチエイジングの効果が期待できる美容成分が含まれています。

ここでは、フルーツやラベンダー、ランなど様々な香りのついたナマコ石鹸が売られています。

筆者も試しに買ってみたところ、確かに洗い上がりはきゅきゅっと、翌日はすべすべの肌になりました

 
 

【終わりに】

ショッピングを楽しみながら食事もできる「セントラルマーケット」は旅行者の強い味方です

クアラルンプールを訪れたら、ぜひ雑貨天国・セントラルマーケットでお土産ハンティングを楽しんでくださいね。