世界遺産「スコータイ遺跡」の基本情報まとめ

 

タイ北部には、かつてタイ族最初の王朝であるスコータイ王朝が開かれました (13世紀)。ちなみにスコータイとは「幸福の夜明け」を意味します。

現在も、スコータイには当時の寺院や建造物など貴重な遺跡が多く残っており、世界遺産にも登録されているんですよ!

 

そこで今回は、そんなスコータイについて簡単にまとめてみました。「まだ行ったことないよ」という方は是非参考にしてくださいね!

それでは、悠久の歴史の旅へいざ出発!!

 

 

 

スコータイまでのアクセス

バンコクからであれば、スワンナプーム国際空港からバンコク・エアウェイズ(PG)の直行便が出ています。所要時間はおよそ1時間20分ほど。

日程に余裕のある方にはバスの旅もおすすめです。バンコク北バスターミナルで発着していますよ。所要時間は…えーと…およそ6時間です

 

 

あっ、ほかにも手段があります!

「どうしても鉄道がいいっ」という方は、バンコクのフアランポーン駅からピッサヌローク駅へ行ってみましょう。

または、途中のサワンカローク駅で下車(所要約7時間)し、路線バスでスコータイまで(所要約1時間)…という行き方もあります。

なかなかの長旅になりますけどねっ

 

 

 

スコータイ歴史公園

新市街からバスで30分。スコータイ市内の旧市街地にかつてのスコータイ王朝の都がありました。ここは「スコータイ歴史公園」として、タイ国文化庁に大切に管理・保存されています。

 

三層からなる城壁の中には、代表的な寺院である
 

ワット・シーサワーイ

 

ワット・マハタート

 

ワット・サ・シー

 

があり、城壁の外には

 

ワット・シーチュム

 

ワット・サパーン・ヒン

 

ワット・プラパイ・ルアン

 

などがあります。

 


 

園内には車やトゥクトゥクの乗り入れもできますが、レンタサイクルがたくさんあるので自転車でまわるのもおすすめですよ♡

レンタサイクル「オー」

 

また、トラムでのんびり園内をまわるのも悪くないでしょう

 

タイ王族によって最初に作られた王朝、スコータイ・・・

現在は廃墟となっていますが、当時の繁栄の様子を遺跡から知ることができます。城壁外の遺跡まで全部巡ると結構な時間がかかりますが、広々とした緑の敷地に点在する様はこれぞ遺跡といった感じです♡

 

上述の「ワット・シーチュム」なんかは仏像がじ〜っとこちらを見ていますので、なんとも不思議な存在感を醸し出していますよ。

ぜひ、こういったタイの古い文化の基礎にも触れてみてくださいね。

 

 


 

 

■ 「スコータイ歴史公園」の基本情報

  • 住所: Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210
  • アクセス: スコータイ市内プラルアン橋近くから15分おきにソンテウが出ています

  • 営業時間: 6:30~18:00、土曜のみ6:30~21:00
  • 定休日: なし
  • 料金: 遺跡は北側・中央部・西側に分かれており、各遺跡ごとに一人あたり100バーツ
  • 所要時間: 3時間
  • オススメの時期: ライトアップされる土曜日

 
 
 

まとめ

 
 

関連記事: