北朝鮮レストランに通う男たちを悩ます新手商法

「韓国人男性は北朝鮮美女に萌えている!」という一部情報もありますが、実は日本にも、北朝鮮美女に萌える男性はいます。その数けっして少なくはありません。そんな中、国連の経済制裁強化によって、北朝鮮は今後ますます外貨不足に陥ることが予想され、国内では庶民の間に不安が広がっているようです。

こうしたなか北朝鮮当局は、海外へ労働者を派遣して外貨を確保する動きを強化せざるを得ないようです。とりわけ重要な収入源である北朝鮮レストラン、通称「北レス」では、ウェイトレスらの美貌を武器にした商売に躍起になっています。

 

日本の北朝鮮マニア

チョソン・クラスタと言われる北朝鮮マニアは韓国を中心に日本にも存在しています。彼らが集まると北朝鮮美女(先軍美女)の話題ばかり。。。

なかには、中国やカンボジアなど海外に存在する北朝鮮レストランに足繁く通い、そこで働く先軍美女ウェイトレスと踊ったり、写真を撮ってサイトにアップする猛者達も存在します。「閉鎖された謎の国の美女に逢いたい」という願望だけでなく、韓国男性が北朝鮮美女に萌えるのと同じ心理が働いているのかもしれません。

そもそも朝鮮半島には、南男北女(ナムナムプンニョ)という言葉があります。南(韓国)は「美男子」が多く、北(北朝鮮)には「美女」が多いという古くからの言い伝えです。日本の女子達が韓流男子を追っかけ、韓国と日本の男性陣が先軍美女に萌える様子からするとあながち「古い言い伝え」として捨て置く訳にもいきませんね。

日韓の男性陣が先軍美女に萌える理由として、

  1. 世間ズレしていない
  2. 純朴そう
  3. 「天然美女」が多い
  4. 韓国同様、整形美人が多い

ことが挙げられるようです。

 

北朝鮮の整形手術

ここ数年、北朝鮮の首都・平壌で一般市民がインタビューに応える映像が流れたりしていますが、その中には明らかに整形手術で二重まぶたにした女性の姿が!トップクラスの楽団のメンバーには、二重のみならず鼻を高くする「隆鼻術(インプラント)」らしき女性歌手もちらほら見受けられます。北朝鮮内部からの情報によると、最近は芸術学校に入る前に整形手術を受ける子どもたちが多いようです。

「北朝鮮みたいな貧しい国は外科手術の技術も遅れているし、整形手術なんか受ける余裕などあるわけない」と思われそうですが、けっしてそんなことはありません。医療関係者の待遇がよくない北朝鮮では医者たちが小遣いを稼ぐためアルバイト、つまり「ヤミ」で整形手術を行っているのです。ただし、涙ぐましい努力をして整形手術をしたにも関わらず、脱北して韓国に来てみれば、既に流行遅れで再度整形手術を受けるか悩む女性もいるといいます。

いつの時代、どこの国であれ女性の変化は、社会の変化を示す指標です。整形の是非はさておき、北朝鮮女性の「美への追求」は、閉鎖された北朝鮮をより良い方向へ変化させると信じたいものですね。

 

花の押し売り

話を北朝鮮レストランに戻しましょう。整形して「美人」になった北朝鮮女性たちは、お店から花束売りを義務付けられているようです。ミャンマーに在住する韓国人がヤンゴン市内にある「平壌高麗食堂」を訪れたところ、美人ウェイトレスから花束を押し売りされました (日本円で1,000円ほどですが)。

「食事の間に余興で美人ウェイトレスのショーが行われるんだ。彼女たちに促されるまま舞台上で造花の花束を渡して記念写真を撮ったところ、お金を要求されたんだよ」

そもそもミャンマーには一般的な「韓国レストラン」もあり、味も施設も良く、さらに値段も安いのです。かつては物珍しさに北レスを訪れる韓国人も多くいたようですが、2015年11月に駐ミャンマー北朝鮮大使が、米財務省から「大量破壊兵器と関連のある人物」として名指しされて以降、客足は大幅に減ってしま今sた。また、核とミサイルに関連して、韓国政府が「北朝鮮レストランに行くことを自粛するように」と勧告を出したことも大きいようです。

北レスの新手商法、「花の押し売り」は、今後も売り上げ減少が予想される中、少しでも儲けを確保する狙いがあると見られていますが、あまり強引なやり方ではかえって客が逃げてしまいかねないでしょうね。

関連記事: