妄想トラベラー!自宅で海外旅行に行くことのススメ



「行ったことのない外国の地を旅してみたい!」

「海外映画で観たあのシーンが大好きだ!」

 

海外旅行を三度の飯より愛する私たちにとって、映画や旅番組を観ながら「まるで自分がそこに行っているかのように」妄想することはなかなか止められるものではありません (笑)

観ているだけで旅気分を味わえる映画ってやつは、妄想家にはもううってつけの道具なんです。

 

というわけで、

今回は「非日常を味わえる海外映画」をいくつか紹介してみたいと思います。

異国情緒溢れる作品から雄大な自然を満喫できる作品まで、ターンとご覧あれっ!

 

 

リッチ & ゴージャスなモロッコの旅!

セレブ気分を味わえるトラベルムービーといえば『セックス・アンド・ザ・シティ2』ですよね。

本作はアラブ首長国連邦のアブダビを旅する内容なのですが、実は、撮影が行われたのは北アフリカのモロッコなんです。

豪華な内装と美しいプールが目を引く”マンダリン オリエンタル マラケシュ” (ホテル) をはじめ、広大な砂漠、ショッピング天国のスークなど、モロッコの魅力がぎゅ〜っと詰まった仕上がりになっています。

 

「モロッコには前々から一度行きたいと思っていたけど、まだ行けてないんだよねー」という方は是非、この映画を観てモロッコ気分を十分に味わってみてくださいね

 
 

 
ドイツのメルヘンで美しい街

2014年に公開された映画『グランド・ブダペスト・ホテル』では、仮想の国、ズブロフカ共和国が物語の舞台となっているのですが。。。

実際に撮影が行われたのはドイツ東部の小さな街、ゲルリッツです。ポーランドとの国境にも近いゲルリッツの街は、石畳やカラフルな建物など、昔ながらのヨーロッパの面影を残した美しい街なんです。

本作を見て、気に入ったら是非訪れてみてくださいね!

 

 

メキシコのローカルなお祭り気分を味わいたい!

映画『007』シリーズの「007 スペクター」では、メキシコシティで撮影された冒頭のシーンが印象的!

メキシコの国民的イベント”死者の日”に合わせた盛大なパレードが行われる中、ダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドは怪しい人物を追っていて…かっこいい!

仮装した人々や、ガイコツの飾りつけがあちらこちらで見られ、さながらハロウィンのようでもあります! 

ダニエル・クレイグになった気分でこのお祭りに参加してみたいものですねっ

 

 

エキゾチックなインドを旅気分で!

日本では2013年に公開された映画「マリー・ゴールド・ホテルで会いましょう」は、イギリスからやって来た7人の熟年男女が、インドでの生活に翻弄されながらも自分らしい生き方を見つけていくストーリーとなっています。

この映画を脳裏に焼き付けておけば、いざ自分が中高年になった時に、「あー、そういえばあの映画のような体験がしたい気分だなー」となった時に便利ですよね (笑)。

 

ちなみに、ホテルの舞台となったのは、ラージャスターン州ウダイプル郊外にあるホテル”ラウラ・ケンプール” や “ジャガット ニワス パレス ホテル”などです。

「インドにもこんなゴージャスなホテルがあるんだぁ」などとため息をつきながら観てみてください。ピンクの宮殿や活気溢れるマーケット、夕日の美しいピチョーラー湖など、見どころ満載の映画となっています

うーん、ロマンスの香りが・・・

 

 

終わりに

いかがでしたか?

当然、他にもたくさんの素敵な映画があり、魅力的なロケ地があります。

 

ただこのように、たまには映画のストーリー以上にロケ地の方にスポットを当てて観てみるのもいいのではないでしょうか♡

妄想を膨らませ、思いっきり現地に行った気分に浸ってみましょう

 

そしていつかは…

あなたも・・・
 
 

関連記事: