タイでブームのバイクに乗って少数民族を訪ねる旅のススメ!



タイの経済成長には目覚ましいものがあります。右肩上がりの躍進で欧米化が益々進んできています。
一方で、東南アジアらしさも残っており、その象徴の一つがバイクの存在です。
ここで一つアドバイス!タイでは運転免許証の取得が容易で日本よりも安く取得できますので、移住を検討中の方や中長期滞在予定のある方は是非、免許取得をご検討くださいね。
ちなみに、小型のスクーターから大型バイクまで種類はいろいろあるのですが、タイ人が乗っているのはだいたい150cc以下のものです。

東南アジアらしいタイのバイク事情

いくら欧米化してきているとはいえ、そこはやはり東南アジアの一国タイランド。今でもバイクの交通量はハンパありません。

125ccもしくは150cc程度の軽量バイクが主流で、ホンダやヤマハなどの日本車をあちらこちらで見ることができます。

しかし近年は景気のよさもあってか、中型や大型バイクの人気に火が点いちゃいました。

でも、タイでは値段が高いんだよねー。

※ そのため、かつては新車ではなく、中古車を分解した状態で別々に輸入し、タイ国内で組み立てて販売・購入する、というのが主流でした (自動車にかかる税金が高いのと、日本の2〜3倍の値がするから)

しかし最近は税関が厳しく目を光らせています。そんなこと容易にはできません。業者の税金逃れは許されません。

まあいずれにしろ、景気の良さもあって近年のタイ人は正規輸入の新車を好む傾向があるようです (不正輸入は減ってきています)。

 

タイの交通事情

タイの交通事情は日本とは違い、予期せぬことが次から次へと起こります。信じられないトラブルに見舞われることもあるでしょう。

そんなわけで、突発的な事態に対応できる能力が必要とされます。狂犬病を持った野良犬たちがその辺ウロチョロしていますしね。

くれぐれも、運転にはお気をつけください。

大型バイクに乗るおっさんの心理

「タイ人の女は金持ちが好きだから、大型バイクに乗ってるとモテるんだ」

こんな不純な動機でバイクに乗っているタイのおじさんたちもいるようです。まあ、ごくごく一部の古い考えの皆さんですけどね。

でも実際、同じお金を払って大型バイクを所有していると「凄い!」となるところ、車だと普通車になってしまうので尊敬もされない…

そんな理由から大型バイクに乗るおっさんがタイには存在しているようですよ。

これに対しタイ人女性はどう考えているかというと

「車も持っていないのに大型バイクに乗って金持ちの振りをするなんて馬鹿じゃないの」

おじさん、見抜かれていますよ(^ ^)

タイのバイクブーム

これまでは、タイのバイクといえばホンダのカブをベースとしたデザインのものばかりでしたが、近年は海外の新しいバイクが入ってくるようになり、これまでになかったバイクブームが到来しています!

郊外ではバイカーたちのツーリングサークルなどをよく見かけますし、バンコクの商業施設では大型バイクの小さなモーターショーまで開催されています。

プロモーションも頻繁に行われるようになり、価格が安くなっただけでなく品質が良くなってきていることもブームに滑車をかけているのかもしれません。

とはいえ

タイではバイクの値段が高いのも事実。スワナプーム国際空港に近い商業施設メガバンナーで開催された「MEGA2016 SUPER BIKE」では、例えば、ホンダのNM4が52万9000バーツ(約176万円)で売られていました(日本よりはるかに高い) 。

しかし、こういった即売会としてのモーターショーでは金利0%などの特典があるので、タイ人バイカーたちはこういった機会にバイクを購入するケースが多いようです。

安いバイクで人気No.1はこちら

Honda CBR 150R ・・・79,300バーツ(28万円)

タイで人気のホンダのバイク

少数民族と古都を巡るバイク旅のススメ

バックパッカー的な旅が大好物な方!バイクでタイ北部町や村を周ってみませんか。もちろん、宿はチンケなゲストハウスですよ。

こんなスタイルの旅だからこそ、普通の旅行ではけっして味わうことの出来ない「非日常」を体験できるわけです。

自然いっぱいの非日常に身を投じてみることで、日常を脱ぎ捨て、本当の自分と真摯に向き合うことができるわけです。

バスでは立ち寄ることのない小さな村々に寄り道をしながら、少数民族たちと触れ合い、歴史と文化にどっぷりと浸る。。。あ〜なんて素晴らしい!

旅プランの一例はこうです。バンコクからタイ北部の古都チェンマイまでを寝台列車で移動し、チェンマイを起点にタイカブでのんびり移動していくというもの (もちろん、現地の免許証か国際免許証が必要になります)。

こういった旅の場合、基本、情報収集は現地で行います。戸惑いや困難を乗り越えつつ、「あー生きているんだなー」と生を実感し、トコトコと150ccバイクを走らせましょう。

予算の目安は、バイク&ヘルメットのレンタル代と食費、宿泊費、ガソリン代など総額1日1万円みておけば十分でしょう。

北部はバンコクと比べ涼しく快適(サバーイ)ですので、いつものタイ旅行とはかなり違うはずです。衣類は旅行中に洗濯します。

極力軽装で行きましょう。瞑想も行います。そうすることにこのような旅の意味があるのですから(^^)

Let’s try トラベル in Thailand!

関連記事: