ヴァチカン美術館のチケット予約と「行列回避方法」について



世界最小の国バチカン市国に位置する、世界最大級の美術館といえば「バチカン美術館」ですが、有名な聖地だけに、世界中から多くの観光客が押し寄せてきます。

つまりどういうことかというと、普通に行ったんでは長蛇の列に並ばされることになってしまうのです。

 

 

なので、特に繁忙期(6~9月)に訪れる方は、事前にインターネットで予約をしてから出かけましょう!

ここでは、「公式サイトでの予約方法」と「現地ツアー予約」について紹介していきたいと思います。

 

ただし、公式サイトは英語表記なので、自分でトラブル対処ができない方にはあまりオススメできません。

 
 

 

公式サイト・オンライン予約の方法☆

最初にバチカン美術館公式ウェブ予約サイトにアクセスしましょう。

 


 

 

 

1. 「Enter」をクリックします。

 


 

 

2.  通常チケットの予約は、上から2〜3番目あたりに表記されている「ADMISSION TICKETS」をクリックします。

(夜間入場の場合は、「NIGHT OPENINGS」をクリックしましょう)
夜間入場は期間限定ですので、実施されていない時期は表示されません

 


 

 

3.  次はチケットの種類ですが、通常は「VATICAN MUSEUMS AND SISTINE CHAPEL」をクリックします。バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂の入場チケットになります。

 


 

 

 

4.  次に、訪問する月と人数を選びますが、予約は60日前からなので、予約可能月しか表示されません。選択したら「Next」をクリック!

 


 

 

5.  あとは、緑色で表示されている日付が予約可能日なので「希望日」をクリックし、「予約希望時間」をクリックし、チケットの「種類」と「枚数」を選んで、最下部の「Next」をクリックします。

 

 

 

 

※ 「Full price ticket」は大人料金、「Reduced ticket」は子供・学生料金です

「Pre-sales Fee」(予約手数料) として1人につき4ユーロかかりますが、並ぶ手間を考えると、これくらいの出費は惜しみなく出しましょう
オーディオガイドを希望するなら「+Audioguide」と表示されている項目を選びましょう

 


 

 

6.  次に、「基本情報」の入力があります。入力項目は色々ありますが、右に小さく丸印の付いている箇所が必須項目となっています。

 

◉ REFERENCE DATA

「SURNAME:苗字」、「NAME:名前」、「SEX:M(男性)F(女性)」、「COUNTRY:国籍」、「DATE OF BIRTH:生年月日」、「EMAIL:メールアドレス」、「CONFIRM EMAIL:もう一度メールアドレス」の欄を埋めましょう。

 

◉「LIST OF PARTICIPANTS」

利用者全員の名前を入力します。
◉「GENERAL NORMS OF PURCHASE」

購入規約なので、チェックボックスにレ点を入れます。
◉「SECURITY CODE」

画面に表示されているセキュリティコードを入力します。
◉「Accept the Estimate and Proceed with the Reservation」をクリックします。

 


 

 

7.  最後に、「支払情報」を入力しますので、右側の「Conclude Reservation」をクリックします。
「VISA」か「MASTER」のどちらかを選択し、
「First name:名前」「Last name:苗字」「Email:メールアドレス」「Email(repeat):もう一度メールアドレス」「Credit Card:カード番号」「Expiry date:有効期限」「CVV:セキュリティコード(カード裏面に記載されている3桁の番号)」を入力し、最後に「PAY」をクリックして終了です。

 


あとは、
登録したメールアドレスに「予約確認票」が届きますので、これを印刷して当日持参すればすぐに入場できます♡
 

城壁沿いにできた行列の右側が予約者専用レーンなので間違わずに進みましょう!

 

 

 

旅行会社の現地ツアーを予約する☆

公式サイトからのチケット予約が不安な方は、例えばJTBなどが行なっている現地観光ツアーを手配するという方法もアリです☆

料金はかなり割高になりますが、行列に並ばず入場でき、日本語ガイドの案内まであることを考えると効率よく観光したいあなたにはぴったりかもしれませんね!

 

 

「予約なし」でも行列を回避したい方へ☆

「チケット予約をして安心して訪問したい」「でも、スケジュールの都合上、予約が難しいんだよねぇ」

そんな方には以下のポイントを押さえておいてもらいましょう。

 


  • オフシーズンを狙う:夏のバカンス時期は特に混雑します

 

  • 平日に訪れる:平日よりも、土日祝の方が混雑します。また、毎月最終日曜は無料で入館できる日なので、この日は避けたほうが良いでしょう。

 

  • 比較的空いている時間に行く:朝一番は混んでいることが多いので、ランチタイムの13:00と夕方の16:00が狙い目となります。

 

 

 

長蛇の列が苦手な方の結論☆

まとめますと、

① インターネットで「公式サイト」から事前にチケットを購入しておく

② 現地ツアーに参加する

③ 観光客の少ない時期・時間帯に訪れる

 

これらのいずれかを選択し、観に行くしかありませんね!

ただ、頑張って行くだけの価値は絶対にありますので、(せっかくなので) 楽しんできてくださいね♡

 

 

関連記事: