クレジットカードに付帯する保険とオススメ格安「海外旅行保険」の違いは?

海外旅行をする際は、”できるだけ安全に” “気軽に旅行をしたい” ものですが、(とはいえ) トラブルに遭うケースは相変わらず多いようです。

そんな旅行中の (予期せぬ) トラブルに対して、「海外旅行保険付帯のクレジットカード」と通常の「海外旅行保険」ではいったいどんな違いがあるのでしょうか?

 

 

海外旅行保険とは…

まず初めに、海外旅行保険とは、「渡航先での病気やケガの治療費、他人にケガを負わせたり、他人の物品を壊した場合の賠償責任、カメラや衣類などの携行品の破損・盗難などを補償する」保険のことです。

飛行機の遅延・欠航により負担した宿泊費や食事代、飛行機に預けた荷物が行方不明になった場合の身の回り品の購入費、急いで帰国しなければならない時の費用などを補償するプランもあり、いざという時にすごく助かります。

(予期せぬ問題が発生してしまう恐れのある) 海外旅行を安心して楽しむためにも、「海外旅行保険」に加入することはマストとも言えるでしょう。

では、まず初めに「クレジットカードの付帯補償」をみてみましょう。

 

 

クレジットカードの付帯補償のみの場合

海外旅行をする際に、クレジットカードの付帯補償をご利用の方で、以下の点に不満を感じた方はいませんでしょうか?

 

① 補償されている治療費が足りない

海外での治療費は、 (国によっては) 想像以上に高額になってしまいます。クレジットカードに付いている「海外旅行保険」では、治療費が足りない場合もあります。

 

② トラブルへの対応は全て自分で行わなければならない?

クレジットカードに付いている「海外旅行保険」は、(種類によっては) トラブルに遭った時、全てを自分で対応する必要があります。お金の立て替えも含めて全てです。

 

 

そこで、皆さん自身でもう一度、(出発の前に) クレジットカードの「海外旅行保険」内容を確認しておいてください。

本当にそれだけで大丈夫か、旅立つ前にしっかりとチェックしておきましょう!

 

 

 

◉ 通常の「海外旅行保険」なら、クレジットカード付帯保険では受けられない補償が受けられます!

海外でのこんなトラブル時…

○ケガや事故(傷害)
○病気
○法律上訴えられる
○盗難や破損
○手荷物破損
○航空機遅延

 

いかなるトラブルに遭おうとも、「海外旅行保険」に加入しておけば安心ですねっ♡

 

 

一方で、

多くの「クレジットカード付帯保険」では、(基本的に) 補償金額が低く設定されており、サービス内容も充実はしていません。 (幸い、今のところは) 私が所有しているEPOSカードであれば、不満のない程度の補償内容が維持されています。

 

なので、(人によって意見の別れるところではありますが) EPOSカード (クレジット付帯保険) であれば、別途、正規の「海外旅行保険」に入らなくても良いと思われます。

(ただし、医療費が高いであろう地域へ渡航される際には、通常の「海外旅行保険」に加入されることを強くオススメします)

 

 

保険選びのポイント☆

 

 

また、パスポートを失くしたときや事故に遭ったときなど、(言葉が分からない不安な旅先での) トラブル遭遇時に、電話一本でスピーディーに対応してくれるサポートサービスがあれば安心ですよね!

 

そこで、保険選びの際には「補償内容」と併せて、「サポートサービスが充実しているかどうか」もチェックしておきましょう。

 

 

まとめ ☆

 

 

 

・・・以上のことが最低限満たされていれば良いでしょう☆

 


 

あとはお好みと必要に応じて、オプションサービスを付けてみてください。

 

例えば、

・緊急な歯科治療についての補償

・既往症・持病の補償

 

などです。

 

 

必ず、

 いずれかの保険には加入し、安心して海外旅行を楽しんできてくださいねっ

 

 

関連記事: