イタリア (ヨーロッパ) 旅行のユーロ両替はどこでするのがお得?

イタリア (ヨーロッパ) 旅行をする際、どうやってお金を持って行くべきかは頭を悩ます問題の一つですね。

イタリアの通貨はユーロ。

 

① 日本の銀行や金券ショップなどを利用して、あらかじめ日本国内でユーロを準備しておくべきか

② イタリアに到着後、フィウミチーノ空港の両替所で換金すべきか

③ イタリアの滞在先 (ホテル) にお願いしておいた送迎車に乗ってホテルまで移動し、その後ホテルか市内の銀行で両替すべきか

 

選択肢は多種多様ですが、あなたならどんな方法を選びますか?

 

 

現金 (キャッシュ) の必要性と両替の方法

ヨーロッパを旅行する際、たいていの国の通貨はユーロです。しかも、ホテルやレストラン、美術館などの支払いはクレジットカードでOKなので、現金の必要性はない…ようにも思えるのですが…

やはり、交通費や街中での飲食、ちょっとしたお買い物などでは現金が必要になってきます。タクシーだって日本と違い、基本的には現金払い。。。

 

そこで、

「両替をどうしよう?」という問題に直面します。

 

通常、

ユーロなどの外貨を用意するためには以下のような方法があります。

 

1. 日本の銀行や金券ショップで両替する

2. 日本の空港にある外貨自動販売機で購入する

3. 現地の空港、銀行、両替所で両替する

4. 銀行口座用のキャッシュカードを海外対応にして、現地のATMで引き出す

5. クレジットカードを使って、現地のATMで海外キャッシングをする

6. 日本の銀行でトラベラーズチェックを購入し、現地の銀行で現金に交換する

 

さあ、あなたならどの方法をチョイスしますか?

 

 

オススメはこれ!

それぞれにメリット・デメリットがあるのですが、オススメは、1と4の複合技☆

そして、クレジットカードを1〜2枚お持ち頂く方法です!

現金を両替するにあたって、まず覚えておいて頂きたいことは、基本的に「日本でもイタリアでも空港や駅、観光地のど真ん中で両替するとレートが悪い」ということです。

 

例えば、ローマ旅行に関して言えば、フィウミチーノ空港やテルミニ駅で両替をすると、日本の銀行で両替するよりも確実に損をします(もちろん、日本の銀行もそこまでレートは良くありません)。

それを踏まえた上で、日本の銀行 (金券ショップの方が若干レートが良い) で最初の1〜2日で使うであろう金額を両替しておきます (1〜2万円程度)。

 

どうしても、経由地の空港で水を買ったり、空港からタクシーでホテルまで行くなど、現金も必要です。なので、日本国内でユーロを準備する際には、できるだけ小さい紙幣で受け取るようにしましょう。

例えばイタリアでは、100ユーロ(場合によっては50ユーロも)の受け取りを拒否されることがあります。駅やマクドナルドのようなチェーン店では問題ありませんが、キオスクや個人店のような小さい店舗では大体の場合拒否されます。自動販売機でも50ユーロ以上が使えるものは稀。。。

 

 

銀行のキャッシュカードは便利ですよっ!

あらかじめ日本で用意したユーロを使い果たした後は、便利で役立つ「銀行のキャッシュカード」の出番です!

これさえあれば、イタリア中どこへ行ってもATM(イタリアではATMのことをバンコマット BANCOMATといいます)があるので、現金の引き出しが24時間可能です(日曜日の日本時間21時〜など、引き出せない時間もあるので各銀行で確認が必要です)。

ちなみに、この銀行カードにもPLUSとCIRRUSの2種類(違うネットワークのカード)がありますが、基本的にはどのATMでも両方に対応しているので、あまりこだわる必要はありません。

 

キャッシュカードの最大の利点は、「旅行の予算にあわせて使う金額を管理しやすい」ことです。旅行で使う分だけの現金を、出発前に事前に入金しておけばいいんです。

そうすれば使い過ぎることはありませんし、効率的に予算管理ができます。特に、iPhoneやAndroid端末で口座管理が (アプリ上で) できる銀行などは便利です。

 

 

プラス、クレジットカードも活用しよう!

以上で、現地でのお金の心配はない…と言いたいところですが、現金には盗難・紛失の心配があります。そこで、クレジットカードを持っていると安心です。

前述のように、クレジットカードを使えないシーンも多々ありますが、クレジットカードさえあれば、どうにか旅は続けられます。

 

 

ユーロの現金について

紙幣は500、200、100、50、20、10、5の7種類、コインは2、1Euro、50、20、10、5、2、1Centの種類があります。

 

紙幣は共通ですが、コインは発行国によってデザインが異なります。イタリアでは、ミケランジェロによるローマ・カンピドーリオ広場の幾何学模様などが描かれています。

そして、

イタリア語で値段を表現するときは、ユーロではなく「エウロ」といいますよ (^ ^)/

 

 

まとめ

以上から、

ヨーロッパ旅行の際の「お得な両替方法」についてまとめますと、

 

① 1〜2万円分を金券ショップか銀行で両替しておく (成田空港で両替しても良い)

② 海外対応の銀行キャッシュカードを持参し、不足分はこれで補う

③ ホテルやレストランでの支払いはクレジットカーをを利用する

 

これで決まりではないでしょうか

 

 

おまけ

最後に、イタリアでのチップについて少しだけ触れておきましょう。

 

海外の習慣でよく悩まされるのはチップ…ではないでしょうか。ただ、イタリアでは、アメリカのようにどんな場面でもチップが必要になってくるわけではありません。良いサービスを受けたと感じたとき、何か頼み事をしたときなどに小額を手渡せばいいんです。

 

具体的には、

  • タクシーで運転手さんに荷物の上げ下げを手伝ってもらったとき
  • レストランで伝票にサービス料が含まれていないとき (含まれている場合でもサービスに満足したとき)
  • ホテルでポーターに荷物を運んでもらったとき
  • ホテルのコンシェルジュにお願いごとをしたとき
  • ベッドメイキングをしてもらったとき

 

ベッドメイキングの際のチップに関しては賛否ありますが、枕に置くいわゆる「枕銭」ではなく、テーブルの上などに一言添えて置いておくと好印象を与えます。その方が、お互い気持ちが良いのでは?☆

基本的に、チップは小銭をジャラジャラと渡してはいけません。1ユーロや2ユーロのコインをさっと1枚渡した方がスマートです。レストランなどではテーブル会計時にお釣りをチップとして置いておけばいいでしょう。どんな場合であっても、多額のチップは必要ありませんからね

 

そして、通常タクシーの場合、チップは必要ありません。荷物の上げ下げを手伝ってもらった際など、特別な場合のみで結構です。

それ以前に、一応、チップ用として小銭を用意して乗ったほうが良いでしょう(イタリアのタクシー・メーターは、0.01ユーロ=1チェンテージモ単位まで計算します)。

 

関連記事: