観ると思わずパリに行きたくなってしまう「映画」②

素敵な映画のワンシーン。誰もが心に残る印象的な名場面は、時間が経っても色あせないものではないでしょうか?

「花の都」パリの街角は、名場面の舞台として数多く使われてきています。そんな素敵な映画群と、思わず行きたくなってしまうパリの風景を以下で見てまいりましょう!

 

 

☆ パリ、恋人たちの2日間

【作品紹介】

2007年の作品です。アメリカ人彼氏とフランス人彼女のカップルは、付き合って2年になるニューヨーク在住のカップルです。異文化の違いをコミカルに描いています。この映画に出てくるパリの観光地はそれほど多くはないのですが、ペールラシェーズ墓地やサンマルタン運河などが後ろに登場します。パリの日常や普通の家庭の様子などが多く出てきます。公園や路地などを見て、パリの雰囲気を楽しみましょう。


☆ ニキータ

【作品紹介】

『ニキータ』はリュック・ベッソン監督の初期の傑作として有名です。主演アウノ・パウロー (ニキータ) の魅力はもちろんのこと、脇役のジャンヌ・モローの存在感も素晴らしいです。劇中に「ル・トラン・ブルー」というレストランが出てきますが、ここはリヨン駅内にある1901年創業の老舗です。宮殿さながらの内装は息をのむほどゴージャスでフランス文化繁栄の最盛期を思い起こすことができます。


☆ ミッドナイト・イン・パリ

【作品紹介】

ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞最優秀脚本賞のW授賞を獲得した作品です。芸術が花開いた1920年代のパリを舞台に繰り広げる物語は一瞬たりとも目が離せません!ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ピカソ、ダリ、ルイス・ブニュエル、ゴーギャンらの偉大な芸術家たちのキャラクターが登場し、有数のパリの名所がちりばめられています。どっぷりとパリ気分を味わえる映画といえるでしょう!ロケ地として出てくるのは、サンテティエンヌ・ヂュ・モン教会やオランジュリー美術館、ロダン美術館、アレクサンドル三世橋、ジヴェルニーのモネの庭園 、ヴェルサイユ宮殿、マキシム・ド・パリなどなど。

 


☆ パリは燃えているか

【作品紹介】
舞台は第二次大戦中のドイツ軍占領下のパリ。連合軍によるパリ解放に至るまでを描いた超大作です。ヒトラーによるパリ焦土化計画と、それに抵抗するフランス市民のレジスタンスの攻防が繰り広げられています。

 


☆ パリ、ジュテーム

【作品紹介】

2008年のフランス映画で、パリを舞台にした恋愛ストーリーを描いた18本のオムニバス・ムービーとなっています。映画は、軽快な音楽とともにモンマルトルの丘から始まるところが最高です。いろいろなパリが楽しめるお得な映画ともいえるでしょう。パリ観光に行くならば、その前に観ておけば 「映画で見た場所だ!」と思えると思います。パリは20区に分かれていますが、そのうち18の区を舞台に1区につき約5分間を短編映画として贈る小さな愛の物語です。まさに珠玉の短編映画です!

 


☆ パリ・ルーヴル美術館の秘密

【作品紹介】

世界で最も有名な美術館といえばここルーブル美術館ですね。30万点もの美術品を所蔵し、勤めている職員は1,200人にものぼります。この映画は、ルーブル美術館の裏側を見せるドキュメンタリー映画となっています。普段は見られない美術館の顔に迫っていますよ。

 


☆ ぼくを探しに

【作品紹介】

フランスの文豪マルセル・プルーストの名作『失われた時を求めて』のエッセンスを織り交ぜながら物語を膨らませていったという本作は、主人公の記憶の再現を音楽と映像を駆使しファンタジックに仕上げられています。主人公の夢の中ではミュージカルやダンスなどが繰り広げられ、楽しさ満点です。多彩な映像表現と奇想天外な物語の中にあっという間に引きこまれます。この作品では、主人公が食べる美味しそうなフランス菓子にも是非ご注目ください!

 


☆ パリの恋人

【作品紹介】
古本屋で働く平凡な娘 (オードリー・ヘップバーン)が、カメラマンにスカウトされモデルへの階段をかけ上がっていくストーリーです。凱旋門やエッフェル塔、セーヌ川など有名なパリの観光スポットが目白押しです。

 


☆ ポンヌフの恋人

【作品紹介】

パリのセーヌ川に架かるポンヌフ橋を舞台に繰り広げられる男と女の究極の愛を描いています。主演のジュリエット・ビノシュとドニ・ラヴァンの感情がぶつかり合う演技は、ほとばしるパッションと刹那的な儚さを漂わせています。独特の世界観とポンヌフ橋の情景がなんとも素晴らしく融合していて、観終わったあとに余韻を残す作品です。

 

 

関連記事: