海外旅行で使う「各種カード」の為替 & ATM利用手数料・比較

新しい形の海外旅行のお金の使い方…といえばプリペイドカードですね。これさえあれば、現地通貨の引き出しやショッピングが安心なこと間違いなしっ!

これまでは、海外旅行先での支払いはクレジットカードで決済するのが一般的でしたが、安全性や使い過ぎ防止のためにはこれだと、近年では海外専用プリペイドカードを利用する人が増えてきているようです。

 

入金に使える通貨やサービス内容などはカード会社によって様々ですが、せっかく新しくカードを作るのであれば、使いやすいものがいいですよね。

そこで今回は、皆さんの参考になることを願って、以下にプリペイドカードを基準として、クレジットカードや国際キャッシュカードと比較してみてみたいと思います。

 

ここでなにげにオススメしているのはプリペイドカードになるわけですが (笑)、

海外出張が多い方や海外旅行が好きな方は、次回の渡航までに1枚持っておくと便利ですよ♡

 

 

まずは、各種カードの為替手数料を比較してみましょう!

 

《 プリペイドカードの海外為替手数料・比較 》

  • マネパカード :0.7%
  • NEO MONEY:5%
  • キャッシュパスポート:4%
  • Money T Global:4%
  • Visa Travel Money Gonna:4%

 

通常は、プリペイドカードって事で4~5%程度の手数料が一般的なのですが、マネパカードに関しては手数料が異常なほどに安いです。
 

 

《 クレジットカードの海外為替手数料 》

  • VISA:1.63%
  • Master:1.63%
  • JCB:1.60%
  • AMEX:2%
  • ダイナース:1.3%

 

どうでしょう?ここまでみてきた中で、マネパカードの為替手数料0.7%って凄く安いですね!

 

 

《 国際キャッシュカード(デビットカード)の海外為替手数料 》

  • JNB VISAデビット:3.02%
  • 楽天デビットVISA:3.024%
  • イオンデビットカード(VISA):1.60%

 

楽天デビットVISAは海外ショップで何度か使ったことがあるのですが、一般のクレジットカードに比べるとやや高いかなって印象でした。

その点、イオンデビットカードは1.6%なのでまずまず。

 

 

 

各種カードの海外ATM利用手数料

次に、ATMを利用した際の手数料を比較してみましょう。

 

《 海外プリペイドカードのATM利用手数料 》

  • マネパカード:2USD/回 (為替レート+0.7%)※通貨により異なります
  • NEO MONEY:200円/回(為替レート+4%)
  • キャッシュパスポート:200円/回 (為替レート+4%)
  • MoneyT Global:200円/回(為替レート+4%)
  • Visa TravelMoney Gonna:200円/回(為替レート+4%)

 

通貨により手数料が異なるカードがあるものの、基本的には1回約200円って感じです。

 ATM利用手数料は、現地のATM運営者が設けている手数料が別途かかる場合があります

 

 

《 国際キャッシュカードのATM利用手数料 》

一方で、金融機関の国際キャッシュカードの手数料はというと、

 

  • ジャパンネット銀行:無料(為替レート+3.02%)
  • 楽天銀行:無料(為替レート+3.024%)
  • 新生銀行:無料(為替レート+4%)
  • 三菱東京UFJ:100円/回(為替レート+3%)
  • シティバンク:200円/回(為替レート+3%)
  • イオン銀行:200円/回(為替レート+1.6%)

 

基本的に、海外プリペイトカードよりは安めですが、やはりマネパカードの安さには敵わないようです。

 

 

まとめ

まず、仮にATM利用手数料が無料であったとしても、(為替レートを考えると)1回200円払ってでも為替レートが安い方を利用した方が得する可能性が高い…ということは頭に入れておきましょう。

為替レートが1%変われば、1万円で100円違います。数万円単位で引き出すのであれば、為替レートが安いカードがお得なのです。

 

これらの観点から総合的に評価すると、マネパカードやイオンデビットカードあたりが良さそうですね!

 

 

関連記事: