iPhone (スマホ) で撮影した動画をYouTubeにアップロードさせる方法

YouTuberになる (公開動画に広告を付けて収益を上げていく) ためには、まずはじめにGoogleのアカウントを作成しておく必要があります。

皆さん、作成していますか? (1〜2分で簡単に作成できますので、済ませておいてくださいね)

 

 Google+のアカウントとYouTubeのチャンネルは関連づけておく (GoogleアカウントでYouTubeにログインする) 必要があります

ビジネスでYouTube動画をアップロードする場合には、新規にビジネス用のYouTubeチャンネルを作成した方が良いでしょう

(もちろん、個人でアップロードする場合には、既存のGoogleアカウントで大丈夫です)

 


 

次に、iPhoneを活用して「動画撮影」「動画のアップロード」を行うには、iPhoneで「YouTubeアプリ」をインストールしておく必要があります。

ここまで準備が出来ていれば、あとは簡単です!

 

 

① iPhone上のカメラ (ビデオ) で動画を撮影します

② 撮影した動画は「写真」アプリの中の「アルバム」→ 「ビデオ」の中に保存されています

③ アップロードしたい動画をタップして開き、ディスプレイの左下に表示されている「アップロード」ボタンをタップします

④ 「YouTube」のアイコンをタップします

⑤ (YouTubeにログインしていなければ、「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、ログインします

 


 

ここまでは大丈夫ですね?

あとはアップロードしたい動画の《基本情報画面》を入力していくだけです。

 

 

動画の「タイトル」「説明文」を入力し、その下の「標準解像度」「HD」は画質の選択となります。

 

「標準解像度」・・・長時間の動画だとパケット制限にひっかかる場合があるのでこちらを選択しましょう

「HD」・・・高画質なままアップロードしたい方はこちらを選択しましょう

 

 

 


公開範囲を決めよう!

全ての人に公開したい場合は「公開」を選択してください。

知人だけに公開したい場合は「限定公開」を選択してください。この場合、URLを知っている人だけが再生することができます。

 

 

ここまで出来たらあとは

「公開」をタップし、「YouTubeに表示」をタップ。30分ほど経てば実際に公開されているので、世界中の全ての人があなたの動画を閲覧できるようになっています

 

 

 


あなたの動画はどこにある?

自分がアップロードした動画のリストを見るには、YouTubeアプリを立ち上げ、「ライブラリ」→「アップロード動画」をタップすれば、自分の動画リストを見ることができます。

 

 

 


画質が悪いと感じたら…

・高画質 = パケット量が増える

・低画質 = 画質が落ちて見にくい

 

どちらを優先するかは難しいところではありますが、「長時間の動画は低画質に」「短時間の自信作は高画質に」すると良いのではないでしょうか

 

 

必要に応じて、「画質」をタップしてから手動で画質の調整をしてみましょう。

ちなみに、「自動設定」の場合は、3Gなどの遅い回線では低画質で再生され、Wi-Fiだと高画質で再生されるようになっています。基本はこれで大丈夫です。

 

 

 


アップロードに失敗する場合…

まずはじめに、アップロードする際は、電波状況の良い場所でWi-Fiを使って行うようにしましょう。

それでもアップロードできない?

 

実は、動画の再生時間が長いとアップロードに失敗する場合があります。また、規則違反の動画は公開できなかったりもします。

基本的には15分以内がベターですが、YouTubeのサイトにログインして、”再生時間15分以上の動画をアップロードする” 設定にすれば、再生時間が長い動画もアップロード出来ます。

 

 

 


動画を編集したい!

iPhoneで撮影した動画は無料でインストールできる「iMovie」というアプリで簡単に編集することができます。

 

ただし、このアプリで編集できるのは

  1. 不要な部分を削除する「トリミング」
  2. 「色調調整」
  3. テロップのような「字幕」を入れる
  4. BGMを流す

の4つだけです。

 

ご自身でいろいろと試しながら少しずつ慣れていってくださいね

本格的にユーチューバーとしてやっていく決心がついたら、それなりの機材やツールを用意しても良いでしょう!

 

まずは、今回紹介した方法でスタートさせてみることが大事です!

くれぐれも三日坊主になりませんように

 

 

関連記事: