移住先として真剣に考えるべき微笑みの国タイランド



近代的なビル立ち並ぶ首都バンコクにはじまり、世界遺産アユタヤ遺跡やチェンマイ文化まで、様々な魅力がぎっしりと詰まった微笑みの国タイランド!…に皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

タイは、日本人が選ぶ「老後の海外移住先国ランキング」でベスト3に入る超人気国なんですよっ!そんなタイの魅力っていったい…?

 

以下、基本情報4つの視点からさっそく考察してまいりましょう!

 

 

 

1.物価の安さ

日本と比べるとタイの物価は当然安いのですが、あなたが求める生活レベルによって高いか安いかの感じ方はは違ってくるでしょう (^-^)

日本人らしく生きたいのであれば、住宅賃料は月20,000〜50,000円程度みておけば十分でしょう。

 

交通費は文句なく安し (タクシーの初乗りは日本円で100円程度)。日本にいる時より気軽にタクシーを利用できますねっ 。

できますが…現地に慣れてくればトゥクトゥクバスバイクなどを乗りこなし、もっと快適に安く移動しているはずです(^-^)

バンコクに関していえば地下鉄モノレールも通っています。先進国並みの交通機関の充実といえるでしょう!イェス!!

 

食事面でも、タイ料理が大好きな人であれば地元の料理を安く美味しく頂けます!

トムヤムクンバッタイカオマンガイ・・・などなど、バラエティに富んだタイ料理がヨリドリミドリッ!高級店も良いのですが、「10バーツラーメン」(35円くらい)なんてものもあったりして、屋台での食習慣は毎日がパラダイス!

ちなみにパッタイ(バッタイともいう) は日本でいう焼きそばです。

 

美味しい現地料理のみならず、日本の銀ダコや吉野家、そして伊勢丹、紀伊国屋書店などなど・・・移住した日本人にとっては嬉しい限りです。

(ただし、日本の料理は割高感があります、悪しからず)

 

 

2. 治安の良さ

タイは東南アジアでは治安の良い国と言われています。

日本に比べるとスリやひったくりなどの軽犯罪は多いのですが、それでも、治安面はほとんど日本と同じだと考えていいでしょう (2015年バンコクでは爆破テロが起こりましたし、時々デモで空港が閉鎖されることもありますが、あくまでもイレギュラーです)。

 

タイは日本人観光客がとても多いですし、日本人移住者の多い地区に暮らせば、あたかも日本に住んでるような感覚で生活することができるでしょう。

親日国としても知られるタイの人々に、「日本は好きですか?」という質問をすれば、ほぼ100%の確率で「日本大好き!」と答えてくれます!

 

タイは戦時中欧米列国に植民地化されていない国なので、他のアジア諸国に比べると英語が通じる可能性は低いともいえますが、ホテルやデパート、レストランでは簡単な英語は通じますし、バンコクのカオサンという外国人バックパッカーが集う地域であれば、小さなお店のおじちゃんおばちゃんたちも英語が理解できます。むふっ(^-^)

 

それでも、より安全により楽しくタイを満喫したいのであれば、ある程度タイ語を習得する必要はあるでしょう(^ ^)

 

 

3. 蒸し暑い気候

タイは南北に細長い国で、地域によって気候が大きく違ってきます。首都バンコクや南部地方は…はっきり言って蒸し暑いです でも、慣れればどうってことありません(笑)

ちなみに、首都バンコクの平均気温は29℃程度、平均湿度76%なので、「高温多湿な日本の7、8月が一年中続く」と考えてもらえればわかり易いですね。

夏が大好きな方であれば大丈夫(笑)。でも、どうしても「暑いの苦手」という方は、首都バンコクではなく北の方に住めば大丈夫でしょう。サバーイサバーイ(快適快適)。

 

 

4. 充実した娯楽

タイの娯楽は非常に充実しています。アウトドアで海を満喫したいならプーケットサムイ島があなたを待ってます!

世界的にも有名なビーチですね。バンコク近郊にはパタヤ・ビーチがあり、ここでのんびり過ごすことができますよ。

 

また、タイと言えば古式マッサージが有名ですよね(私はくすぐったくて苦手なのですが) 街の至る所にマッサージ店があるので、いつでもどこでも2時間1,000円程度でモミモミゴリゴリしてもらえます。

他にも、映画・カラオケ・ショッピングなどたいていのものは揃っていますので物足りなさを感じることはないでしょう。

ワットポーやワットプラケオなどの観光地も見どころ満載です!このように娯楽が充実しているのもタイの一つの魅力です!

 

いかがでしたか?

 

同じ東南アジアの国マレーシアと比べると、英語が通じにくいことと蒸し暑いことがちょっぴり難点かもしれませんが、それでも日本人にとってはとても住みやすい国です。現に多くの日本人が移り住んでいますしね(^-^)

 

私自身、将来はタイに移住したいと考えています。モスキートと永遠に(笑) いや実はカンボジアでやりたいことがあるのですがそれはまたの機会に書いていきますね。

そんなわけで、タイを中心にアジアに纏わる情報を様々な視点から書いていきますので半泣き半笑いで読んでいただけたら幸いです (^ ^) クラップ

関連記事:


コメントを残す