リスニング力がアップするまでの時間!NHKニュースを英語で聴くことのススメ



 

「ず〜っと英語を聴いているけど、一体いつになったらちゃんと聴き取れるようになるんだろう?」そう思っている方、多いのではないでしょうか?

では、一体どれくらいの期間、聴き続けたらリスニング力がアップするのでしょうか?実は、英語のリスニングは、階段を上るのと同じような感じでステップアップしていきます。

 

確かに、しばらく辛抱しないといけない時期があるのですが、ある日突然聴き取れる言葉が増えている自分に気付くはずです。

この最初のワンランクアップまでの時間は、およそ300時間が目安とされています (もちろん個人差はありますが)。つまり、1日3時間聴き続けたとして、約100日間。。。

 

最初の1歩でさえ300時間…その先もっと時間がかかる…となると随分長く感じるのではないでしょうか?もちろん、正直言って、初めのうちはとても苦しいです。

でも、頑張って続けてください。ここを乗り越え、聴き取れる言葉が増えている自分に気がついた瞬間、「楽しい!」「もっと頑張ろう!」と思えるはずです。

 


ただ、やみくもに聴き続けても聞こえるようにはならないでしょう。そのような場合は、スピードがゆっくりで簡単なレベルの教材を使ってみてください。

英語がほとんど聴き取れない初心者の方の場合であれば、プロゴルファー・石川遼選手でお馴染みのスピードラーニングなども役に立つと思います。徐々にレベルを上げていけば、上達も見込めるでしょう。

 
兎にも角にも、リスニングは毎日10分でも続けることが大事です。地道に続けて映画のセリフが聞き取れるようになってくると、リスニングの学習がとっても楽しくなってきます。

そのためにはまず、最初の300時間を頑張ってみてくださいね

 

 

そして…

 

日本にいながら無料で英語リスニングできるものの一つに、テレビのNHKニュースがあります。副音声 (2ヶ国語放送) で音声を切り替えれば、英語でニュースを聞くことができます。

このNHKニュースを英語のリスニング練習に利用するメリットは以下の通りです。

 


1.日本のニュースを英語で聞くことができるので、内容を想像しやすい 


2.
政治・経済・ローカル・天気・スポーツ等のニュースを満遍なくカバーしている


3.よく使われる英語表現を自然に覚えられる

4.時事ネタの勉強と英語の勉強を一石二鳥でできる


5.無料で勉強できる

 

 

NHKニュースの良い点は、いろんな種類の英語を聞くことができることにあります。NHKの英語ニュースには、男性・女性、さらにブリティッシュ、アメリカン等、ナレーターが複数います

ので、いろいろな訛りの英語を聞き取る訓練にもなります。

 

よく使われる英語表現を自然に覚えられることも大きいでしょう!

それに、毎日聞いていると、似たような表現が繰り返し出てくることに気付くはずです。例えば、天気予報の英語では

 

Thunderstorms, heavy rain expected on Wednesday.

「水曜日は激しい雷雨が予想されます。」

 

といった表現が繰り返されますので、自然と覚えてしまいます。

 

 

ほかにも、火事のニュースであれば、fire broke out from the ・・・(火が・・・から出火した)とか、政治のニュースであればapproval rate has dropped・・・(支持率が下がって・・・)というように、同じ表現が繰り返されます。

 

いつしか、あなたの口からも自然に飛び出していることでしょう。

このように、毎日観て聞くことで、繰り返し出てくる言葉が身につくわけです。つまり、少しずつ適切な表現があなたの身体の中に染み込んでいく…

 

素晴らしいですね〜

 

 

ただし、

 

リスニングには「継続」と「集中」が大事なので、ご飯を食べながらNHKのニュースを英語で聞く…だけではなかなか上達しません。自分の生活の中にうまく組み込みつつ、「集中」して聞くようにしましょう。

できれば、録音・録画をしておいて、いくつかのフレーズは自分の言葉に直して、誰かに話すイメージでスピーキングにも応用させましょう。

 
「時間があまりない」という方の場合は、興味のある分野や強化したい分野だけに集中して、1日5分でも10分でもいいので続けてみてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事: