売春に陥る日本と世界の貧困シングルマザーたち



世界には貧困のため、売春で食いつないでいる多くの少女たちが存在しています。そして、それは少女のみならずシングルマザーであっても…

生きていくために、売春せざるを得ない30~40代のシングルマザーたちも多く存在しているのです。

 

日本においても、母子世帯を取り巻く環境は非常に厳しいものです。なんと、母子家庭の貧困率は5割を越え、就労による収入は平均181万円。

 

「努力が足りないんだ」

「もっと働け」

 

しかし、働いても貧困から抜け出せないのが現状なのです。

 

「働いても貧困から抜け出せない」

経済協力開発機構(OECD)のデータを基に各国を比較してみると、就労していない一人親世帯の相対的貧困率はアメリカが90.7%、ドイツが54%などと高く、日本は50.4%でOECD平均の58%を下回っています。

 

しかし、就労している一人親世帯の貧困率は、アメリカが31.1%、ドイツ23.8%、OECD平均も20.9%と、それぞれ大幅に下がっています。

就労すれば所得も増えるので貧困から抜け出すのが自然な流れなのですが、日本は50.9%と逆に上昇しています。日本の一人親世帯は、働いても貧困という例のない状況下に置かれているのです。

 

 

出会い系に手を出さざるを得ないシングルマザーたち

売春に陥る日本と世界の貧困シングルマザーたち

「だったら離婚しなければいいじゃないか」

「なぜ夫から養育費をもらわないの?」

「親や親族に頼ればいい」

 

「そもそも、貧困だからってなぜ体を売るの?」

「体を売るにしても風俗店の方が安全じゃないか」

 

当事者でない方からはいろんな声も出てきますが、現実問題として、出会い系に走る彼女たちにはほとんど選択肢がないのです。

 

家庭内暴力 (DV) を振るう夫からは養育費も慰謝料も取れません。下手すれば籍を抜くこともできない現実。家族とは断絶、頼れる友人はいない。。。

また、子どもがいじめられる懸念や世間体から生活保護は受給できません。こうしたトラブルに見舞われたシングルマザーたちの多くは、離婚前後にメンタルが不安定になり、精神科に通院している状態なのです。

 

正社員への道は険しく、当然、昼間のパートだけでは生活費は足りません。仮に風俗店に入ろうと思っても、容姿に恵まれなければ入店することすらできないのです。結果、彼女たちは出会い系に手を出すわけです。

 

 

八方塞がりのシングルマザーたち

出会い系売春で生計を立てるシングルマザーの現実

「そうなる前にどうにかならなかったの?」という考えをお持ちの方もいることでしょう。しかし、彼女たちは社会的に完全に孤立してしまっているのです。

出会い系で売春をしたきっかけについて聞いてみると、「だって寂しかったから…」

 

大人の女性が、しかも子をもつ母親が、「寂しいから売春した」といって誰が同情してくれるのでしょう。しかし、彼女たちは「やむを得ず」売春してしまうほどの圧倒的な寂しさを抱えているのです。

 

離婚…

シングルマザー…

 

せめて別れた夫から、きちんと養育費が支払われるシステムが存在すればまだ状況は違ってくるはずですが、現在の日本の法律には養育費支払い義務を強制的に執行させる力がありません。

ダメな夫が支払わない意思を持っていれば、あやふやにされてしまうだけなのです。このような特殊な環境を考えてみると、「貧困と寂しさから出会い系に手を出してしまう」心理も頷けます。

 

 

孤立無縁なシングルマザー

孤独で貧困に苦しむ母子家庭の真実

彼女たちは、家族・地域・社会制度の全てに無縁な存在なのです。そんな彼女たちの絶望的な孤独を、どうしたら解消させていくことができるのでしょうか?

「やっぱり生活保護を受給すればいいじゃないか」

 

そう言いたくもなりますが、例えば、特に田舎では、生活保護受給者に対する差別が平然と行われているのです。子どもを守るため、子どもが学校で悲惨な目に遭わないためにも、生活保護を受けるわけにはいかないのです。

彼女たちは福祉に頼らず、必死に生きています。パートと出会い系で、世間がののしる税金泥棒になることなく、必死に生きているのです。

 

政治や社会に無視された形の貧困シングルマザーたち。貧困は本当に悲惨です。もちろん、出会い系に走るシングルマザーは全体から見ればほんの一握りに過ぎません。

ただ、普通の主婦が不運の連続で「出会い系シングルマザー」に転落する現実が、この日本で起きているということを、私たちは知っておく必要があるのではないでしょうか。

 

 

世界の売春婦数ランキング

売春に陥る日本と世界の貧困シングルマザーたち

先進国の日本ですら、上述したような状況下に置かれています。世界では、とんでもない現実が待ち構えているんだということをまずは想像してみてください。

空恐ろしいことですが…

以下にデータがあります。

 

世界の売春婦数ランキング

 

ちょっと見にくいでしょうか?

簡単に説明しましょう。把握されているだけでもこれだけ多くの売春婦たちが世界には存在しているわけです。貧困のために…

 

・インド・・・約90万人

インドには宗教上風俗はありません。そんな中、コルカタ西部のソナガチにはアジア最大の売春街があります。ここに来て売春婦になる女性は年間1,000人以上。活路なく、誘拐されて売春を強いられている女性も多いようです。当然、貧困のため自ら売春婦になった女性も少なくありません。インドではHIV感染者数も抜きん出ています。

 

・ブラジル・・・約55万人

「夜遊びの性地」とまで言われるブラジルのサンパウロには、立ちんぼ・ソープ・マッサージ・ボアッチ (タイのゴーゴーバーのようなもの) が多く存在しています。

 

・メキシコ・・・約25万人

メキシコの夜遊び街といえばティファナが有名です。立ちんぼやストリップバーなどから女性を選び、数千円という激安な価格で女性たちが売られているのです。

 

・ナイジェリア・・・約25万人

・ハイチ・・・約20万人

・タイ・・・約12万人

・モロッコ・・・約8万人

・ウクライナ・・・約8万人

・カメルーン・・・約4万人

・カンボジア・・・約4万人

 

 

自分たちが幸せならそれで良いのか

社会が複層化する中で、自分の狭い範囲の仲間以外はまったく人間として感じられないという傾向は、(日本のみならず) 世界的にもますます強まってきています。

 

上述した世界の売春婦数ランキングは、表に出ているものだけの統計にしか過ぎません。実際にはもっと、数倍〜数十倍の女性たちが売春せざるを得ない環境下で暮らしているのです。

性奴隷として一生を終えなければならない人だっているでしょう。

 

さて、

日本において社会福祉とはいったい何なのでしょうか?公的扶助とは?必要とする当事者たちが平等に恩恵を受けられるよう、困窮状態にある人たちが適切に救われるよう、改善の余地はまだまだありそうです。

 

そして最後に、

売春目的で海外旅行をする日本人の皆さん。せめて、彼女たちがどんな人生を歩んできているのか少しだけ考えてみてください。貧困の中であえぎ苦しんでいる、自由を奪われている、人権を侵害されている、ということをしっかり考えていただきたいと思います。

関連記事: