ネパールの4大「世界遺産」は死ぬまでに見るべき至宝 (四宝) です ☆

世界で一番高い山エベレストと世界の屋根ヒマラヤの麓に根づく人々の歴史・伝統・文化に触れることのできる神秘の国「ネパール」

雄大なヒマラヤの山々にばかり目がいってしまいがちなネパールですが、ふと目線を街へと向けてみると…昔ながらの何とも言えぬ風情、情緒豊かでノスタルジックな街並みが広がっています ♡

 

一度訪れると何度でも行きたくなるネパールの魅力 (世界遺産) をここにどーんと紹介してみました!ぜひ、旅の参考になさってみてください ☆

 

 

 

サガルマータ国立公園 ☆  

★  1979年、ユネスコの世界遺産 (自然遺産) に登録

《続きを読む》

 

 

 

カトマンズ盆地 ☆  

★  1979年、ユネスコの世界遺産 (文化遺産) に登録
ダルバール広場

ネパールはヒマラヤ山脈の麓にある国で、主に3つの都市で成り立っています。「カトマンズ」「パタン」「バクタプル」。

《続きを読む》

 

 

 

ブッダの生誕地ルンビニ ☆  

★  1997年、ユネスコの世界遺産 (文化遺産) に登録

皆さん、お釈迦様(ブッダ)が生まれた国はネパール…だということはご存知だったでしょうか?実は意外と知らない人が多いのです。このルンビニはブッダが生まれた場所で有名です ☆

《続きを読む》

 

 

 

ロイヤル・チトワン国立公園 ☆

★  1984年、ユネスコの世界遺産 (自然遺産) に登録

チトワン国立公園では、象の背中に乗ってのジャングル・サファリが楽しめます。あなたがラッキー?なら、ベンガルトラインドサイヒョウヌマワニなどにも会えますよっ!

《続きを読む》

 

 

以上、

ネパールの世界遺産は4つです (ちなみに、カトマンズにある有名な寺院などはカトマンズ盆地の一部として世界遺産登録されています)。

 

さあ、

これらのパワースポットを巡って、大地からのエネルギーをたくさんもらってきてくださいね!

素敵な旅を☺️

 

 

関連記事: