ネパールの基本情報「観光 & トレッキングのベストシーズンは?」



世界一高い山エベレストを擁するヒマラヤから、亜熱帯のジャングル、超絶グルメまで、多種多様な魅力に満ち溢れている人気観光地「ネパール」☆

はチベットと接するヒマラヤ山脈はインドへつながるタライ平野。壮大な自然に挟まれている小さな国ネパール。。。 標高5,000mを超える高地から亜熱帯の低地まで、変化に富んだ自然の中に30以上の民族が共存し暮らしています。

 

🔵  政治・経済の中心を担う首都カトマンドゥ・・・

🔵  美しい湖に囲まれた街ポカラ ・・・

🔵  超大自然の神秘・・・

🔵  歴史ある街並み・・・

 

ネパールにはとっても魅力的な観光スポットが数多くあります。

 

ネパールに住んでいる人たちがどんな暮らしをしているのか、どんな景色を見ているのか。。。

ネパール旅行を計画されている方には是非、そんなことに思いを巡らせ、魅惑のネパール観光を思いっきり楽しんでいただけたらなと願っています ☆

 

ここでは、そんなネパールの「基本情報 & ベストシーズン & トレッキング」について簡単にまとめてみました ♡

 

 

 

ネパールってどんな国?

 

驚くことなかれっ!ネパールは2008年に王政が廃止され、割と最近「共和制国家」となりました!ちなみに共和制とは、国を治める元首が君主でなく民衆であるということ。

 

 首都:カトマンズ

 言語:ネパール語

 

インド & 中国の2大国に囲まれており、両国の緩衝国としての役割を担っています ☆

 

 人口:約3,000万人

 宗教:ヒンドゥー教

 

そんなネパールには、1日2ドル以下で暮らす貧困層が2,200万人も!そのため、中国・インド・中東などに出稼ぎに出る人が非常に多いんです。人身売買の数も多く、生活苦から売春をしたり臓器を売ったりする人もいます。

 

 難民問題:ブータンやチベットからの難民がとても多く、社会問題となっています。

 食事:土地柄、インド・中国・チベットなどの影響を強く受けており、これらの特徴をうまく融合させているのがネパール料理です。

 

代表的な料理「ダルバート」 ♡

 

 治安:内戦があった頃ほどではありませんが、それでもちょっと悪いです。正直、スリ、強盗などは横行しています。貧しさゆえ、注意は必要です。

 アクセス:直通便なし。バンコクや香港などを経由して、10時間ほどかけて向かうことになります。

 チップ:ガイドやポーターなどに、気持ちチップが必要です。

 英語:都会では通じます。

 

 

 

カトマンズのベストシーズン ☆

ネパールの首都カトマンズは、6〜9月は雨季で大雨 (夕方のスコール) が降ります!トレッキングに関しては、10〜11月頃が空気が澄んでいてとても良いでしょう。ヒマラヤがくっきりと見えますよ ♡

12〜1月は雪が降るので高所はかなり寒くなりますが、軽めのトレッキングであればこれまた最高のシーズンです!そして、2月になって気温は少しずつ上がり始めますが、降雪はまだ残ります。

3〜4月は花が咲き、ヒマラヤの素晴らしい景色を楽しむことができます ♡ 1年のうちで一番気温が高いのは雨季直前の5月です。

 

・・・というわけで、旅行シーズンは乾季 (10〜5月) なのですが、その中でも特にスコールがなく寒さの厳しくない3〜4月10〜11月ベストシーズンです!

 

※  注意!

ネパールでは毎年10〜11月頃にダサインティハールというヒンズー教二大祭りがあります。ネパールの暦によって決まるので、日付は毎年異なります。また春にはホーリー (派手でカラフルなお祭り)が。。。

インドのホーリー祭り

祭りの日はレストランが閉店したり、交通機関が動かなくなることもあるので、観光にお越しの際は事前にご確認ください。

 

 

 

ネパールと言えばトレッキング ☆

ベストシーズンにとにかく見逃さないでほしいのは、何といっても雄大なヒマラヤです ☆ ヒマラヤを身近に感じることのできる一番のおすすめはやっぱり「トレッキング」

「ヒマラヤでトレッキング?」「素人だけど大丈夫?」・・・確かに、登山未経験者が挑戦するにはハードルが高そうに思えますよね。でも大丈夫!未経験のあなたでも、トレッキングを楽しむことは十分可能です ♡

 

 

さて、カトマンズ北東方向の「エベレスト・サーキット・トレッキング」もありますが、筆者のおすすめはポカラ拠点のトレッキングです!ポカラから、アンナプルナやダウラギリ、ガンドゥルック方面のトレッキングを楽しむことができます ♡

 

もちろん、

  • 特別な装備は必要なし
  • 低コストで行ける
  • 衛生上問題のないゲストハウスがある
  • 1〜2泊で行ける

 

というトレッキングです。

 

初心者は、ジョムソン街道を貸し切りジープで行く…という手もあります ♡

 

 

これなら、歩くことも特別な装備も必要ありません。ジョンソン街道は観光客が多いため、他のトレッキング・ルートよりも道が整備されています。

道中のゲストハウスも、カトマンズより良質で清潔なところばかりですよっ!初心者でもかなり行きやすいルート・手段だと思いますので、ぜひ検討してみてください。

 

兎にも角にも、トレッキングには様々な手段・ルートがあります。現地であれこれ思案し、ご自身の希望にあったものを選んで参加してみてくださいね ♡

 

 

 

 

街からヒマラヤを見る?

遠くまで行かなくても、カトマンズポカラといった都市部近郊からもヒマラヤを見ることができます。

 

🔴  ナガルコット、カカニ、ドゥリケル(カトマンズ近郊)

ネパールではよく、「朝日のナガルコット、夕日のカカニ」と言われています。これはナガルコットがカトマンズの東側に、カカニが西側に位置しているからです。どちらも素敵です!強いてどちらか一つだけ…と言われれば「ナガルコットの朝日」ですかねー。

乾季 (10〜5月) は大気が汚れがちですが、明け方であれば非常に空気が澄んでいます。1日の中で一番ヒマラヤが綺麗に見える時間帯です!お見逃しなく☺️

 

カトマンズを夜に出てナガルコットで一泊。翌朝、朝日を見て帰ってくる…という素泊まりプランがおすすめです。朝日を浴びるヒマラヤは本当に感動的ですよっ!

また、早朝4時頃にカトマンズのホテルを出発しても朝日に間に合いますので、ぜひ一度行ってみてください。カトマンズから近く、簡単に行けるというのがいいですねー☺️

 

 


🔴  サランコット、ダンプス(ポカラ近郊)

サランコットは、ゲストハウスの集中するレイクサイドから車で30分。非常に近く、簡単にヒマラヤを見ることができます。私が初めてヒマラヤを見たのもこのサランコットからでした。ヒマラヤと朝日のコラボを初めて見て、思わず鳥肌が立ってしまいました。

ダンプスは、ポカラ中心部から車で1時間半ほどかかりますが、サランコットから見るよりも一層眺めがいいです。朝日の時間帯に訪れるなら、忘れられない光景が見えることでしょう☺️

 

思い出に残る素敵な旅を☺️

 

 

 

関連記事: