ツアーで北朝鮮旅行 Day1



私はかつて北京にある北朝鮮専門旅行会社のツアーに参加して北朝鮮に行ったことがあります。出発前日には他の参加者たちと顔を合わせ「注意点」を伝えられました。

特に、 写真撮影については厳しく指導されました。基本的にはすべて同行する北朝鮮人ガイドに聞いてから撮ればいいのですが、「くれぐれも移動中のバスの中から撮影しないように」とのこと。

 

場合によっては (グループ責任として) ガイドにも不利益な処分が下されるかもしれない・・・そうで。。。つまり、北朝鮮旅行のポイントは「ガイドとの信頼関係」にあるのです。

ガイドさんは、ある程度の特権が認められていると同時にリスクも背負っているのです。

 

何かと面倒くさい北朝鮮旅行

例えば、旅行者の1人が勝手にホテルを抜け出して夜に外出した (規則を破った) となるとエライこと。もちろん、興味津々である「北朝鮮の政治事情」などはタブーであり、

その辺を汲んでガイドに信頼してもらうことで素敵なサービスを提供してもらうことができるわけです。

 

う~ん、ツアーに申し込んだから仕方ないけど「超めんどくせー!」と感じてしまった旅行前日…

 

 

いざ出発!

とはいえ、いよいよ北京首都国際空港から平壌まで飛行機 (『高麗航空』) で移動してツアーは幕を開けます。正直、「やたらと制限された旅行」というイメージしかないので楽しいのか楽しくないのか想像すら出来ない心境でした。

ちなみに『高麗航空』は、(当時) 世界620の航空会社の中で唯一 「1ツ星」(最低評価)を獲得してしまっていた恐ろしい航空会社です。(古いロシア製旅客機のためか) 安全上問題があるとしてEUには乗り入れ禁止になっています。

(我ながらよく行ったもんだ…)

 

確実に断言できますが、北朝鮮ツアーで最もおっかないこと、それは「飛行機」です。無事平壌に辿り着けたらラッキーと思いましょう!

「あぁ〜、生きててよかったぁ」

 

 

『平壌国際空港』に到着!

機内はほぼ満席。胸に金日成バッジを付けた北朝鮮人もいますが、ほとんどは外国人ツアー観光客です。機内はとにかくありとあらゆるものが狭すぎて窮屈。さらには
エンジン音がうるさ過ぎて何となく不安な気持ちでいっぱいに。

実際、離陸時には神に祈る人の姿も…

 

何と言っても、キャビンアテンダントによる救命胴衣の説明がなかったことにもビックリです!でも、機内食はちゃんと出ました。ただ…今まで食べてきた機内食の中でダントツにまずい!

さらに、平壌までの1時間半のフライトは想像以上に大きく揺れましたが、何とか無事に着いてよかったぁ〜!!!

 

 

いよいよ北朝鮮に入国

無事空港に着いた瞬間には、「帰路は (飛行機でなく) 列車でよかった〜」と心の底から思ったものです。ダメもとでCAさんに、「機内の写真を撮ってもいいか」と尋ねてみましたがダメでした。

 

さて、ついに北朝鮮に入国!

事前の話では「大きめのカメラ」「携帯電話」「ラジオ」など持ち込み禁止のものが結構あると聞いていたのでちょっとドキドキしながら税関に行ってみると・・・

 

荷物をX線に通しただけであっさりと通過することができました。「あれ?」と何だか拍子抜けです。

その後、空港でガイドさんと合流しいよいよ北朝鮮旅行の始まり始まり〜!

 

 

どこでも何でも写真OK?

空港からホテルへと向かうバスの車窓風景は、、、緑少なく茶色い地面がむき出しの殺風景な感じ。先入観のせいでしょうか、暗い印象があります。春前だったからでしょうか。どことなく東欧の冬のような雰囲気でもあります。

平壌市内に入っていくと、建物などにロシアっぽさを感じることができます。まさに共産国家らしい街並みです。

 

「とりあえず写真でも撮りたいなぁ~」と思ってチラッとガイドさんを見てみると、

「どこでも何でも写真を撮っていいですよ〜」

「ただし、軍人と軍関係施設だけは撮らないで下さいね」

とのこと。

 

これまた拍子抜けでした。

 

 

ホテル事情は?

ちなみに私が泊ったホテルは、最上階部分が回転式展望レストランになっている最高級ホテルのひとつでした。旅行に行く前に、「北朝鮮のホテルはやたらと鏡が多く、裏から監視されている」などと聞いていたのですが、実際のところ部屋は至って普通でした。

夜は外出できないので、その分ホテル内の施設は充実していたようにも思えます。「3レーンしかないボーリング場」「ゴルフのショートコース」「バー」「カジノ」「ディスコ」「サウナ」「レストラン」「本屋」「お土産屋」などなど・・・

 

ただし、、、インターネットも一応できるにはできるようですが、使用料金が高すぎです。画像を送ったりするだけで数万円はかかってしまいます。

というわけで、北朝鮮でインターネットのことは忘れましょう。

 

ツアーの場合、食事代も全てコミコミなので、お金を使うのはお土産 & お酒代、あるいはボーリング代くらいでしょうか。ビール代は日本とあまり変わらなかったような気がします。

ちなみに、外国人が北朝鮮ウォンを国外持出することは固く禁じられているのですが、ホテルのフロントスタッフと仲良くなっておけば「記念にするだけ」ということで小銭くらいはもらえる…場合もあります。

 

というわけで、初日の夜はホテルのバーで酔っ払って更けていきましたとさ。

 

 

関連記事: