明治維新後の日本に学んだ「シンガポール」は夢叶う楽園

淡路島ほどの狭い国土に少ない人口、乏しい天然資源。アジアの小国シンガポールは様々な逆境の中、「地の利」を活かし、外国企業を誘致し、人材を育成することで驚異の成長を遂げてきました!

1965年の建国から半世紀が経ち、アジア有数の富裕国へと飛翔したシンガポール。この国はイギリス植民地時代を経て、マレーシアから半ば追い出される形で独立し、進化を遂げてきたのです。

まさにミラクル!

 

東南アジアの「ハブ」

シンガポールの目覚ましい経済発展の背景には当然「地の利」があります。東南アジアの中心に位置し、貿易に有利な条件が揃っています。港湾設備や航空網は世界屈指のレベルにあり、空海輸送ルートの充実ぶりは徹底しているのです。

おまけに

空の玄関であるチャンギ国際空港は乗り継ぎの効率の良さが抜群!そして旅客数、路線数は世界のトップクラス!!

約6億人が暮らすASEAN (東南アジア諸国連合) の中心に位置し、インドや中国をはじめとするアジア全域をカバー!さらにはアフリカへもアクセスよし!!

羨ましいほどのハブっぷりですね〜!

 

外国企業の進出 

4万社に迫る数の企業が外国からシンガポールへと進出してきています (日本企業は1,000社ほど)。

このため、「行政は柔軟かつ機動的」「時代の流れに機敏に対応」

出来ているんです!

(応用力乏しいどこかの国とはエラい違いなんです)

 

積極的な移民政策

およそ550万人の人口のうち、実に40%が外国人!そして今でも人口は増加し続けているのです!

中国系・マレー系・インド系など多様な民族で構成され、英語・中国語・マレー語・タミル語などの言語が当たり前に飛び交っています。

バイリンガルやマルチリンガルは当たり前!!く〜〜っ

 

明治維新後の日本を分析

人口が少なく、人材を無駄にできなかったシンガポールの人々は、日本に学び、真面目に取り組み、そして確実に結果を出してきたのです!

 

「明治維新後の日本」を徹底分析 !

「志を持ったリーダー」の育成に尽力!

「教育」を大事に大事に!

 

多民族国家という環境

シンガポールの人々は子供の頃から異文化間のマネジメント・トレーニングを受けてきています。このため、グローバル環境下での経営や交渉力に長けており、高水準のマネジメントを得意としているのです!

商魂逞しいこと関西人の如し!

 

ビジネスしやすい国

世界銀行が毎年発表する「ビジネスしやすさランキング」でいつも上位に!

常に危機感を持ち、官民一体となって切磋琢磨している国、それがシンガポールなのです!

日本も頑張れ!!

「国土が狭くて資源がない」という意味では日本と似ていますが、「世界から優秀な企業や人材を集めている」という点においてはシンガポールに軍配が上がります!

 

まとめ

「無いもの尽くし」という逆境をバネに、危機感を成長に結びつけてきたシンガポール。この国は、ビジネスのため徹底した環境づくりを行っているのです。

まさにプロフェッショナル国家!

日本の地方都市はシンガポール魂を学ばなくてはなりません。そして、これからの日本はもっと真剣に「人材育成」と「経済の変革」に取り組むべき時なのかもしれませんね。

未来は変えられる!

「正解のない時代」に突入している今、何を学び、どう考え、どのように生きていくのか…

光と闇は表裏一体。闇の中に光を見つける作業を心掛けてまいりましょう(^-^)

 

Why Singapore became an economic success