ベトナムの避暑地「ダラット」の人気観光スポット

ダラットは、ベトナム中南部のランビアン高原に位置する近年人気の観光スポットです。1897年、フランスの植民地だった時代にはフランス人の療養地として重宝されていました。

冷涼な気候を生かして、野菜や花の栽培を行っているのもダラットの特徴です。というわけでさっそくダラットのおすすめスポットを紹介していきましょう!

 

 

☆  ダラットの基本情報

🔵  気候
《続きを読む》

 

🔵  特産品
《続きを読む》

 

🔵  旅の必需品
《続きを読む》

 

🔵  ホテル事情
《続きを読む》

 

🔵  ダラットの歩き方
《続きを読む》

 

 

★  ダラットの見どころ

🔴  西洋風の建物

《続きを読む》

 

《 中央エリア 》
🔴  ダラット市場

《続きを読む》

 

🔴  スアンフーン湖

《続きを読む》

 

🔴  ダラット市ガーデン

《続きを読む》

 

 

《 南部エリア 》

スアンフーン湖より南下する観光スポットを訪れるときは、徒歩で行くのは困難です。バイクか自転車をレンタルしてサイクリング気分で行きましょう。

 

🔵  ダラット大教会

《続きを読む》

 

🔵  クレイジーハウス

《続きを読む》

 

🔵  プレン滝とダタンラ滝

《続きを読む》

 

 

《 北部エリア 》

北部エリアはまだまだローカル色が色濃く残っている地域で、今後さらなる発展が期待できます。やはり、徒歩や自転車ではきついのでバイクをレンタルしましょう。タクシーを1日チャーターしてもいいかもしれません。

 

🔴  ダティエン湖

《続きを読む》

 

🔴  XQ刺繍センター
店内の刺繍絵画 ♡
《続きを読む》

 

🔴  ランビアン山

《続きを読む》

 

 

いかがでしたか?

 

他にもダラットにはお寺ありグルメありショッピングありと、一通りアジアの観光旅行を満喫できるだけのものは揃っています。フランスレストランあり、ライヴ・バーあり、です。

ダラットへはホーチミンから半日で行けるため、ホーチミン観光のついでに立ち寄る方も多いようです。「東洋のパリ」の町並みを感じてみたい方、ベトナム人にとっての「愛の聖地」を訪れてみたい方は是非ダラットに足を運んでみてくださいね☺️

 

 

関連記事: