日本とベトナムの素敵な共通点



東アジアに位置する日本と東南アジア諸国に属するベトナムは、歴史も違えば「文化」「習慣」「伝統」「料理」「風俗」と何から何まで違います。

このように、相違点はいくらでも見つかりますが共通点も案外多いのです。そこで今回は、皆さんにベトナムにもっと親近感をもってもらうべく、「日本とベトナムの共通点」をまとめてみました。

旅の参考にでもなれば幸いです。

 

 

他人の目を気にし過ぎる

《続きを読む》

 

 

 

民族衣装が素敵 ☆

《続きを読む》

 

 

 

主食はコメ ☆

《続きを読む》

 

 

 

お茶の文化 ☆

《続きを読む》

 

 

 

似ている言葉がたくさん ☆

《続きを読む》

 

 

 

仏教 & 儒教

ベトナムには、儒教・道教・仏教・キリスト教・イスラム教などの教えをミックスして出来たカオダイ教があります
《続きを読む》

 

 

 

ファッションセンスが似ている ☆

《続きを読む》

 

 

 

まとめ

場所も気候も言葉も国民性も違うベトナムですが、思いの外日本とよく似ていると思いませんか?社会主義の国なのに。。。なんだか親近感が湧いてきますねー!

このように、日本人がベトナム人に何となく親近感を覚える原因は、宗教的な感覚の近さ (敬虔な仏教徒…ではない)、ということが大きく起因していると思っています。

 

ベトナム人は日本人のように「勤勉だ」とも言われています。

次のベトナム旅行では、このようなベトナム人との共通点に着目して、彼らの生活を覗いてみてくださいね。

Enjoy your trip!

 
 

関連記事: