春のベトナム旅行はここで楽しもう!



(南北に長い) ベトナムには四季がなく、基本的には乾季と雨季のみです。しかも、北部・中部・南部で気候が大きく異なります。南部ホーチミンは一年中常夏で、5~10月が雨季、11月~3月が乾季。湿度が低く乾季にあたる11〜3月 (特に1〜2月) が観光のベストシーズンと言えるでしょう (山岳地帯の高原ダラットであれば一年中OK)。

フォンニャ洞窟・フエ・ホイアン・ミーソン遺跡と4つの世界遺産がある中部は高温多湿で雨が多く、特に9~12月は最悪です。というわけで観光のおすすめは2〜8月。中でも、ホイアンなどで日中の街歩きを楽しむのであれば (暑すぎない) 2〜4月ダナンで海 (ビーチリゾート) をメインに楽しむのであれば3〜8月 (特に暑いのは7〜8月) がおすすめです。

 

北部 (ハノイ・ハロン湾) は、(日本ほどではない) なんちゃっての四季があるエリアです。そんな北部の6〜8月は猛暑が続きます (降水量が多く湿度が非常に高い) ので、この時期の旅行はおすすめできません。

というわけで、ハノイであれば10〜4月 (特に秋の11月)、山岳地帯のサパであれば3〜5月・9〜11月が過ごしやすいでしょう。ハロン湾11〜3月が最適なシーズンなのですが、雨が降ると船が欠航してしまいます。仮に船が出たとしても視界が悪く十分な景観を楽しめない可能性もありますので、(気候は良くても雨が多い) 3月頃はちょっとご注意を。

 

 テト (旧正月:1月中旬〜2月中旬頃。毎年異なる) の時期は観光に支障が出る可能性があるので避けた方が無難でしょう

 

ベトナム旅行は春が最適!

ベトナムを観光旅行の観点からみてみると、北部と南部は11〜3月、中部は2〜8月が適していると言えるでしょう。5月に入るとスコール (局部的な激しい雨) がしばしば降りますので、ギリ4月末頃までOK…と考えます。

そこでここでは2〜4月を春と考え、「春に最適なベトナム」を以下でザッと見ていきたいと思います。

 

 

サパ

《続きを読む》

 

 

ハノイ ☆

《続きを読む》

 

 

フエ

《続きを読む》

 

 

ホイアン

《続きを読む》

 

 

ダナン ☆

《続きを読む》

 

 

クイニョン

《続きを読む》

 

 

ニャチャン

《続きを読む》

 

 

ファンティエット

《続きを読む》

 

 

ホーチミン ☆

《続きを読む》

 

 

フーコック島

《続きを読む》

 

 

コンダオ諸島

ベトナムの美しいビーチリゾート「コンダオ諸島」
《続きを読む》

 

 

おわりに

春とはいえ、(場所によっては) 「日中は暑い」のがベトナムです。そんな日は、博物館やショッピングセンター、カフェなどの屋内で楽しい時間を過ごしましょう。

なお、日本のゴールデン・ウィークの時期はベトナムでも4月30日 (南部解放記念日)、5月1日 (メーデー) と連休が続くため、観光地はかなりの混雑が予想されます。どうしてもこの時期に出かける場合は (乗り物など) 早期予約しておくことをおすすめします。

 

そして、ベトナムの夜といえば何と言ってもナイトマーケットです。春 (乾季) であれば、夜も雨が降ることは滅多にありませんので、安心して出歩くことができます。

最後に、ホーチミンの南西エリアをメコンデルタ地方と言いますが、ここではメコンクルーズ (ジャングル) や水上マーケットなど、エキゾチックな雰囲気を満喫することができます。乾季を大いに利用して、ベトナムらしさを満喫しまくってくださいね!

 

 

関連記事: