「カリブ海の楽園」ベリーズの基本情報と人気観光スポット【まとめ】



カリブ海に面したマヤ文明と熱帯雨林の国「ベリーズ」は、ダイバー憧れの地ブルーホール (サンゴ礁の中でイルカと一緒に泳げる)で有名です。野生の動植物の宝庫でもあります。

この中米の小国「ベリーズ」は、旧イギリス領 (英語圏) ということもあってか、他の中米諸国とはまた一味違った独特の雰囲気を持っています。

きれいなビーチはもちろんのこと、熱帯雨林のエコツアーやマヤ遺跡観光など、見どころはたくさん!

 

 

カラフルな熱帯魚が泳ぐ透明度抜群のサンゴ礁の海でシュノーケルやダイビングを楽しんでみたり、洞窟探検をしてみたり、マヤ文明の遺跡巡りを体験したりなど、体験型アクティビティが満載です!

人とは違ったリゾートへ行ってみたいと思っているあなた!中米的な要素とカリブな雰囲気の両方を併せ持っている不思議な国ベリーズに、ちょっと足を伸ばしてみませんか。

 

 

基本情報

《続きを読む》

 

 

 

カラコル遺跡

《続きを読む》

 

 

 

キー・カーカー島

《続きを読む》

 

 

 

サンペドロ・ビーチ & キューカンバー・ビーチ

豪華リゾートでのんびりしたい方にはサンペドロ・ビーチがおすすめです。きれいな青い海を前にリゾートライフを満喫したいものですね。

 

 

一方で、子供から大人まで幅広く楽しめるビーチがお好みならキューカンバー・ビーチです。ここには大きなウォーター・スライダーや飛び込み台などがあります。
 

 

 

 

ハーフムーン島

《続きを読む》

 

 

 

ブルーホール

「死ぬまでに行きたい絶景」
《続きを読む》

 

 

 

ベリーズ動物園

《続きを読む》

 

 

 

おわりに

日本人にはまだあまり馴染みのないベリーズですが、ここに来ればきっと「カリブの青い海」と「たくさんの自然」があなたを癒してくれることでしょう。

というわけで、次回のお休みには思い切ってベリーズに出かけてみてはいかがでしょうか?マナティやジンベイザメ、イルカと一緒に泳ぎましょう!

 

そんなベリーズへは、日本からの直行便がありませんので、アメリカで一度乗り継いでから「ベリーズ・シティ」にアクセスするのが一般的です (所要時間は乗り継ぎの待ち時間を含めて18~25時間ほど)。

最後に、ベリーズの名物料理と言えば何といってもシーフードです。ロブスターのグリルや貝のスープなど、新鮮な魚介料理を思う存分に楽しむことができます。

ベリーズの料理は、インド・アフリカ・メキシコ・スペインと様々な国の料理が混ざっているのが特徴で、もちろんメキシコが近いのでタコスなども美味しいですよ!

 

 
 

関連記事: