ベトナムのビーチリゾート「ニャチャン」でクルージングツアーを楽しもう!

ベトナム随一のビーチリゾート地といえば「ニャチャン」ですが、その「ニャチャン」の魅力は何といっても5km以上も続く白〜い砂浜と、「年間を通して晴れの日が多い」ということ。そうしたことが口コミで広がり、近年ではかなりの人気観光地となってきています。

そんな人気者「ニャチャン」はベトナムの南部に位置しており、昔 (チャンパ王国時代) は港町として賑わっていたのですが、19世紀のフランス統治時代にリゾート開発が進められ、今ではベトナムを代表する立派なリゾート地となっているのです。

 

マリンスポーツが盛んで、かなり以前からダイバーやサーファーたちには愛され続けてきました。数年前の正月、そんな「ニャチャン」に筆者は行ってきました (^ ^)

 

ベトナム人、ロシア人、中国人、韓国人…

あれっ、日本人はあまりいませんねー…

 

日本人にはまだそんなにポピュラーではない「ニャチャン」ですが、ここには本当に美しいビーチ & 海があり、ダイビングやサーフィンなどのアクティビティも楽しめちゃいます。おまけにシーフードが美味しくて…

さらには4つの島を巡るクルージングや山の上の温泉、動物たちとの触れ合いなども十分に満喫することができました。もちろんゴルフ場もありますよっ!

 

私はバリ島など、アジアのいくつかのリゾート地にもよく行っていますが、ここ「ニャチャン」は日本からも近いですし値段も割安だと思います。コスパ的にはバリ島よりも優れているのではないでしょうか。

 

ベトナムといえば「ハノイ」「ホーチミン」「ダナン&ホイアン」…だけではないんですっ!

むしろ、「ニャチャン」をメインに、ホーチミンなどはついでに…くらいのつもりでベトナム旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか (^ ^)

 

 

 

 

「ニャチャン」への行き方

そんな「ニャチャン」へは、ホーチミンからバスで行こうとすると10時間ほどかかります (飛行機だと1時間弱くらいですよっ)。

年末年始の休暇のシーズンでもあり、航空機代は若干高かったのですが、それでもホーチミン〜ニャチャンの往復で200万ドン (約1万円) ほどでした。

 

 

 

 

ホテルはビーチ沿いが良いでしょう♡

ホテルはリーズナブルなホテルから一流ホテルまでよりどりみどりです♡

ビーチから離れた内陸にも宿泊施設はあるのですが、そもそもがビーチ沿いに密集していますし、絶対にビーチ沿いに滞在した方が良いでしょう。

 

なぜなら…

ビーチ沿いの夜はバーやマーケットが大賑わいで、お酒好きなロシア人たちと一緒にお酒を飲んでダンスを踊って…と大いに楽しまなくてはならないからですっ!

 

なので、すぐに帰って来れる場所に泊まった方が良いのです。

 

 

 

 

600円で行く4つの島を巡るクルージングツアー (ランチ付き)

ランチ付きのこのツアーは、ホテルに迎えに来てくれるところからスタートします♡ しかも12万ドン (600円ほど)で参加できちゃいます♡

ただし、各島への入島料金は別途取られます (そんなに高くないですけどね)。泳げる時期であれば、水着とタオルくらいは用意して、海水浴を楽しみましょう!

興味のある方は別途50万ドンくらいでスキューバダイビングも楽しめますよっ!

 

なんだか漁船のようでもありますが (笑)、それなりに立派なクルージング船です。そして、4つの島を巡って行くのです♡

 

◉ その一.   水族館見学♡

最初の島に到着すると、入場料9万ドンを払って水族館?(一応 aquariumとなっているところ) を見学します。

これが水族館です(^ ^)

 

風景を一望してみましょう♡

 

さっ、それでは急ぎ足で次の島に移動しまーす!

 


 

◉ その二.   海水浴場でーす♡

更衣室の様子…

 

この島で、別途50万ドンを払えばスキューバダイビングも体験できます。シーズンであれば、それなりの珊瑚ときれいな熱帯魚を見ることができるようですよっ!

ここには1時間半ほど滞在するので、海水浴をしたりシーフードを食べたりと、あなたの気分に合った時間の使い方をしてくださいね!

 


 

◉ その三.   人工島でランチ♡

 

次の島 (人工島)に移動するとみんなでランチタイムです♡

 

 

まあ、ツアーが600円だから、ランチはこんなもんでしょう♡ ランチの後はカラオケありお酒ありっ♡

 


 

◉ その四.   まったりと過ごそう♡

4つ目の島でも海水浴ができるのですが、そうそう泳ぎまくってばかりもいられません。いや、そんなに体力がないのです (笑)。なので、海や船を眺めながらのんびりしておきましょう。

そして、夕方5時頃に終了し、帰りはホテルまで送ってくれます。丸一日、こんな過ごし方もありかもしれませんね!

 

 

関連記事: