ベートーヴェンを訪ねる旅



ベートーベンの生涯は、実に波乱に満ちたものでした。その才能ゆえ、ほかの兄弟たちとは違う道を歩まなければならず、父に演奏を強要され続けた青年時代。

その後、音楽家の命である「耳」が聞こえなくなり、「結ばれることのない恋」「甥のカールを巡る親族との争い」なども経験しています。

 

ベートーベンの生涯

《続きを読む》

 

 

不遇の晩年

《続きを読む》

 

 

癇癪持ちだったベートーベン

《続きを読む》

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

さて、1949年から1990年まで西ドイツの首都だったドイツのボンは、作曲家ベートーベンの生誕地であり、シューマンの終焉の地として知られています。現在、ベートーベンの生家は博物館になっていて見学ができるようになっています。

ちなみにベートーベンは超がつくほどの引っ越し魔 (80数回引っ越した) だったので、ドイツやオーストリアに数多くの「住んでいた家」が存在します。興味のある方はこれら全てを訪ねてみてもいいかもしれませんね。

 

 

★ ベートーベンの生家

《続きを読む》

 

 

★ ベートーベンの小径

《続きを読む》

 

 

★ ハイリゲンシュタットの遺書の家

《続きを読む》

 

 

★ ウィーン近郊のバーデン市

《続きを読む》

 

 

★ マイヤー・アム・プファールプラッツ

《続きを読む》

 

 

★ ベートーベン最期の家

《続きを読む》

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

いかがでしたか? かつてベートーベンが生きた時代に想いを馳せながら、あなたも芸術の都の空気を楽しんでみませんか?

 

 

関連記事: