バックパッカーが沈没しやすい国・地域【まとめ】



旅行のプロ (バックパッカーたち) と海外旅行先で話をしていると、「◯◯には沈没者がたくさんいたんですよ!」などと興味深い話を耳にすることがあります。ところで、「沈没」っていったい何なのでしょうか?

 

「沈没」とは、、、

観光目的ではなく、一ヵ所にずーっと長く滞在し、ダラダラと過ごしてしまうこと。あまりにも居心地が良すぎて思わず長居してしまうわけなんですね〜。世界には、そんな沈没する人がたくさんいる街がいくつもあります。

特に、物価の安いアジアの国々では、一日中安宿でダラダラしているという「沈没者」も珍しくありません。食事の美味しさもポイントで、暮らすように滞在して、どれだけ快適に過ごせるかが決め手となります。

 

バンコク (タイ)

《続きを読む》

 

 

 

チェンマイ (タイ)

《続きを読む》

 

 

 

パーイ (タイ)

《続きを読む》

 

 

 

カトマンズ (ネパール)

《続きを読む》

 

 

 

ポカラ (ネパール)

《続きを読む》

 

 

 

シェムリアップ (カンボジア)

見るものを惹きつける、水面に映るアンコールワット
《続きを読む》

 

 

 

バンビエン (ラオス)

《続きを読む》

 

 

 

ルアンパバーン  (ラオス)

《続きを読む》

 

 

 

シーパンドン  (ラオス)

《続きを読む》

 

 

 

ハノイ (ベトナム)

《続きを読む》

 

 

 

ホイアン (ベトナム)

《続きを読む》

 

 

 

バラナシ (インド)

《続きを読む》

 

 

 

プリー (インド)

《続きを読む》

 

 

 

ゴア (インド)

《続きを読む》

 

 

 

ダハブ (エジプト)

《続きを読む》

 

 

 

リヴィウ (ウクライナ)

《続きを読む》

 

 

 

まとめ

他にも、

ミャンマーのバガンなど「沈没」に最適な場所は探せばまだまだあるはずです。

他人と絡むことに疲れた方や、一人になってじっくりと考え込んでみたい方は是非、「沈没」覚悟で長旅に出かけてみませんか。

 

 

関連記事: