エアーズロック (ウルル) の基本情報とベストシーズン・アクセス方法【まとめ】



オーストラリアの中央に位置するエアーズロック。ここは「オーストラリアの赤い心臓」「地球のへそ」などと称される原住民族アボリジニの聖地です。彼らの言葉ではウルルと呼ばれています。

日本の20倍もの国土面積を持つスケールの大きな国オーストラリア。大らかな人柄の人が多く、世界最大級の世界遺産が多いのはお国柄なのでしょうね。

 

ともあれ、エアーズロックを訪れる際には現地の季節や気候が気になるところです。

 

2019年10月26日から登山が禁止となりました。

 

 

 

エアーズロック(ウルル) の基本情報 ☆

《続きを読む》

 

 

 

ウルルに登るということ!

《続きを読む》

 

 

 

おすすめの服装

《続きを読む》

 

 

 

 

ウルルへの行き方

《続きを読む》

 

 

 

おわりに ☆

ウルル・カタジュタ国立公園内には、ウルルの他にもう一つ巨大な岩があります。それはカタジュタ (オルガ岩群) と呼ばれ、これまたアボリジニの聖地の一つです。

36もの巨大な岩石が20km以上の範囲に広がり、その巨大岩群をバックにした朝日や夕日の風景はまさに幻想的!「風の谷」といわれる散策コースもあり、カタジュタを間近で楽しむことができます。

 

「風の谷」カタ・ジュタ

 

現地のツアーに参加すれば、必然的にウルルにもカタジュタにも行くことになると思います☺️

そして、エアーズロックリゾートはエアーズロック空港からバスで10分程度の場所にあり、ウルル観光の拠点となる小さな町です。歩いて30分で回れる町の中にホテルやレストラン、ショッピングセンターなどがあります。

 

ウルル観光は思った以上にハードになることも多く、そんなときにエアーズロックリゾートは旅行者の心と体をリフレッシュさせてくれることでしょう。

 

 

それでは素敵な旅を 🙂

 

 

関連記事: