ローマからプラハへの鉄道の旅 (モデルコース)



ローマ (イタリア) からプラハ (チェコ共和国) まではおよそ1,000km。日本でいえば東京〜下関の距離とほぼ同じで、高速バスで移動すれば12〜13時間…といったところでしょう。

つまり、ローマとプラハだけを旅するのであれば (移動には) 飛行機を利用した方がいいのですが、途中の街を散策しながら旅するのであれば電車やバスをうまく活用しながら旅していくのがいいでしょう。

 

ここでは、ローマ → フィレンツェ → ヴェローナ → ヴェネチア → ハルシュタット → プラハ…と3カ国を巡る旅をモデルコースとして記載しています。

あなたの旅の参考になれば幸いです。

 

 

 

日帰りも可能!ローマからフィレンツェへの移動は鉄道で!

 

ルネッサンス文化発祥の地フィレンツェには、ローマとはまた違った魅力があります。ローマに降り立ち、プラハに行く過程において、この街は絶対に外せません。

ローマからのアクセス方法は、飛行機・レンタカー・プライベート送迎・長距離バス・列車の5択となりますが、料金や所要時間などを総合的に考えると、高速列車での移動が一番オススメです。

 

アクセスは非常によく、日帰りも十分可能です。ちなみに、この区間を運行している (高速) 鉄道は2つあり、ひとつはトレニタリア(Trenitalia)が運行するフレッチャ・ロッサ(Freccia Rossa)。もうひとつはNTVが運行するイタロ(Italo)

 

高速列車  Freccia Rossa (FR)

 

この2つは、「料金」「所要時間」「運行本数」「座席のグレード」などほぼ同じなのでどちらでもいいでしょう。特に迷う必要はありません。

座席は4クラス制で、上から「エグゼクティブ」「ビジネス」「プレミアム」「スタンダード」と全席指定になっています。

 

(エグゼクティブには食事、ビジネスとプレミアムにはドリンクと軽食のサービス付きです)

(料金は両社とも一番安い車両クラスで片道だいたい30ユーロほど。割引チケットも随時あり、曜日や時間帯によっては半額チケットなどもあります。)

 

テルミニ駅 (ローマ) から フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 (フィレンツェ) までの所要時間は1時間30分 (280km)。あっという間に到着です。

※  車だと約3時間、鈍行 (普通列車) だと3時間30分 (約20ユーロ) ほどかかります。

 

時間に余裕があるのであれば、ローカル列車での旅をオススメします!なぜなら、景色をゆっくりと眺めることができ、各駅の町の雰囲気を楽しめるからです!

 

 

 

チケットを購入する方法

鉄道チケットの購入方法は大きく分けて2つ!ひとつはインターネットで購入する方法。もうひとつは駅の窓口や自販機で直接購入する方法です。

日程が事前に分かっている人は、早割チケットを購入してもよいでしょう。

 

 

 

フィレンツェからヴェローナへ

フィレンツェからヴェローナも、高速列車を利用すれば所要時間は1時間半ほど (230km)。ただし、乗り換えなし (直通) の高速列車の本数は少なく、利用駅は (メインの) フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ (Firenze S.M.N) だったり別の駅だったり。。。

 

場合によっては複数回乗り換えで、4時間ほどかかってしまうことも。というわけで、現地でも結構ですが、事前に確認しておきましょう。

のんびり旅でも大丈夫であれば、時間をかけて普通列車で車窓を楽しみながら行くのもいいでしょう。

 

 

ちなみに、ヴェローナの見所はローマ競技場(現在はコンサート会場と夏の野外オペラに使われている)と教会、そして「ロミオとジュリエット」の聖地。確かに、町は静かで美しいのですが、観光が目的の方はすぐに飽きる可能性もあります。

なので、特別な目的がある人以外は、ヴェローナ滞在は1泊までに留めておいた方がいいでしょう (半日滞在でヴェネチアに移動してもOK)。

 

 

 

ヴェローナからヴェネチアへ

ヴェローナからヴェネチアへの移動は、高速列車利用で1時間ほど (120km)。ローカル電車の場合は1時間30分〜2時間ほどで、料金はその分安くなります (高速列車で20ユーロ、ローカル電車で7ユーロほど)。

ヴェネツィアでは、広場や迷路を練り歩き、ゴンドラに乗り、イタリア料理を食べまくるというイタリア三昧な楽しみ方を満喫できます。好きな方はどこを歩いても楽しいでしょう。見所はサンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿、リアルト橋などで、後は美術館が多いです。

ただし、ヴェネチアの物価はとても高いので、その点を考慮するとヴェローナに宿泊して早朝にヴェネチアへ移動。まる1日楽しんだ後は、寝台列車に乗って次の目的地へGo…の方がいいかもしれません。

 

 

 

ヴェネチアからハルシュタットへ

ヴェネチアからハルシュタット (オーストリア) へ向かうには、ヴェネチア発ウィーン行きの寝台列車に乗って (夜21時頃出発) 途中のアットナング・プッフハイム で下車しましょう。

 

 

早朝4時半頃ザルツブルク (モーツァルト誕生の地) に到着 。その後、アットナング・プッフハイムには5時半頃到着します (所要時間の目安は7〜8時間)。ウィーンまで行きたいのであれば、終点まで乗っていれば朝8時頃には到着です。

ちなみにこの路線、夜行 (寝台) でなくても良ければ、1日7便ほどは運行されています。でも、寝て移動した方がなんとなくお得感がありますよね!(グレードにより運賃は異なり、1人7,000〜2万円ほど)

 

さあもう少しです。アットナング・プッフハイム からハイシュタットまでは電車かバスで1時間半ほど。

 

 

 

ザルツブルクからチェスキー・クルムロフへ

世界で一番美しい湖岸の町ハルシュタット

ハルシュタット (オーストリア) の絶景を堪能した後はザルツブルク (オーストリア) へと移動し、ここからチェスキー・クルムロフ (チェコ共和国) へと向かいます。

ザルツブルク 〜 チェスキー・クルムロフはシャトルバスでおよそ3時間 (35ユーロほど)。もちろん、通常のバスや電車、タクシーなどを利用して行くこともできます。

 

 

 

チェスキー・クルムロフからプラハへ

中世ヨーロッパの美しい街並みチェコのチェスキークルムロフ歴史地区

「世界で一番美しい街」「メルヘンな街」チェスキー・クルムロフに十分酔いしれた後は、いよいよプラハへ向けて出発 (北へ約180km)!

移動手段は鉄道と高速バスの2通りありますが、安くて便利なのは高速バスです。鉄道は途中で乗り換えなければなりませんし、なおかつ、駅が街の中心部から離れているので不便です (時間的にも運賃的にもバスの方がGood)。

 

ちなみに高速バスの運行は数社ほどありますが、私が利用したバスは座席に国際線の飛行機のような個人モニターがついており、Wifiフリーでコーヒなどのサービスもありました。非常に快適です。

所要時間は約3時間 (1,000円ほど)。

 

 

 

まとめ ☆

いかがでしたか?

ローマからプラハまでの移動しながらの旅!日程が短い場合はあまりにも慌ただしくなってしまうので、できれば最低2週間の日程で旅していただければと思います。

 

だって、

  • ローマ・・・2日
  • フィレンツェ・・・2日
  • ヴェローナ・・・1日
  • ヴェネチア・・・1日
  • ハルシュタット・・・1日
  • チェスキー・クルムロフ・・・1日
  • プラハ・・・3日

 

これに出発と到着の日を加えれば、やっぱり2週間は必要です。
 

 
このモデルコースを参考に、(他のルートも含めて) ヨーロッパの縦断 & 横断の旅を楽しんでくださいね!

それでは ☆

 

 

関連記事: