ローマのおすすめ滞在エリア ② 観光に便利なナヴォーナ広場周辺

ローマで「一番美しい」エリアと称されているナヴォーナ広場周辺に滞在するのもGoodでしょう!

2000年以上も前に競技場として造られたナヴォーナ広場の中央には、ベルリーニの作品「四大河の噴水」があります。

 
また、周辺にはカフェやレストランが軒を連ねており、ローマの街並みや芸術を楽しみながら、有意義にグルメ散策をすることができちゃいます!

というわけで、「ローマのおすすめ滞在エリア」第2回目の今回は、世界遺産でもあるナヴォーナ広場を紹介したいと思います♡

 

 

四大河の噴水

ナヴォーナ広場の象徴ともいうべき、大きくて美しい「四大河の噴水」がこちらです。

中央のオベリスクを囲むように四大河(ナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川)を男性に擬人化しています。

しかし、川を擬人化する発想が中世からあったとは驚きですねっ!

 
 
 

ムーア人の噴水

ナヴォーナ広場の中央にはムーア人の噴水があります。この噴水は設計をベルリーニが、制作をアントニオ・マーリが手がけました。

イルカと格闘するムーア人など、なんともおかしな表情をしたムーア人たちが囲んでいます。いくら見ても飽きることのない彫刻をゆっくり眺めてみてください。

ちなみに、ムーア人とは、北西アフリカの異教徒住民全般を指すようですね。それにしても…不思議な彫刻で妙に癒されます😌

 

 

サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会

異教徒との結婚を拒んだ聖アグネスが斬首された場所に建てられたとされるこの教会は、美しい彫刻やモザイクで有名です。

教会を設計したボッロミーニと、噴水を設計したベルリーニは犬猿の仲であったとされており、四大河の噴水のナイル川の擬人が目を覆っているのは教会が見るに堪えないからだ…などとする嘘か誠かわからない冗談話があるようです。

そんな逸話や神話の知識を持って散策すると、楽しいですねっ♡

 

 

パンテオン

実は、あの有名なパンテオンもナヴォーナ広場の周辺にあります。

パンテオンとは「あらゆる神を祀った神殿」という意味で、もともとはローマの神の神殿として造られましたが、時代の流れと共に現在ではキリスト教の施設として使われています。

 

天井に開いた大きな穴から差し込む光はとても神秘的で、神聖な気持ちにさせられます。また内部には、ラファエロなどの有名な人物のお墓も存在しています。

ラファエロの墓

 

夜にはライトアップがなされ、ナヴォーナ広場周辺エリアを散策する時には絶対にはずせないスポットです。

天井のドームは非常に高く、約43メートルもあります。中央には穴が開いています。とても不思議な光景です。

 

 

いかがでしょう?

地理的にも観光的にもローマの街の中心に位置するナヴォーナ広場を、ローマ観光の拠点にしてみませんか?

 
 
 

観光に一番便利なのはナヴォーナ広場付近の宿泊です!

ローマは見どころが多すぎる…という贅沢な悩みのある都市ですが、全ての見どころのだいたい真ん中にあたるのがこの「ナヴォーナ広場」エリアです。

このエリアに宿泊すれば、城壁外の見どころ以外は全て徒歩で周れます♡
 

 

夜になっても、観光客やローマっ子の多いエリアなので比較的安心感があり、ホテルに夜遅く戻ってもあまり不安はありません。

ただ、問題がひとつ………料金が高いッ!

 

どうしても、ローマの中心で便利…ということもあって、他の地区の同水準のホテルと比べると、宿泊料金が高く感じてしまいます。

予算に余裕のある方であれば断然おすすめしたいエリアなのですが…

 

 

関連記事: