70歳以上 (高齢シニア) でも入れる海外旅行保険は?



海外旅行保険の年齢条件は、加入時…ではなく出発時の年齢が基準となります。その上で、70歳以上の場合は69歳以下と比べて保険料が異なる会社もあるので注意が必要です。

さらに、「持病持ちの方は加入できない」とする冷酷な保険会社もありますし、たとえ加入できても「既応症は補償の対象とはならない」とする保険会社もあります。

 

そもそも、(店頭ではなく) インターネットでは

 

確かに、保険会社の立場からすると、シニア層 (65歳以上) が「治療・救援費用」の支払い金額の5割を占めているため致し方ない…とも言えるでしょう。

若者と比べて、「転倒による骨折」「脳疾患」「肺炎」のリスクが高いのですから。

 

 

高齢シニア (70歳以上) でも加入できるネットの海外旅行保険は?

近頃は、インターネットですぐに加入できる海外旅行保険が「便利」で「安く」「手続きが簡単」なので人気です。

しかしながら、インターネット加入タイプの海外旅行保険の多くは年齢制限を設けています。

 

例えば、AIU保険会社の場合、70歳以上のネット加入を受け付けていません。

一方で、損保ジャパン日本興亜ジェイアイ損害火災保険などは70歳以上でもネット申し込みが可能となっています。

ありがとうございます 😀

(2017年冬)

 

 

 

持病の方でも入れるネットの海外旅行保険は?

年齢とは別に、持病 (既往歴) があったり通院などで治療中の方は海外旅行保険に加入できないか、もしくは加入できたとしても持病については補償対象外となってしまうのが一般的です。

この点、東京海上日動火災保険やAIU保険などは持病の方でも加入できるようになっています (東京海上日動火災保険の場合はネットではなく店頭での加入になります)。

ただし、どちらの保険会社も旅行期間が31日までであることが条件となっています。この点注意しておきましょう。

 

 

70歳以上で持病持ちの方が加入するなら?

というわけで、

上記をまとめると以下のようになります。

 

🔴  70歳以上の方が加入するなら

 損保ジャパン日本興亜

 ジェイアイ損害火災保険

 

が安くてオススメです。

 


 
加えて

 
🔵  持病持ちの方が加入するなら

 東京海上日動火災保険 (店頭加入)

 AIU保険

 

も検討してみましょう。

 

 

 

 

70歳以上の場合は (保険会社によっても異なりますが) 最長3ヶ月までの加入となります。

3ヶ月以上の場合はインターネットで契約することができませんので電話にてお問い合わせいただく必要があります。

 

というわけで、

70歳以上の持病持ちの方の場合は空港の保険デスクで東京海上日動火災保険に加入していくことをオススメします。

フルメニューの高価なものではなく、傷害死亡、傷害後後遺症、傷害治療費用、賠償責任だけを選んだものであれば保険料は2週間で3,000円くらいです。

 

併せて、

クレジットカード付帯の海外旅行保険も活用するといいですよ!

 

 

まとめ ☆

最後にもう一度繰り返しておきます。

 

海外旅行保険は、インターネット契約では70歳以上になるとほとんど申し込みができません。つまり、70歳以上の方の場合は店頭や窓口、保険代理店など対面で契約するルートであれば可能なのです。

インターネットで契約する形態の場合も、郵送であれば可能なケースもあるので確認してみてください。

 

「え〜っ、今までインターネットで海外旅行保険に加入してきたのに、70歳になったら気軽に加入できないなんて…」

残念ながら、致し方ありません。今後は、出発日までの期日に余裕をもって海外旅行保険の加入手続きを進めるようにしてくださいね。

 

そして「持病の有無」も大事になってきます。期間31日までなら、持病があっても加入できる海外旅行保険も発売されています。70歳以上という年齢制限で手続きを面倒に感じる方もいるでしょうが、持病に関することはそれ以上に敏感になってください(保険金の支払いに関わってきます)。

 

割安な海外旅行保険もいろいろと発売されてはいますが、持病のある方は (その持病に) 対応してくれるかどうかを前提に海外旅行保険選びをすることを強くお勧めします。

渡航先で何が起こっても安心できるよう、ちゃんとした保険に加入して海外旅行を楽しんできてくださいね ☆

 

 

関連記事: