中南米好きが独断と偏見で選ぶ移住したい国ランキング



定年退職後、「大好きな国に移住して悠々自適な年金暮らしを送りたい」という方もきっと多いはず。なぜなら、海外には「自然豊か」で「物価が安く」、高齢者でも「暮らしやすい場所」がたくさんあるからです。

そんな (夢のような) 海外移住に関しまして、今回は「中南米」にスポットを当ててみました。中南米といえばウユニ塩湖やマチュピチュ、イグアスの滝など、神秘的でスケールの大きい観光地には事欠きません。

 

 

アマゾンのジャングルだってありますし、至るところに最高峰の山脈があり、迫力満点の滝や川が景色として存在しています。動植物も豊かすぎるくらいに豊か!ただ、、、「住む」となるとどうなのでしょうか?

海外移住を真剣に考えている方からすると、少しマイナーな感じもする「中南米」ですが、(実は) ラテン気質でフレンドリーな人々が多いためか、アメリカやカナダなどから「ビジネス目的」や「余生を過ごすため」に移住してくる人たちが多いんです。

 

ちなみに「中南米」は、リタイアメントビザなどの申請条件が比較的簡単と言われています。(中南米全体としては) 麻薬問題などもあり、けっして治安が良いとは言えない地域もありますが、広大な大陸なので治安の良い地域を選ぶことも可能です。

そして新興国が多いわけですが、アジア同様、経済発展のペースが早く勢いのある地域でもあります。

 

というわけで、以下に「定年後に住みたい中南米の国」TOP10をまとめてみました。何かの参考になれば幸いです。

 

 

☆ 10位: ブラジル

《続きを読む》

 

 

★ 9位: パナマ

《続きを読む》

 

 

☆ 8位: チリ

《続きを読む》

 

 

★ 7位: コスタリカ

《続きを読む》

 

 

☆ 6位: ボリビア

ラパス
《続きを読む》

 

 

★ 5位: アルゼンチン

《続きを読む》

 

 

☆ 4位: コロンビア

メデジン
《続きを読む》

 

 

★ 3位: メキシコ

《続きを読む》

 

 

☆ 2位: パラグアイ

《続きを読む》

 

 

★ 1位: エクアドル

キト
《続きを読む》

 

 

まとめ ☆

確かに、南米の多くの場所では、日本のような24時間営業のコンビニエンスストアや多種多様な娯楽施設はありません。その代わり、日本よりも時間の流れをゆっくりと感じることができ、余裕を持って生活することができます。

もちろん、ある程度の都市には日本以上に巨大なショッピングモールがあり、たいていのものはそこで購入することができます。

 

日本国内では、リタイア後の人生を行き抜いていくために「最低5,000万円の貯金が必要だ」とも言われています。将来的に日本の年金制度に不安 (減額される) を感じている人たちは、物価が安く自然豊かな海外で余生を過ごしたいと考えているのです。

そこで今回は中南米を紹介しましたがいかがでしたか?もちろん、中南米とはいえ移住するにはそれなりの貯金が必要です。それに、南米に来たのはいいけどどんな仕事に就けば良いのか、といった不安を抱く人もいることでしょう。

 

でもご安心を。中南米の地で、ゲストハウスやレストランを経営する日本人も多くいますし、起業して大富豪になっている日本人もチラホラいるようです。日系人が多いエリアだと、チャンスが多いのかもしれません。

 

少しでも中南米のいずれかの国へ移住しようとお考えでしたら、一度現地に足を運んでみてください。例えば、パラグアイなどはメジャーな観光地がないので「行かなくていいや」と思うかもしれませんが、実際に行ってみると居心地が良すぎます。かかる費用も激安です。

 

そんなわけで、あなたにとって一番居心地が良く住みやすいと思える場所をぜひ探し当ててみてくださいね!

その流れで永住権まで取得できれば何よりです。

 

 

関連記事: