不労所得を叶える、おすすめの投資方法とは

「働かないで暮らしたい」と思っても、現実はそう甘くはありません。日々の多忙な仕事に追われながら暮らしている人が圧倒的に多いわけです。

では、どのようなアクションを起こせば、不労所得を得られるのでしょうか。

 

 

不労所得の例

不労所得とは文字通り、働かずして得る所得のことです。とはいえ、働かずに所得を得るのは簡単なことではありません。

自分の労働を極力最小限に抑え、多くの所得を得られる仕組みを作っておく必要があります。当然、この仕組み作りの際にはそれなりの労働や努力が必要になってきます。

(不労所得を得ている期間中であっても、ある程度の管理が求められる場合もあります)

 

 

さて、不労所得には、例えば作曲や作詞、著作権などの権利で得る収入や、書籍の出版によって得る印税など、様々な種類がありますが、その共通点としては継続的に所得が発生する…という特性があります。

このほかにも、株式や債券の配当・利子、不動産投資での収入などは不労所得ですし、身近なところではブログの広告収入も不労所得の一つとして数えられます。

(あなたはどんな形の不労所得を得たいと考えていますか?)

 

 

 

不労所得を実現する、おすすめの投資方法とは

将来的な不労所得を目指すなら、「投資」によって資産を運用することを検討してみてはいかがでしょうか。

労働をせずに生活するためにはそれなりに資産を増やす必要があります。なので、口座預金や国債など、金利の低い商品には期待できないことはもうお分かりですよね?

 

 

そこでおすすめなのが「株式」と「不動産」です。

例えば、株式投資であれば、銘柄によっては少額から投資することも可能なため、初心者や資金が少ない方でも比較的簡単に始めることが可能です。

 

そして、投資資金が大きくなれば、配当金や株主優待といったリターンをたくさん得られる可能性だってあります。

ただし、株式投資はリスクの高い投資方法とも言えます。確かに、株式で大きな利益を得ている人もいますが、失敗している人はそれ以上に多いことを理解しておきましょう。

 

一方で、

株式に比べて自分でコントロールしやすく、収益を生み出す現物資産となるのが不動産です。不動産投資では、金融機関から融資を受けてローンを組むことが多いため、少ない資金であっても投資ができます。

中でも、マンションの区分所有やアパートであれば比較的ハードルは低いでしょう。

 

 

こうした不動産投資の場合には、「利回りのいい物件を見つけること」「適切な管理を行うこと」が大事です。

また、「購入後に必要となる経費や税金の試算」「空室や災害などへのリスク対策」などをしっかり勉強するなど、努力が必要になってきます。

 

 

 

不労所得を得るための注意点

働かずに収入を得るためには、自分に向いている方法を見つけ、実行するために必要な知識を身に付けることが大切です。

この仕組み作りの段階で怠けてしまっては、不労所得を得るどころか資産を減らすことにもなりかねません。結局のところ、何もせず、単に楽をして収入を得るのが不労所得ではないのです。

 
また、「働かなくてもお金が稼げるといいな〜」といった漠然とした動機では、目標を達成できない可能性もあります。具体的な目標を定めて、「いつまでに」「どれくらいの収入を得られるようにするか」などを明確にさせておきましょう。

不労所得を目指して「投資」を始めたとしても、目標とする成功を手に入れるまでには様々な困難やリスクが訪れるものです。

 

けっして結果を急がず、自分が持っている資産や能力・経験、そして持っていないものを自己分析したうえで、最適な方法を見つけましょう。

 

為せば成る!

為さねばならぬ何事も!

 

 

関連記事: