日本の非効率・非効果的な「少子化対策」について



日本の少子化は「結婚・出産・子育てに対する希望の低下」が主原因とされています。その背景には、「若い世代の所得の伸び悩み」「就労・家族構成の変化」「(依然として厳しい) 女性の就労継続」「子育て世代の男性の長時間労働」などなど、様々なものがあります。他にも、「(不安をあおる) 待機児童の問題」など、国策の不十分さもあるのです。

近年は、残念なことに「子供の貧困問題」なども話題にあがってきています。少子化社会には、こうした子供が健全に育ちにくい環境が背景にあるのです。未来の日本を担う子供たちが不足してきている現在のニッポン。。。この少子化問題に、果たしてどのような解決策が必要なのでしょうか?

 

過去の少子化対策

《続きを読む》

 

 

現在の少子化対策

《続きを読む》

 

 

社会全体の意識改革が必要

《続きを読む》

 

 

子供と家族を大切に!

《続きを読む》

 

 

関連記事: