英語コンプレックスを克服する一つの考え方



海外留学経験のない人で「英語が得意」と胸を張って言える人はそう多くないでしょう。「俺は日本語だけでいい」「私は海外旅行に行くことないから大丈夫」…

英語に対する見解は人それぞれですが、それ自体は全く問題ありません。ただ、世界レベルで考えると「高学歴の人であればある程度できて当たり前」とされています。

 

英語教育は世界のあらゆる国で重要視されている分野です。英語を母国語とする人とのコミュニケーションはもちろん、そうでない人同士でのコミュニケーションでも頻繁に使われている言語が英語なのです。

ただ、積極的に「英語を話したい」と思っている人であっても、いざ外国人を目の前にして英語をしゃべろうとすると、緊張してなかなか言葉が出てこないもの。

 

「英語で何というんだっけ…」とためらい、早く返事をしなければと焦っているうちに、ますますわからなくなってきます。

そこでここでは、英語で言いたいことを伝えるのに必要な「考え方」を紹介したいと思います。

 

 

ペラペラな人たちの思考法

英会話を上達させる方法

英語ができるペラペラな人たちは、「伝える」ための方法を知り、それらを駆使して忍耐強く、自分が伝えたいことを英語にし続ける能力が並外れています。

彼らは、「自分の言いたいことは (英語でも) 相手に伝えることができる」と自信満々に思っています。実はこれが「ペラペラ」の定義なのです。

 

例えば、「これみよがし」という言葉を英語で言いたい場合、ペラペラでない人は「え〜と、これみよがしって英語で何て言うんだろう?」と考え込んでしまい、固まってしまいます。

しかし、ペラペラな人たちの頭の中を覗いてみると、そんなことは全く考えていません。パパッと、「He was like, “Look at this!”」(彼、見て見て!って感じだったね)と言えるのです。

 

 

伝えたいことの「コア」を探すことが大事

英会話を上達させる最短学習法

和英辞典で「これみよがし」を探してみたところ、載っていませんでした。言い換えとして「誇示する」という言葉を引いたものの、辞書には見慣れない表現が並んでいるばかりです。

こうした経験を踏まえ、ペラペラな人たちは無理に日本語と英語を置き換えようとはしなくなるのです。

 

日本の英語教育では、「私はチョコレートが好きです」の英訳として「I like chocolate.」だけを正解としています。「『like』を使わないで同じことを言うとしたら?」といった言い換えの訓練はしてきていないのです。

しかし、この「言い換え力」が非常に大事なのです!

 

この「言い換え力」をつけるためには、シンプルに考えることが必要になってきます。

 

「言いたいこと」「伝えたいこと」のコア部分を大事に考え、そこを表現することに集中すべきなのです。

そして、残り8割の部分は思い切って捨ててしまいましょう。捨ててしまった8割は、「ニュアンス」に過ぎないとして割り切ってしまいましょう。これが、「できる人」の考え方なのです。

 

この考え方を持っていると、「言いたいこと」を英語に変換するのが劇的に簡単になります。「細部まで英語にしよう」と固執する必要は全くないのです。

 

 

とにかく人が好きであれ!

語学学習マスターに必要なスキルとコツ

 

言語には人と人とのコミュニケーション以外の用途はありません。人との関わり合いに興味のない人はなかなか英語が上達しないものです。

「人と話すのが好き」「いろんな人と会うのが好き」「おしゃべりで社交的」であれば、大抵英語の上達は早いものなのです。

まずは人を好きになってください!

 

 

あなたは日本語で標準語と方言の使い分けができますか?

海外旅行や日常生活の英会話を簡単に習得する方法

東京出身の人には関係のない話なのですが、地方出身の人で、地元の方言と標準語を状況に合わせて使い分けできる人は、語学学習に向いているスキルをすでに身につけていると言えるでしょう。

また、知らない単語があればすぐに辞書で調べる習慣のある人も語学学習に向いている思考回路の持ち主です。

 

 

「自分にはできない」はダメな思考法

海外旅行に最低限必要な基本英会話

例えば「納豆」を辞書で引いた場合、たくさんの説明が載っています。「発酵食品であること」「強いにおいや粘り気があること」などなど。

これら全てを伝えようとするときりがありません。「日本の伝統的な食べ物」(Japanese traditional food)。これだけを伝えれば十分なのです。

変な完璧主義思考は取っ払ってしまいましょう!

 

その上で以下を見ていきましょう。

英語が上達する人の特徴

英語リスニングとスピーキング習得マスター方法

上述の内容も含め、英語が上達する人の特徴をここでまとめておきましょう。

 

1. 「言い換え力」(表現力) を日頃から訓練している

2. シンプルに考え、伝えたいことに焦点を当てる

3. とにかく人が好き

4. おしゃべり大好き

5. 知らない単語はすぐに調べる

6. 日記や文章を書くことが苦にならない

7. 好奇心旺盛

8. 運動神経や反射神経が良い

9. 耳が良い

 

いかがでしょう?

8 の運動神経や反射神経に関しては、「会話の流れの中で、状況を瞬時に的確に判断し、情報を集めるといった能力」につながります。

聞いた内容をすぐにパッと理解でき、反応できると言うのも大切な能力になるのです。

 

9 の耳が良いの意味は、単に聴力のことではありません。「英語の音やリズムを聞き取れる」という意味です。語学の勉強は真似することから始まるので、聞いた音をどこまで正確に再現できるかが大切なのです。

 

 

終わりに

絶対に挫折しない英会話学習法

海外に興味のある人であれば、多少なりとも語学の必要性を感じ「勉強しよう」と言う気にもなるのでしょうが、

日本の中だけにいて、一番楽な世界に「慣れ」てしまっている人は、いつの間にか老いていき、たった一度の人生が「狭い世界だった」と気づいた時にはもう手遅れ。。。

 

仮に海外旅行に興味がなくても、海外の音楽や映画をよりよく理解するために、また、日本を訪れる外国人旅行者に親切にしてあげるために、少しくらいは語学を学んでみませんか?

「広い世界へ連れて行ってくれる」はずの英語にコンプレックスを抱き、みすみす機会を喪失するのはもったいないことです。

 

 

これまで (語学学習において) 数々の挫折体験をしてきた方も、今一度真剣に英語を学び直してみませんか?

もちろん、それなりの努力は必要ですし、ほとんどの人たちが英語を必要としない生活をしているのも事実です。

 

海外に行ってみればわかることですが、例えばアメリカ生まれでアメリカ国籍の人であっても満足に英語を話せない人だって普通にいます。

話はできても読み書きができない人はざらにいます。そういった事実を慰めに、気を楽にして「音楽」「旅行」「文学」「映画」など、関心のある分野から英語を学んでみましょう。

 

「好きこそものの上手なれ」と言いますからね

 

え〜、あれこれ書いてしまいましたね。

ところで記事タイトルの「英語コンプレックスを克服する一つの考え方」って結局何だったの?と思われたあなた!

 

こういうことです!

 

伝えたいことのコアを見つける → 言い換え力を身につける → シンプルに考える

 

あまり難しく考えすぎず、シンプルに考えていってくださいね

 

関連記事: