上海のパワースポット巡りと麺食べ歩きガイド

日本はおろか世界でも、パワースポットはいつも話題です。ブームになってからは、日本でも富士山や高尾山に登る女性登山客が増えました。

アジアの巨大都市上海ではどうなのでしょうか?残念ながら上海には、大自然に囲まれたパワースポットは皆無。。。ご利益がある場所といわれるのはもっぱら商売繁盛の神様を祀る場所だけです。

とはいえ、せっかくなので上海旅行される皆さんが行くことのできるパワースポットを幾つか紹介してみようと思います。

 

 

上海のパワースポットは
女子が「幸せになりたい!」などと言って願う場所ではないようです。どちらかというと商売繁盛を願うビジネスマンが行くところ。

 

日本には縁結びの神様や持病を治してくれる神様がいますが、上海はとにかく「商売繁盛」!国民性の違いなのでしょうね。

 

上海のパワースポットは商売繁盛第一

繰り返しになりますが、「恋愛運を上げたい!」といった意味でのパワースポット巡りはここ上海ではあまり意味を成さないようです。

地元の人々にとって、商売繁盛が一番の願い事であり、それ以外は皆無と言っていいでしょう。それでも、お寺巡りは心癒されますし、何かいい事ありそうな気がします。

上海でお寺に行くと、お葬式やシャーマンのおばさんの踊りが見られることもあります。お参りの仕方も日本とは違うので、じっくり観察してみてはいかがでしょうか。

 

その1:龍華寺

上海のパワースポット龍華寺
 
三国時代に建てられた龍華寺は、歴史ある、上海でもっとも大きな仏教寺院です。最近では中国人ビジネスマンを中心に運気を呼び込むパワースポットとして名を馳せており、連休や祝日は拝観だけで長蛇の列が…
 
私は以前このお寺で、地元のおばさんが急に倒れて泣き出し、その後不思議な踊りを踊り始めたのを見たことががあります。周りの人たちは全員無視…あれはいったい何だったのでしょうか?不思議です。

 

お寺周辺には路上占い師がいて、健康、結婚、恋愛などを見てもらえます。中国語のわかる方は是非、占ってもらってくださいね。あごひげのおじさんが目印です

 

上海にある慰霊公園

 
龍華寺近くには、革命烈士の慰霊公園があります。五・三〇事件の記念碑などもあります。日本人にはちょっと複雑な気分になる場所なのですが、何かパワーを秘めている気がしますね。
 

ちなみに、龍華寺の南にある河は「陰陽河」と呼ばれ、オカルトスポットとして有名です。確かに、この河の北側は賑やかな龍華寺エリアで、南側はさびれた廃飛行場・・・意味深ですね。

 
 
 

その2:城隍廟

上海のパワースポット城隍廟

庭園を見て、お土産屋さんを見て、小籠包を食べたら豫園観光は終わり…とも言われている豫園ですが、実はその敷地内にある城隍廟 (道教寺院) はパワースポットでもあるのです。

上海の中心に鎮座する守り神であり、今の上海の発展があるのはこの神様のおかげという人もいるくらい。ものすごいパワーをくれる神様なのかもしれませんね。せっかく上海に来たのでしたら、挨拶がてら寄ってみましょう。

上海のパワースポット城隍廟
 
 
 

その3:玉佛寺

上海のパワースポット玉佛寺

こちらはパワースポットというより占いスポット、でしょうか。お寺の周りにある仏具屋さんや土産物店には「算命(占い)」の張り紙があり、お店の中に入ると、占い師らしくないポロシャツやワイシャツ姿の普通のおじさんが手相や生年月日による占いをしてくれます。

上海のパワースポット玉佛寺

 

 
 

まとめ

いかがでしたか?

日本でも中国でも、「パワースポット」という言葉が使われ始めたのは最近のこと。昔からその地に何かを感じ、お参りし続けてきた地元の人あっての場所です。

自分へのご利益を求めるよりも、何かを感じるため、ヨガや瞑想に耽るため、心を清めるために「感謝」の気持ちを持って訪れてみてはいかがでしょうか。

 

そして、上海のパワースポットを巡るなら、ついでに麺の食べ比べにも挑戦してみてください。上海には精進麺料理という、シイタケやニンジン、青菜、ギンナンなどを炒めたものを醤油味スープの麺にかけて食べる、シンプルでとっても美味しい料理があります。

 

本当に絶品ですよ〜!

お店によって種類が異なりそれぞれに魅力がありますので、是非とも食べ比べてみてくださいね

 
 
 

関連記事: