《初めてのタイ旅行》行く前に知っておくべき基本情報②



微笑みの国タイランドは日本との関係がとても良好な国で、近年、双方向に旅行者が増え続けているようです。胸躍らせて、初めて降り立ったバンコクの地。

ワクワク💕ドキドキ💓

 

しかし、暑さとともに、衝撃的な異文化の洗礼を受けてしまうかもしれません。そうなってしまうと、楽しい気分が一気にブルーに変わってしまいます。

そうならないためにも、事前に、タイの文化や特徴などを理解しておいたほうが良いと思いませんか?

 

というわけで、「楽しいタイ旅行にするための心得」的な基本情報を紹介していきますね。

 

 

① 年上の人には敬意を持って丁寧に挨拶すること

タイ文化の基本は、年配者を敬うことです。日本でもそうですが、タイではその傾向がさらに強くなります。

タイには、「ワイ」と呼ばれる手を合わせて合掌する挨拶が基本としてあります。タイでホテルや飲食店を利用すれば、きっとあなたも「ワイ」をしてもらえるはず。

タイの礼儀正しい挨拶ワイの仕方

あなただって、海外からの旅行者といえどもタイを訪れたからには「ワイ」をするべきなのです。もちろん、大都会のバンコクで、見知らぬ通りすがりの人たち皆に「ワイ」をしろというわけではありません。

 

ちょっとお世話になった方や、「ワ イ」で挨拶してきた方がいた場合に、(年齢に関わらず)「ワイ」で挨拶を返す。。。

特に、タイのお年寄りの多くは外国人から 「ワイ」で挨拶されることをとても好みます。積極的に「ワイ」で挨拶してみてくださいね

 

 

② 政治の話は絶対にタブー

タイでは、若者からお年寄りまで多くの人たちが「政治」に関心を持ち、たびたび話の話題にもなります。

 

しかし…

外国人であるあなたは、余計なことを言ってはいけません!

 

タクシン派と反タクシン派が揉めて、国を挙げて大混乱となったニュースを見たことがあるでしょう。タイに限ったことではありませんが、日本を除くほとんどの国では、「政治」「宗教」の話はタブーだと思ってください。

タイや海外でタブーな言動とは

 

場合によっては相手を不機嫌にさせるだけでなく、殴り合いの喧嘩や銃で撃たれる、なんてことにもなり兼ねませんからね。

 

 

③ 子どもの頭は触らないこと

タイ人にとって頭部は神聖な部位であり、基本触れてはいけません。彼らは、家族や友人であってもむやみに頭を触ったり叩いたりすることはないのです。

可愛いからと、「よしよしっ」ってな具合に撫で撫でするのは持ってのほか!特別に親しい、などの例外を除いては、気安くナデナデしないようにしましょう。

海外で子供の頭をナデナデしてはいけません

 

 

まとめ

レストランホテルで食事をした際は当然スタッフが片付けなどを行いますが、その際は、できれば気持ちばかりのチップを渡してあげましょう。

ファーストフードフードコートで食べ終わった場合には、トレーは自分で片付けず、そのまま置いておいて良いお店がたくさんありますので確認しましょう。

いかがでしたか?

他にもたくさん心得的なものはあるのですが、基本は「タイ人と同じように動く」こと!そうすれば間違いないはずですし、人間観察という点からもきっと面白いですよ。

 

何と言ってもタイにはニューハーフたちが至る所にたくさんいますからね。デパートのショップ店員や屋台スタッフなど、本当にそこらじゅうにいてますから!

あっ!あまり彼らを好奇な目で見ないでくださいね。これもエチケットの一つですよ!

 

 

それでは、後の細かいことはあまり気にしないで、当たって砕けろの気持ちで魅惑のタイ旅行を楽しんできてくださいね!
 
 
 
《初めてのタイ旅行》行く前に知っておくべき基本情報①
 
 

関連記事: