タイで人気の「日本」と不人気の「中高年日本人」



タイのチェンマイにある日本人オーナーのゲストハウスには、英語と日本語で≪18歳以下、40歳以上お断り≫と大きく書かれています。

 

えっ、40歳以上はお断りなの?

なんで?

 

その理由は明白でした。タイでは “邦人中高年年金生活者の傍若無人なる振る舞い” が問題視されているのです。

近年、暮らしやすいタイに増加中の日本のオジサンたちが、居心地の良いゲストハウスに長期滞在して若者バックパッカーたちから煙たがられているのです。

 

・頑固 ⇨ 若者に説教

・感情を抑えきれない ⇨ 暴言を吐く

など、トラブルが頻発しているとか…

 

中には、障害を持ったタイ人の乞食 (少女) に卑猥な言葉を浴びせたり、汚いコップにビールを注いで飲ませたり、根元近くまで吸った煙草を吸わせたり…

最悪である。

ここまで品性下劣な日本人が、私の大好きな東南アジアの国々で悪態をついているなんて、絶対に許せないっ!

品性下劣な日本人

 

…気分が悪いので楽しい話に話題を変えましょう。

 

近年、タイの人々にとって「日本」はより身近な存在となっています。

様々な「日本」が彼らの目に魅力的に映り、評判が巷に広まり、日本への観光旅行客が急増し続けているのです。

 

ありがとう!

 

 

 

バンコクに和食店が次々と

すでに、和食店の乱立で供給過多になっているのではないかと感じるバンコクですが、その勢いはとどまるところを知りません。

「これでもかっ」と和食店が次から次へとオープンし、2号店3号店も当たり前!

 

タイは元々外食文化の国なのですが、これまでは好んでタイ料理を食べていました。

しかし、近年異変が!タイ人にとってはただの薄味料理でしかなかった日本食が大人気となってきているのです。

 

これには「和食ブーム」と「SNSを使った芸能人の日本食写真拡散」などが影響しているようです。

「和食ブーム」が始まる前の2005年頃、私は日本人向け繁華街として知られるタニヤ通り近くのうどん屋さんに地元タイ人の友人たちを引き連れて食べに行ったことがあるのですが、、、

 

濃い味付けを好むタイ人の彼らにはイマイチでした。が、今やタイ人の食生活も随分変わったようで、今や彼らは「うどん大好き人間」に心変わりしてしまいました (笑)。

聞くところによりますと、赤城乳業のアイスキャンディー「ガリガリ君」がタイで発売予定だとか。今度食べさせてみよう。。。どんな反応するのかなぁ〜

ガリガリ君

 

 

日本旅行ブームが止まらない

2012年、タイ国際航空が札幌直行便を就航させました。この時「雪祭り」に訪れるタイ人が激増したことで「日本旅行ブーム」がスタート!

その後日本政府はタイ人に対して観光ビザを免除 (2013年7月〜)!これにより「日本旅行ブーム」はさらにヒートアップ!

 

当初は団体旅行で来るタイ人が多かったのですが、今ではリピーターの個人旅行者が増加しているようです。

2015年度には私の友人たちも来日ラッシュラッシュ!訪問先は東京ばかりなんですけどね〜。

 

 

上野 & アメ横が大人気

そんな大好きな日本に4月頃観光で訪れるタイ人の中には、「上野公園でお花見」が目的なのか上野に宿を取る傾向があるようです。

確かに上野は成田や羽田からのアクセスがよく、浅草やアメ横、秋葉原が近いという好立地なので、ネット上の口コミなどで広がっていったのかもしれませんね。

外国人に人気の東京・上野

事実、タイには日本の2ちゃんねるに相当するネット掲示板「パンティップ」があり、タイの日本好きはそこで様々な情報収集をしていると言われています。

 

ちなみに、基本タイ人は穏やかな気質を持っているのでネット上でも罵詈雑言を書くことはあまりないようです。

「パンティップ」には良い情報ばかりが溢れ、それを純粋に信じるタイ人が上野のホテル目指して来日してくるわけなのです。

 

 

タイ人に人気の観光スポットは?

東京限定で話を進めていきますね。まず、タイ人に限らず海外からの旅行者にとって「渋谷」「表参道 (原宿)」「秋葉原」「新宿」などは必ず訪れる観光スポットとなっています。

そして近年、タイ人にとって「上野」の株がアゲアゲ状態に!

なぜ?

 

理由は簡単です。秋葉原が近く、アジアンチックなアメ横があるから!さらには「多慶屋」という、彼らが好きそうな物が何でも揃っているお店があるからかもしれません。

タイ人に人気の多慶屋

宿の評判だけでなく、観光の観点からも上野 & アメ横エリアは大人気なのです。

 

 

終わりに

タイ人にとって「日本旅行」はある程度定着してきています。よほどのことがない限り、ブームが消滅してしまうことはないでしょう。

噂では、今後タイも不景気になると囁かれていますが、ある一定のタイ人は引き続きリピーターとして日本を訪れてくれることでしょう。

 

あとは、東京だけでなく北海道から九州・沖縄まで広く訪れてもらえることを期待するばかりです。

 

今度また、タイから友人たちが日本にやってきたら、(現地物価からするとべらぼうに高い) 日本のタイ料理を一緒に食べに行ったり六本木ナイトを満喫しに行ったり富士急ハイランドに腰抜かしに連れて行こうかなと考えております (笑)。

 

タイに友人を持つ皆さん!タイに行ったら紳士であれ!日本に招いたらやんちゃであれ!

関連記事: