ヨーロッパ旅行でのユーロ通貨調達方法とパリのオススメ「両替所」について



海外旅行で一番気になることの一つに「両替」があります。ご存知の通りフランスの通貨はユーロで、為替レートはここ数年でもかなり上がり下がりしていますが、、、

基本的に (日本円に比べて) ユーロの方が強いです!それでも、両替の際に「できるだけ損はしたくない」と思うのが心情ではないでしょうか。

 

そこで今回は、

ユーロについての「お得な両替情報」や「国際キャッシュ & クレジットカードの利用方法」そして、「パリでのオススメ両替所」を紹介してみたいと思います。

 

 

・・・とその前に…

 

 

ユーロ (通貨) について

001 (1)

フランスでは2002年からユーロが導入されています。ヨーロッパの19ヵ国で使用されているので、ヨーロッパ旅行をする際には便利な通貨です。

そんなユーロ紙幣には、5・10・20・50・100・200・500ユーロ札があります (100ユーロ札以上の紙幣を目にすることはまれですが)。

 

ちなみに、フランスではカードの支払いが主流であることと、(防犯のために) お釣りを沢山用意しているお店が少ないため、一般によく使われるのは5〜20ユーロ札です。

50ユーロ札でさえ、小さなお店では困った顔をされることがあります。というわけで、両替の際にはなるべく20ユーロ札までの小さい紙幣にしておくと、実際に使う際に楽ですよ!

 

硬貨には1・2ユーロ硬貨と、1・2・5・10・20・50ユーロ・セント硬貨があります。

 

「ユーロセント」はフラン時代の名残りもあり「サンチーム」と呼ばれたりもします。パン屋やカフェなど、小銭を使う機会もあると思いますので、その辺りを予備知識として持っていると役立つこともある…かもしれませんね

ちなみに、硬貨の裏側は国によってデザインが違うので、「珍しい」「好きだ」と思った硬貨は記念にキープしておきましょう☆

 

 

 

国際キャッシュカードはお得?

001近年、(トラベラーズチェックに代わって) 国際キャッシュカードを発行する銀行が増えてきていますよね。旅先でも便利になった印象があります。

ただ、実際にはどうなのでしょうか?

 

  • 現地で両替して、いつもニコニコ現金で買い物を楽しむべきなのか?
  • 使える場所では全てクレジットカードで対応すべきなのか?
  • それとも、国際キャッシュカードを有効に使っていくべきなのか?

 

あなたならどうしますか?

 

 

パリで、多額の現金を持ち歩くのはあまりお勧めできませんが、カフェやパン屋、ちょっとした買い物などである程度の現金は必ず必要になってきますよね。

なので、24時間引き出せるキャッシュカードは大変重宝します♡

 

 

パリでは街のいたるところにATM機があり、ほとんどがPLUSマークやCirrusマークといった国際キャッシュカード & クレジットカードに対応しています。便利なのは間違いありません。

 

ただ、ここで気をつけたいのは「為替レート」「上乗せ額」そして「手数料」です。ほとんどの国際キャッシュカードでは、実際のレートに加えて3〜4%ほど上乗せされた額で引き出すことになります。

さらに、「日本の銀行の手数料」「現地の銀行の手数料」がかかってくる場合がありますので、意外と損をしている…という事にもなりかねません。

 

それでも、「利便性」「安全性」を考えると多少の手数料は仕方ありませんね!

国際キャッシュカードを使うにあたっては、出発前に「引き出し限度額」を確認しておきましょう。

 

 

 

 

両替は日本で?それともフランスで?

002

一般的には、日本でユーロに換金していくのが得だと言われています。確かに、パリで両替するとレートが日本よりも悪く、手数料が非常に高い印象があります。

日本の銀行や金券ショップなどで両替する場合であっても、1ユーロにつき3〜4円といった手数料がかかるわけなのですが、フランスの銀行や両替商ではもっと分が悪くなると思って間違いないでしょう。

 

というわけで、

両替に関していえば、基本的には日本で、とりあえずの必要最低限分だけは両替しておくと良いのではないでしょうか。

 

 シャルル・ド・ゴール空港で両替しようとすると、一番レートが悪くなります。(シャルル・ド・ゴール空港での両替は全てTravelexの管轄です。)

 

 

 

 

パリでオススメの両替所はここだっ!

「ヨーロッパでは、両替するのは手数料がかかりすぎて損をしてしまう」といった考え方がありますが、一方で、実はパリにも円に優しい両替所があるんです♡

003

パリ2区・ブルス近辺は、場所柄銀行や両替所が多い地区なのですが、ここに「メルソン」という両替所があります。

 

こちらは

  • 手数料が無料
  • 為替レートが限りなく実際のレートに近い

 

といった魅力的な両替所なんです!

 

 

例えば、ある日のレートが1ユーロ122,5円だった場合、メルソンでは1ユーロ123円、ユーロへの両替は円×0.0081で可能でした。

 

◉ メルソン両替所
33 rue Vivienne – 75002 Paris
月~金 9時~18時
土 10時~18時

 

通常の (その他の) 両替所で両替してしまうと、例えば3万円ほどの両替を行うと4,000〜5,000円は損をしてしまう計算になります

ここメルソンであれば、日本で両替するよりも安いと言えるでしょう

 

 

 

クレジットカードを上手に使おう☆

フランスは、カードで支払う機会が日本よりも多い「カード社会」です。スーパーでの買い物ですら、1ユーロからカードで支払うほどです。

とにかく、パリで買い物をする時はクレジットカードを使うのが当たり前…とも言えるでしょう(為替レートは買い物をした日ではなく、決済センターに送信された日にちのものになります)。

 

先ほど国際キャッシュカードのお話をしましたが、現金を引き出す際も、レートに上乗せされる金額がないと言う意味でクレジットカードのキャッシングがお得です。

「利息が心配」…という声も聞こえてきそうですが、帰国後すぐに返済する形をとれば一番安く上がりますし、滞在日数がそれほどでもなければ大した利息はつきません。
ちなみに、フランスではICチップ搭載のカードのみの扱いとなるので、出発前に確認しておきましょう。

 


なるべく無駄なくユーロを活用するには、まずは日本で若干の現金を用意しておき、それに加えて国際キャッシュカードを1枚、 クレジットカードを2〜3枚持っておくと便利でしょう。

そして、両替所も場所を選べば大して損をすることもありません。現金とカードを上手に使い分けて、賢くパリ旅行を満喫したいものですね

 

 

関連記事: