海外で働きたい方必見!あなたに必要なスキルはこれ!



日本の競争力は確かに落ちているけど、まだまだビジネスパーソンとしては日本人が優秀、給与も高く取れていると思っている方いませんか?

日本での実績やコネ、特別な技術、語学力、恋人、お笑いのセンスなどいろんなものがないけれど、海外で働いてみたい、そう思っている方いませんか?

現実はそう甘くはないけれど、今回はアジアでの現地勤務について触れてみたいと思います。

その前に

日本人よりも高い給与をもらう現地のビジネスマン

日本人の仕事スキルやサービスレベルは高く、アジア圏内では高い給与をもらえるはずだ――というのは完全に時代遅れの考えです。

今や発展途上中の東南アジア諸国でも、日本人よりも高給取りのビジネスマンがわんさかいます。

例えば、

・シンクタンクのシニアコンサルタント 月給60万円 ・メーカーでのプロダクトマネージャー 月給80万円 ・経理マネージャー 月給50万円

 

と、日本国内での給与水準と比較してもかなり高い水準の給与をもらえる求人がごろごろです。

 

それはシンガポールやマレーシアといった給与水準の高い国だけでなく、タイやフィリピン、インドネシアなどの給与水準の低い国でも、です。日本がアジアと比べて豊か、というのはもう昔の話なのです。

 

おまけに世界基準として、「外国人より現地の人を雇う」という方針があります。なので、いくら優秀な日本人であっても海外で働くということはかなりハードルの高いものなのです。

ならばインターンシップ?

海外では日本のように「新人を育てる」という概念がありません。即戦力でなければならないのです。

スキルはない、でも海外で働きたい、というのであれば、まずは無給でも研修生(インターン)として数ヶ月間やっていく覚悟が必要なのです。

やりたい仕事をやりたい場所で見つけるためには、スキルを身につけるために自分の投資することが必要不可欠だと心得てください。

そして、最終的にその仕事を勝ち取るためにはあなたが「会社にとって必要な存在」だということをアピールしなければなりません。

何か成果を残さなければ雇われることはなく、無給で働いた日々が無駄に終わってしまいます。

あなたにそれほどの覚悟はありますか?

競争激化のアジア、日本人は覚悟を持って挑め

アジアの企業は欧米系企業の影響を受けており、成果主義の人事制度を設けている会社が多いのが特徴です。

現地のビジネスパーソンは働けば働くほど高給を取れるので、あなたに上昇志向と実力があれば出世・昇給は日本よりも可能性大!優秀な彼らと対等以上に戦っていくためには「覚悟」と「経験」「知識」「必死なガッツ」が必須です。

アジアはもはや日本が上から目線で支援する国ではなく、何かを成し遂げるために覚悟を持って挑戦するビジネスフィールドへと変わりつつあります。アジアへの転職で成功したいのであればこの認識が重要です。

 

 

学ぶなら上達者から学べ

現地において友人・知人がいない。誰かと仲良くならなければ、と適当な付き合いに逃げてはいけません。

早く一人前になるために、たとえ厳しかろうともその道の上達者にすがりつき、1日でも早くスキル・マスターにならなければならないのです。毎日徹夜覚悟で語学力、営業力、専門業務など必要なスキルを全て身につけてください。

日本企業の現地採用を考える

欧米企業の現地法人や完全に現地に根付いている企業に就職するよりも、日本企業の現地法人に現地採用される方が簡単かもしれません。日本語をネイティブとして話せることが有利に働きます。

当初は現地法人での採用ではあるものの、入社後に幹部人材として本社採用の駐在員になれる可能性だってあります。

そうなると待遇は大幅にアップします。本社採用案件はあまり求人市場に出ませんので、「経験」が合い、初めは現地採用の条件でも大丈夫という方にはおすすめです。

 

 

求人例

【仕事概要】 ・内容:(1)自動車関連メーカーを中心とする日系企業への営業活動全般(2)タイ人スタッフのマネジメント(3)日本本社との連携(日本への出張は年2~3回)。・給与:月給 33万~59万円(タイの物価は日本の約3分の1)・勤務国:タイ

現地就職のために一番重要なのは

同じ業務内容であっても、海外で働くことはそれだけでストレスの多いものです。

そこで一番重要なものは何だと思いますか?語学力を含めた仕事上のスキル?現地の人々との円滑なコミュニケーション?健康な体?タフな精神力?

はい、確かにどれも大切なことです。しかし一番大事なのはブレない「モチベーション」を持ち続けること!

ホームシックになってもめげそうになっても体調不良になっても、「絶対にここで生き抜いてみせるんだ!」という強い覚悟を持った「モチベーション」の維持が一番大事なんです!

Change before you have to.

変革せよ!変革を迫られる前に!

- Jack Welch (ジャック・ウェルチ) -

 

日本以上に厳しさを求められるアジアを舞台に活躍したいあなた!

(移住を検討している方も同じです)

「覚悟」というスキルを持って是非挑戦してみてくださいね!

関連記事: