飛行機内で暴れる乗客たち!原因はファーストクラスにあり!?



楽しい楽しい海外旅行!ワクワク!ドキドキ!ソワソワ!できれば何の問題、トラブルもなく、無事現地に到着したいものですよね!

しか〜し、世の中には迷惑行為が趣味の、バイオレンスで厄介な人たちも確かに存在するのです。

 

毎年調査が実施されている「旅客機内のエチケット」に関する報告書によりますと、近年もっともひんしゅくを買っているのは、後ろの乗客が座席を蹴る行為…だそうです。

(わざと蹴るのでしょうか?それとも狭いから仕方なく当たってしまっているだけなのでしょうか?)

いずれにしても、「迷惑行為」はする側もされる側も不愉快極まりありません!皆さんはけっしてしないでくださいねっ!

 

では、参考までに、後ろの乗客が座席を蹴る以外のマナー違反っていったいどんなものがあるのでしょう?

それは、「子どもの世話をしない両親」「強い体臭」です。他にも、「携帯音楽プレーヤーなどによる騒音」「大酒飲み」「おしゃべり好き」「列への割り込み」「リクライニングシートの倒しすぎ」「座席ひじ掛けの独占」などなど…

気をつけましょう!

 
 
 

機内で暴れる乗客、ファーストクラスの存在が原因?

頭上の荷物入れやアームレストを巡って争ったり、殴り合いや蹴り合いに発展したり、客室乗務員を怒鳴りつけたり…

旅客機の乗客たちが、このような「何とも見苦しい騒ぎを引き起こす」一因は、実はファーストクラスの存在にあるかもしれません。そのような研究結果が、アメリカで発表されました。

 

問題を起こす大半はエコノミークラスの乗客たちなのですが、この報告書によれば、「ファーストクラスのある旅客機の方が、ファーストクラスのない旅客機よりも約4倍トラブルが多い」らしいのです。

ある専門家は、「人は貧しさや不平等を感じるとおかしな行動に出る傾向が高くなる」と解説しています。

 

う〜む…

 

ただし、騒ぎが増えるのはエコノミークラスの乗客だけではありません。例えば、全乗客がファーストクラス区画を通って搭乗するようにすれば、ファーストクラスの乗客たちも騒ぎを起こす確率が12倍にも高まるそうなのです。

 

その理由はこうです。

「社会的に高い地位にある人が自分の地位を意識すると、反社交的で高慢な態度となり、思いやりが薄れる傾向にある」…

気をつけましょう!

 

ちなみに、過去数年間の国際便機内で起きた騒ぎの件数は以下の通りです。

 

【騒ぎが起きた件数】

・エコノミークラス:1,000便につき1.58件

・ファーストクラス:1,000便につき0.31件

 

※ 合計すると、数年で数千件もの騒ぎが起きていました

 

 

トランプ大統領支持の客が機内で暴言、生涯搭乗禁止に 

2017年1月、デルタ航空の旅客機内で、ドナルド・トランプを支持する男性乗客が女性乗客に暴言を吐き、口汚い言葉でののしるという騒ぎがありました。

これに対しデルタ航空は、「彼は二度と搭乗させない!」と表明!そして、同便に乗り合わせた乗客に対しては、全員に運賃を全額払い戻すことに決定したのです。

 

騒ぎは、ジョージア州アトランタ発ペンシルベニア州アレンタウン行きの国内便の機内で起きました。通路に立った男性乗客が「ドナルド・トランプ、ベイビー」と叫んで頭上で両手を打ち鳴らし、その後、1人の乗客を指さして「ここにヒラリー・b******sがいるぞ」と口汚い言葉で暴言を浴びせたのです。

 

※ この様子を撮影した動画はフェイスブックに掲載されており、220万回以上が再生されています

 

デルタのエド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は、従業員宛ての通知で「この乗客を降ろさなかったのは誤りだった」と述べ、「この人物は騒がしくて無礼で他の乗客に礼を失した」と叱責。

「もしこの映像の場面を直接目撃していれば、間違いなく男性を同機から降ろしていた。男性は二度とデルタ便には搭乗させない!」と言い放ったのです。

 

(テロなどを含め) 社会の緊張が高まっている現在、私たちにはこれまで以上にエチケット & マナーを守っていく義務があると思うのです。機内および空港施設内での礼節を尊び、皆が気持ちよく旅を続けていけるよう、心がけましょう!

 

関連記事: