「アジアのきれいなオカマさん」ランキング



アジア (タイやフィリピンなど) には、そこらじゅうに多くのオカマさん (ニューハーフ・レディーボーイ・ゲイ) たちがいます。それは、普通の小汚い食堂や屋台から、有名デパートの化粧品売り場やタレントさんまで多岐に渡ります。

中には、特に女装するでもなく男の服装のままだったり。。。でも、歩き方や喋り方、仕草なんかでオカマだとわかるんです。

 

ゴーゴーバーにいるようなプロのオカマさんたちの中には、女性と全く区別がつかないほどに「女」化している人もいれば、貧乏でホルモン注射が打てなくなり崩れてしまったオカマさんも。。。

ちなみに、厳密に言えばニューハーフやレディーボーイ、ゲイ、オカマなどは単語の違いのみならずその概念も違うわけですが、ここではそういった難しい区別なしに話を続けていきたいと思います。

 

え〜

私ごとで大変恐縮なのですが、、、

 

(過去には) バンコクですっごく可愛いレディーボーイと恋に落ちたこともありますし (笑)、マニラではかなり男臭いゴツゴツとしたオカマちゃんに執拗に付きまとわれたことがあります (苦笑)。

近年は日本でもそれなりに同性愛者 (LGBT) の認知が進んできてはいますが、アジア圏のそれは日本の比ではありません。

 

そこで今回は、

ネット上で見かけたきれいなオカマさんを何名かランキング形式にして紹介したいと思います。あなたの奥深くに眠っている何かが刺激されれば幸いです。
 

 

 

「アジアのきれいなオカマさん」ランキング

16位 :   Genking

日本のタレントであるゲンキングさんは、メイクの施し方次第ではこんなにもきれいになります。彼 (彼女?) はある男性芸能人と付き合っていたことでも有名ですね。


15位: Bell Nuntita

タイの女優でシンガーの彼女は、歌手オーディション番組で一躍有名になりました。綺麗な歌声と端正な外見を持ちますが、声帯は男性のままです。この特徴を活かしてタイの人々を驚かせています。はるな愛さんのような感じですね。

 


14位:   Lukpad  purimprud  chaiyakham

アジア (タイ) のレディボーイってめっちゃ綺麗なんです。このように、ほぼ100%女性に見えてしまう方も少なくなく…。特にバンコクなどでは当たり前!ちなみにこの人、雰囲気がどことなくシンガーソングライターの中村中さんに似ていませんか?

 


13位: Netnapada Kalyanon

この人は、2013年「ミス・ティファニー・インターナショナル」の女王を手にしたタイの美人さんです。個人的には写真右の方がとてもセクシーで気になるのですが、いずれにしてもタイのオカマさんは本当にレベルが高いです。タイでは綺麗な人ほどレディボーイ…って事がよくあるのでご注意を!

 


12位:   Regine Wu

1962年に台湾で生まれた彼は、22歳の時に性転換手術を受け女性に生まれ変わりました。Channelの販売員として驚異的な売り上げを記録した彼女はその後タレントに転身。私生活では2002年に14歳年下の男性と結婚しました。


11位: Tanyrat Jirapatpakon

タニラットちゃんは2007年の「ミス・インターナショナル・クイーン」です!当時21歳の学生でした。タイには本当に多くの可愛いレディボーイ、オカマちゃんがいます。オフィスにも、必ず一人はいる…と言っても過言ではないでしょう。タイでは、レディボーイもオカマもゲイもオナベもみな堂々と暮らしているんです。寛容な国って素晴らしいですねー。

 


10位: Panvilas Mongkol

こちらは2012年度の「ミス・ティファニー・ユニバース」チャンピオンです。この写真は山田優…風でもありますね。もしあなたがタイで綺麗なおネェさんを見たいのであれば、オカマショーではなく、ナナプラザのオブセッションに行ってみてはいかがでしょうか。基本的には皆改造前なんで、ちゃんと真ん中の足も装着しているんですけどね。つまり、身体は男なんだけど、めっちゃ綺麗なんです!

 


9位:   Namkleng  Inarin

彼女もタイのモデルさんです。雰囲気は、とってもセクシーですよね。叶姉妹の一員…といってもおかしくはないでしょう。

 

 


8位:   Rinrada  Thurapan

タイでモデルとして活躍している彼女はyoshi Rinrada のニックネームで有名です。タイに友達がいるのであれば、「彼女のファンなんだ」と言ってみましょう。どんな反応を示されるのか楽しみですね!

 


7位:   Benz  Thipsuda 

ピュアな少女のように見える彼女も、元はれっきとした男性です。

 

 

 


6位: 佐藤佳代

1988年、愛知で生まれ育った彼は幼少期から性同一性障害に苦しめられていたことをのちに告白しています。でも、大人になってからの彼女はモデルとして大成功!

 


5位 Ratrawee  Jiraprapakul

超美人なタイのおネェさん!この方も「ミス・ティファニー・ユニバース」で世に出てきました!

 


4位: Ha risu

1975年生まれのハリスちゃんは韓国の超絶美人おネェさんです。2001年から芸能活動を始め、歌手・モデル・女優としてアジア各国で活躍しています。日本でヘアメイクの勉強をしていたこともあるようですよ。そんな彼女は2007年、男性と結婚しました。韓国も、タイに負けず劣らず綺麗ですね!

 


3位:   椿姫彩菜

1984年に東京で生まれた彼は、女性となってからファッションモデルとして一躍有名になりました。ちなみに、手術は2006年にタイで済ませています。

 


 2位: Piyada Inthavong

タイのニューハーフはなんでこんな綺麗なんでしょう?実はタイではカッコいい端正な顔立ちの人ほどニューハーフとかレディボーイになりがちです。このピヤダさんも、元は綺麗なイケメンだったんですね!

 


1位: Treechada   Petcharat  (Nong Poy)

1986年にタイのプーケットで生まれたタリーチャダー・ペッチャラット (ニックネーム:ポーイ) さんは本当にきれいです!17歳の時に手術を済ませ、術後の2004年、19歳の時にトランスジェンダーのためのコンテストである「ミス・ティファニー・ユニバース」と「ミス・インターナショナル・クイーン」の2冠の快挙を達成しています。さすがですね。正直女性よりも綺麗です。タイだけでなく、香港でも女優として活躍しています。

 

 

 

おわりに ☆

ほとんどがタイのおネェさんばかりでしたねっ!それだけ、タイには綺麗なおネェさんが多いのです。

もしもあなたに女装趣味があったり、ちょっとそちらの気があるようでしたら、タイに移住して堂々と生活してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事: