アジアを舞台に自分を劇的に変革させる方法②

前回の「アジアを舞台に自分を劇的に変革させる方法①」では、「革命的な時間配分の見直し」について説明してきました。

第2回目の今回は、「住む場所を変える」「付き合う人を変える」について話していきたいと思います。(全2回)

 

(2) 住処が変われば目線も変わる!

あなたが本気で「アジアで活躍していきたい!」「必要なスキルを身につけて海外で暮らしたい!」と考えているとしましょう。

「革命的な時間配分の見直し」が上手くいき、ある程度成果が出たのであれば次はいよいよ現地入りです!

同じところに長く住んでいると視野が狭くなり鈍感になっていきますが、住む場所を変えるだけで新しい発見が必ずあります!ましてや、そこは自分がこれから活躍していこうとする舞台!世界を凌駕するアジア!全身の毛穴という毛穴から多くのことを吸収できるはずです!学ぶのです!すると価値観はがらりと変わり、人脈の広がりは予想を遥かに超えたものとなっているに違いないのです。

自分の人生に必要なものだけをその手に掴み取り「無駄」を捨て去る!

そのためにも、これまでの住まいを捨て、いざアジアへと旅立ちましょう。五感に新しい息吹を与え、世界を感じさせてあげるのです!

 

(3) 付き合う人を変える!

「時間の使い方」「住まい」を変えることが出来たら、最後は「付き合う人を変える」ことであなたの自己変革はほぼ実ったようなもの!

いつも付き合っている仲間や友人たちは、基本的には気が合う相手でしょう。ただ、気が合うくらい「役に立たない」人間関係はありません!

無二の親友や悪友というものは一人か二人だけ大切に取っておいて、日頃はピリピリとした刺激を得られる相手と付き合っていくことを心掛けましょう!

「付き合って一番役立つ人」というのは、自分とは全く違った発想をする人です。それによって自分の発想力は磨かれますし、論理の間違いにも気づきやすくなるのです。

外国人と付き合う一番のメリットは、全てが自分とは違う視点という刺激!

日本のサラリーマンは、会社に入っても大学の同好会のノリで安易な人間関係を築いている人があまりにも多いのです。

「手っ取り早く付き合う人間関係」を改めるためにも、あなたが望むアジアの地に今すぐにでも引っ越していくべきなのです。

人生において大事なのは困難に立ち向かう勇気と気概!

念のため言っておきますが、けっして逃げの海外逃亡ではなく、目的を持った上での攻めのアジア進出をあなたには成し遂げてもらいたいと願っています。

 

☆☆☆☆☆☆☆

 

Happiness is a way of travel, not a destination.

幸せとは旅の仕方であって、行き先のことではない。

(ロイ・M・グッドマン)

 

The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyes.

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。

(マルセル・プルースト)

関連記事: