三国志の聖地「四川省」に行こう!成都 & 白帝城の旅

四川省の省都である成都はその昔「蜀」の首都でした。この国を作ったのは民衆を愛する男、劉備玄徳

そして、蜀の建国者劉備玄徳が夷陵の戦いで呉に敗れ逃れたのが白帝城です。劉備は後事を諸葛亮に託し、この城で没しました。

中国に魏・呉・蜀の三国が鼎立していた180年から280年頃の興亡史「三国志」は熱狂的なファンが多いことで有名です。三国志ファンにとって四川省はパンダの故郷ではありません!今でも蜀の国なのです!

省都の成都に行くと、「劉備玄徳と諸葛孔明が治めた蜀にとうとうやってきたよ~!」と感動もひとしおでしょう。

 

今回の舞台は、そんな三国志ファンの聖地とも呼ぶべき「四川省」。「天府の国」と呼ばれる四川は、古代から温順な気候、豊かな水脈に恵まれた地域であり、劉備が建国した蜀が倒れた後も、歴代王朝の重点都市として栄えてきました。

 

三国志

 

そのため四川には、九寨溝大足石刻など数多くの世界遺産があります。また、三国志三将の中でも人気の高い劉備の本拠地、蜀の都・成都があるということで、「湖北」と並んで三国志関連の遺跡が集中している地域でもあるのです。

 

それではさっそくみていきましょう!

 

 

① 三国志の聖地「成都武侯祠」

三国志ファン必見の地・成都武侯祠

成都に来て真っ先に訪れるのはもちろん武候祠でしょう!

諸葛孔明を祀っている武候祠は、三国志の聖地として有名です。中に入ると、関羽・張飛・趙雲をはじめとする蜀の武将や文官たちの像が勢ぞろいしています。

 

「成都武侯祠」は中国最大の三国遺跡博物館で、唐の時代、すでに観光地として賑わっていたそうです。現在の建物は清の時代に再建されたもので、祠の中には劉備や諸葛孔明など三国志の英雄たちが祀られています。

「武侯祠」は劉備殿、諸葛亮殿、劉備墓など見所満載です!土産物屋や四川名物が食べれる食堂街などもあり、観光スポットとして楽しむこともできます。

霊廟内には関羽・張飛など蜀漢の武将の塑像が並び、奥に諸葛亮の塑像や劉備の塑像があります。いずれも後世の「三国志演義」によって形成されたイメージに基づくものです。三国志ビギナーの方はまず、武侯祠の見学からはじめてみてください。

 

<DATA>
■成都武侯祠博物館
住所:四川省成都市武侯祠大街231号

 

② 張飛の町「ロウ中」

ロウ中の街並み

ロウ中は、雲南の麗江、山西の平遥、徽州の歙県と共に「中国四大古鎮」と称えられている町です。町には唐、宋、明、清の風格が残っていて、時代劇のロケ現場としてよく利用されています。

ここは、三国志の英雄・張飛が駐屯していたところ。張飛廟を筆頭に、華光楼、貢院、民族会館などがあります。

 

<DATA>
■中古城景区
住所:四川省南充市ロウ中市ロウ中古城景区

 

③ 昭化古城

成都まで足をのばしたのなら、昭化古城までもうひと頑張りしてみましょう!昭化古城は四川の東北部で、陝西省との境界辺りにあります。約2,000年ほど前、昭化は有名な古戦場でした。

三国時代は「葭萌関 (カボウカン)」と言い、蜀の喉元と呼ばれる軍事的要地でした。残っていた昭化古城は明の時代に作られたものでしたが、2008年の四川大地震でほとんどが倒壊…

 

その後、大規模修復されたので、正直いって古城としての価値はいまひとつです。それでも、昭化古城は三国志ファンにとっては忘れらない名場面があった場所なんです。

蜀の英雄、張飛と馬超が一騎打ちし、勝負がつかないのでたいまつをたてて夜まで戦ったというあの場面を覚えている方もいるでしょう。昭化古城の西門を出てまっすぐ2キロ進んだ「戦勝坝(バ)」がこの一騎打ちの古戦場です。

 

諸葛孔明亡き後の蜀をになった費禕を祀っている敬侯祠も城内にあります。黄忠と厳顔が魏の将軍張郃を撃破した場所も「葭萌関」です。

三国志ファンにとって、あの名場面の場所に実際に訪れたという満足感は言わずもがな…

 

<DATA>
■昭化古城

さて、昭化古城への行き方は、成都の昭覚寺バスターミナルから広元を目指します。所要時間は3時間ほど。ここでバスを乗り換え40分ほどで昭化古城に到着!日帰りはきついので、ここへは1泊2日で行きましょう!

 
 

④ 白帝城

白帝城は長江クルーズで必ずと言っていいほど立ち寄る有名な観光地です。重慶市奉節県の長江三峡に位置する地名で、劉備玄徳がその最後を迎えた場所として知られています。

三峡ダムの完成で長江の水位が上がったため、今では小さな島となりました。現在はクルーズ船から小船に乗り換えて白帝城に向かいます。

 

到着後は約400段の階段を登ります。長い階段を登ると、ようやく白帝城の頂上へ到着。門をくぐるとお寺の境内があります。そこには諸葛孔明、劉備玄徳、そして劉備の息子たちのレプリカ像があります。さらに、敷地内には江沢民、周恩来、毛沢東、そして李白の詩の石碑もあり、感極まります。


 
 

<三国志関連 その他の遺跡>

  • 諸葛孔明が北伐の根拠地とした「剣門関」(広元市)
  • 諸葛孔明と並び称された天才軍師のホウ統の廟「ホウ統祠」(徳陽市)
  • 趙雲を祀った「子龍祠」(大邑県)

 

関連記事: