タイ人の魅力 (見た目・特異な習慣・性格など)



「微笑みの国」タイランドを訪れる外国人観光客数は年々増加しています。近い将来、(年間) 4,000万人を突破し、「世界の人気観光国ランキング」のベスト5に入るのではないでしょうか (2018年時点で第10位:3500万人ほど)。

それに比例するかのように多くの外国人がタイ人と恋に落ち、結婚に至っています。いったいなぜ、彼らは自国民ではなくタイ人と仲睦まじくなってしまうのでしょうか?

というわけで今回は、タイ人の魅力についてあれこれまとめてみました。

 

タイ人の見た目

タイ人の平均的な顔立ちはこんな感じ ♡

人と人との出会いにおいて一番最初に見るのはやっぱり顔。タイは多民族国家なので華人、インド系、ベトナム系などたくさんの民族が存在しています。その中で一番多いのはタイ族。ここでは、タイ族の顔の特徴について見ていきましょう。

 

《男性》

目が大きくはっきりしています。世界的にみてかっこいい方で、くったくのない笑顔が素敵です。小さなことは気にしない「マイペンライ」(大丈夫) の考え方が表情に現れているんでしょうね。

 


《女性》

男性同様、目は大きくはっきりとしており、オリエンタルな雰囲気が漂っています。少し浅黒い肌の色をしているのですが、「美白 = 美人」と考えているため、美白化粧品を多用しがちです。

 


《まとめ》

総じて、日本人と比べて「身長はやや低め」「鼻の高さはほぼ同じ」「肌の色はやや浅黒い」といった特徴が挙げられます。ただし、ハーフやクオーターのタイ人も多く、多民族国家でもあるため、一言では言い表せない多彩な顔立ちをしています。

 

 

特異な習慣

タイ人は日本人と違って…

よく

 

◉  名前を頻繁に変えます

タイ人は、親に付けてもらった下の名前ですら簡単に変えてしまうことがあります。なぜなら「長い名前が好き」だから。

通常はニックネームで呼び合うため全く問題ありません。しかしながら、本名は「かなり長く」「よく変わる」ので、正確に言える人は滅多にいません。首都バンコクの正式名称がクソ長いのと同じ原理ですね (笑)

 

◉  事故現場や死体の写真をすぐSNSにアップします

タイの人たちは死体などの写真を平気でSNSに投稿します。(割と育ちの良い) 私の友人たちはそんなことしませんが、一般的にはけっして珍しくない行動と言えます。肝に銘じておきましょう。

 

 

タイ人の性格・特徴

タイと言えば、「親日」「仏教」「屋台」「タイカレー」「トムヤムクン」「トゥクトゥク」「マッサージ」「ゾウ」「ムエタイ」「レディボーイ」…などを連想される方が多いのではないでしょうか。

そんなタイの人々の性格・特徴は一般的に

 

 温厚で心優しい

 礼儀正しい

 信仰心が強い

 教育熱心

 

 ポジティブ

 飽きっぽい

 男性は中性的

と言われています。

 

「マイペンライ」(大丈夫) と「サバイ」(気持ちいい) の2つのタイ語は、彼らの行動原理を象徴している大切な言葉です。争いを好まず、温和に解決したがるタイ人…

素敵ですね ♡

 

 

おわりに

目が合ったら笑顔で「サワディカー(ップ)」とあいさつしてくれるタイの人々。言葉は通じないが、多くのタイ人は本当に旅人に対して親切です。そんなタイにこれから旅行を計画されている方にお願いです。

観光地を巡ったり、タイ料理に舌鼓を打ったりする旅をメインに考えるのもいいのですが、できればもっと現地の人と触れ合い、タイ本来の魅力を深く感じていただければなーと思います。

気候だけでなく、人が最高に「あたたかい」国タイランド!ぜひ、皆さんにはタイの大ファンになっていただきたいものです。

 

 

関連記事: