女性にオススメの「アジア一人旅」♡ 人気都市ベスト6

「自由気まま」「気兼ねなく行動」「マイペースな旅を楽しむ」「新しい出会い」「自分を見つめ直す時間がほしい」・・・

ズバリッ!女子の一人旅の魅力はこういったことにあるのではないでしょうか。

 

日常の生活から離れ、全て自分のためだけに時間が使えるって素敵なことですよねー。ただ、あくまでも女性の一人旅なので、「安全」「安心」な地域と宿を選ぶことは必須です。

その点をしっかりおさえた上で、アジアの中からオススメの地域をいくつか紹介したいと思います。距離的にも日本から近く気軽に行けるアジア諸国は、女性が一人で旅をしても十分に楽しめる都市が多いんですよ。

 

(比較的) 治安が良く、公共交通機関や徒歩で街を散策でき、美味しいものやかわいいものが充実しているアジアの都市!ぜひ参考になさってくださいね☆

 

 

 

第6位:ヤンゴン

バラエティ豊かな仏教寺院に度肝を抜かれるヤンゴン(ミャンマー)☆

仏教文化が好きな方であればぜひヤンゴンに行ってみてください。熱心な仏教徒が多く、寺院のバラエティの豊かさはアジア随一とも言われています。

電飾の光背を背負ったとっても派手な仏像などもあり、カルチャーショックを受けるかもしれません。そして、お寺で売っている仏像のお土産などは意外とかわいいものが多いんです。

加えて、ミャンマー人はおっとりとしているのでコミュニケーションをとるのにストレスが少ないのではないでしょうか。日程に余裕があるようなら、世界三大仏教遺跡のひとつ「バガン」まで足を延ばしてもいいかもしれませんねっ!

 

 

第5位:香港

離島まで足を延ばせばアウトドアも楽しめる香港☆

アジアきっての大都会・香港には、人のエネルギーが充満しています。そして、なんといっても美食の街でもあります。ローカルフードから高級レストランまで、バラエティ豊かな食文化を思いっきり堪能することができます。

また、香港は香港島、九龍半島のほか、200以上の島から成っているため、フェリーに乗れば自然豊かな島々へと簡単にアクセスすることができ、海水浴はもちろん、バーベキューやトレッキングなども楽しむことができます。

例えば、漁業が盛んな長洲島には海水浴やシーフードを目当てにやってくる若者が多いんですよ!そして、南Y島(ラマ島)は欧米人も多く住む島で、ハイキングルートが整備されています。ここで良い出会いがあるといいですねっ!

 

 

第4位:シェムリアップ

言わずと知れた世界遺産アンコールワットの町です!
見るものを惹きつける、水面に映るアンコールワット

ひとり旅だからこそ、あえて観光客で溢れ返っている夕暮れ時を外し、朝などの好きな時間にじっくり遺跡観光をしつつ、少しホテルのグレードを上げてお籠り (引きこもり) ステイをするプラン…はいかがでしょうか?

もちろん、バルーンや象に乗る体験もできますし、「リゾートだけではもの足りない」という方も色々な視点から満足できる場所だと思います。案外、観光客が利用しやすいレストランも多く、のんびりとした治安の良い田舎町…という点もおすすめポイントです。

 

 

 

第3位:ハノイ

ベトナム雑貨のショッピングを楽しむならハノイ(ベトナム)

ベトナムの首都であり、ホーチミンに次ぐ第2の都市・ハノイは文化の中心都市でもあります。何と言っても、陶磁器やホーロー製品、繊細な刺繍がほどこされた雑貨類など、安くてかわいいベトナム雑貨のお店が充実しています♡

また、食事も美味しく、アジアらしい屋台料理はもちろん、フレンチのテイストを取り入れたセンスのいいレストランも多くあります♡

さらに、ハノイの旧市街には歴史的な木造家屋が残っており、古き良きベトナムの風情を感じることができます。一方で、フランス植民地時代に作られたフランス風の建築物も見どころのひとつです。歴史を感じながら街歩きを楽しむのもいいですよねっ!

第2位:台北・高雄

週末海外一人旅なら、3時間ほどで行ける台北・高雄がオススメです(台湾)

フライト時間が短く、週末に行く海外旅行先としてぴったりなのが台湾です。台北と台湾第2の都市・高雄は、街の中を地下鉄で移動できますし、治安も良いので安心して旅することができますよっ!

それに、台湾は食事が美味しく、特に夜市でB級グルメを食べ歩くのが楽しいんです。おまけに洗練されたセンスのいいカフェも多く、のんびりとカフェ巡りを楽しむこともできます。

少し頑張れば、台北から日帰りで行ける温泉地・北投温泉陽明山温泉、先住民族と触れ合える観光地・烏来などもあります。人々が親日的なのも、旅しやすいポイントのひとつですね。

ちなみに、最近は日本から高雄への直行便も出ていますが、台北から高雄まで、新幹線を使えば1時間半ほどで移動することもできます。

 

 

第1位:バンコク & チェンマイ

 

 

関連記事: