カオサンロードに行ったらやるべきこと



東南アジアナンバーワンの観光地と言っても過言ではない、タイの首都バンコク。ここには、バックパッカーの聖地として有名なカオサン通りがあります。

安宿、露店、屋台、レストラン、カフェ、バー、お土産屋、マッサ-ジ店、旅行代理店などがあり、また、ここを拠点にタイの各地を訪れることだってできるんです。

そこで今回は、「眠らない通り」としても知られるカオサン通りの魅力を簡単に紹介してみたいと思います。

 

 

 

カオサン通りとは?

「カオサン」はタイ語で白米という意味です。カオサンという地名は、昔この辺りに米問屋があった事に由来します。

そして1980年代以降、多くの外国人バックパッカーが訪れるようになりました。通りの長さは300メートルほどなのですが、1泊100~200バーツ(日本円で300~600円ほど)の安宿 (ゲストハウス) から、1泊2,000バーツほどの中級ホテルまで、100軒程の宿が軒を連ねています。

東南アジアを周遊するバックパッカーの拠点として栄え、今でもここから周辺諸国を旅する旅行者も多いんです。

もちろん、生活雑貨店やコンビニなどもありますので、ここで長期滞在する場合でも何ら不便はありません。

 

というわけで、

まずはここで

 

 

食事を楽しもう!

数多くの飲食店があり、食事には困りません!

タイ料理はもちろんのこと、欧米料理や日本食屋もあります。価格は外国人旅行者向け料金となっており、若干高めなのですが、それでも、日本人からしたら安く感じると思います。

屋台も多く、各種飲食店にはテラス席があるため、人の流れを観察しながらのんびりと過ごすことが出来ます。タイ料理をシンハービールやチャンビールと共に堪能するのも良いでしょう。

 

 

飲んで踊ろう!

また、カオサン通りには多くのクラブやバーがあります。お酒やクラブ音楽好きにはたまらないと思いますよ

 

 

買い物をしよう!

カオサン通り沿いには数多くの出店がありますが、飲食店だけではありません。衣類や雑貨、お土産になりそうな小物まで何でも売られています。

 

 

ワット・チャナソンクラームに行こう!

カオサンロード突き当たりの警察署向かいにある「ワット・チャナソンクラーム」は、アユタヤ時代から存在する歴史あるお寺です。

チャナは「勝つ」、ソンクラームは「戦争」という意味です。

 

 

カオサン・ガーデン・ミュージアムに行こう!

フランス風の複合施設「カオサン・ガーデン・ミュージアム」には博物館や図書館、コーヒーショップ、フレンチレストランがあり、特に博物館ではカオサン通りの歴史を知ることができます。

 

 

気が向いたらタトゥーを入れてみよう

日本人にはまだ少し抵抗がありますが、ヨーロッパの若者たちはこの「カオサンロード」に来ると、旅の記念にタトゥーを入れる人もいるそうですよ。

彫らなくても、

シールタトゥーやへナタトゥーといった簡単なものもありますからね。

 

 

タイマッサージで癒されよう!

日本でやるマッサージよりもずっと安いのに、彼らの腕は超本格的です。旅の疲れをマッサージで癒すのを忘れてはいけません。

マッサージは血行の流れを良くし、肩凝り改善などの効果がありますからね。歩き疲れた後などにオススメです。
 

 

フィッシュ・マッサージだってあるんですよ!

 

いかがですか?

こうやってみてみると、案外何でも揃ってますよね。でも、基本的にカオサンロードは夜がメインです!

カオサンロードに来たからには、夜を楽しまなきゃもったいない!

 

そこでお勧めしたいのが、カオサンロードのほぼ真ん中に位置し、ゲストハウス「D&D」近くの建物、3階にある「The Roof」

 
 

The Roofをのぞいてみると…

 
ここでは目の前で行われる生演奏を聴きながらお酒が飲めるんです!

やっぱりクラブなんで、できれば土曜日に行ってみてください。多くのバックパッカーたちはもちろんのこと、現地タイの人たちも集い、ライブの盛り上がりは最高潮間違いなし!

 

夜も

 

楽しい通りなんです♡

 

 

 

さいごに ☆

何かが特別素晴らしいわけでも綺麗なわけでもないのに、なぜか一度訪れたらここに帰って来たくなってしまう、カオサンロード。

その魅力は行った人にしかわかりません。是非一度自分の体でそれを感じ、カオサンの魅力に取り憑かれてみては?

image

 
 

image

 

image

 
 

「カオサンロード」で思う存分タイ旅行を満喫してみてくださいね!

ここで紹介したもの以外にも、「カオサンロード」にはあなたを楽しませてくれるものがきっとあるはずですよ。

 

関連記事: