バンコクのパワースポットは凄い神々犇めくスピリチュアル天国!



敬虔な仏教徒の多いタイランドには、至るところに金ピカな寺院や神様が祀られた祠がありますが、そこは・・・「願い事を叶えてくれる」超強力なパワースポットでもあります!

アメトーークの独身こじらせ芸人で注目されたバンコクの「恋愛の神様」以外にも、仕事運、健康運、勉学成就に効くと言われる様々な神様が祀られ、ご利益あり過ぎ状態なのです!!

※ タイの人々は神様を美しい花やお供え物で飾りいつも大事にしています

というわけで、観光だけでなく「何でも願いを叶えてくれる」神々に会いに行きませんか? 以下、バンコクっ子に愛され、海外からの旅行者にも有名な『パワースポット』を一挙紹介していきますね。

 

1. プラピッカネート (ガネーシャ神) Ganesha (พระพิฆเณศ)

バンコクの恋愛の神

学問の神 ・芸術の神  ・商売の神 ・開運の神

ガネーシャはヒンドゥー教の代表的な神で、象の頭をもった象頭人身、4本の腕を持っています。ヒンドゥー教で最も崇拝されている「シヴァ神」(破壊の神)の息子です。タイでは、多くの学生が大学受験の前や試験の前にこのガネーシャを訪れてお祈りをします。

一般的にガネーシャ神は、様々な障害を取り除き財をもたらすとされていますが、ここタイでは加えて芸能・芸術関係や学問にもご利益があると信じられています。マリーゴールドや菊、線香をせっせとお供え…

 

【タイ語で願わないと聞いてもらえない?】

いえいえ、神様は毎日世界中の言葉でお願いを聞いているのだから、日本語で堂々とお祈りをしてOK!だそうですよ(笑)

【願いが成就したら】

バナナやお菓子、牛乳、サトウキビジュースなどを捧げましょう。

 

【場所】

バンコク、チットロムエリアのショッピングモール「セントラルワールド」敷地内 (伊勢丹前) に祀られています。

【アクセス】

BTSスクンビット(Sukhumvit) 駅 – CentralWorld is located between Chit Lom and Siam Stations.

 バンコク「セントラルワールドプラザ」周辺の地図
せっかくなので、「セントラルワールドプラザ」についても簡単に紹介しておきましょうね。

「セントラルワールドプラザ」

ショッピング王国バンコクの中でも一際存在感を放っているショッピングモール…それが「セントラルワールドプラザ」です。両脇には伊勢丹バンコク支店とZENデパートがあり日本人にも人気です。
ファッションはもちろん、各種専門ショップや銀行も入ったこのショッピングコンプレックスは、様々なイベントも盛んに行われており、クリスマスや年末カウントダウンなどは世界中から多くの人々が…
バンコクのショッピングモール

BTSチットロム駅からスカイウォークで直結している「セントラルワールドプラザ」に来れば、そのまま歩いてタイの原宿「サイアム」へ行くことだって出来ます。

北へ行くとプラトゥーナムのファッションビルやバイヨークスカイⅡ、南に行けばシーロム。まさにセントラルな場所にあるのです!

建物の前には屋台や露店があるので、外に出てもちょっとした立ち食いフードを楽しむことができます。伊勢丹とZENが隣接しているのも魅力ですね。

○ 1F

セントラルワールドプラザは吹き抜けになった中央部から四方に広がるゾーンに分かれています。敷地面積がかなり広いので迷う人も。。。その1Fは世界的有名ブランド洋服店が軒を連ねています。外国人観光客にも人気!ところどころに小物やコスメのお店も入っています。まずは涼みがてらウィンドウショッピングを楽しんでみましょう。

○ 2F

若者向けのファッションブランド店が多く入っています。そのため、このフロアはいつも若い女の子たちやニューハーフ、カップルたちがウィンドウショッピングを楽しんでいるのです。

○ 3F

「セントラルワールドプラザ」はBTSチットロム駅からスカイウォークで繋がっています。そのため、館内入り口にはスターバックスなどのカフェやファーストフードのお店などが並んでいます。3Fもファッションフロアですが、スポーツブランドが多く入っているのが特徴的です。

 バンコクのスカイウォーク

○ 4F

モバイルの通信会社や銀行などのフロアです。タイはモバイル天国!ここセントラルワールドプラザに来れば、全てのユーザが充実したサービスを受けられるようになっています。さらに、ここに入っている主な銀行の支店は20時くらいまで通常窓口が利用できるのでとても便利ですよ。

○ 5F

家具を中心としたフロアです。リビングや寝室など、専門的に分かれた店舗が充実!家具に関してはほとんどのものがこのフロアで手に入ってしまいます。小物なども売っているのでちょっと覗いてみては (^ ^)/

○ 6F

キッズコーナー飲食店のフロアです。おしゃれな子供服のお店から、日本でもお馴染みトイザらスが入っています。飲食のお店は比較的家族で食べるようなお店が多く、子供連れファミリーで賑わうデパートらしいフロアといった雰囲気です。

セントラルワールドプラザ

○ 7F

飲食専門店シネマコンプレックスが入っています。広い敷地面積なので、どこで何を食べたらいいのかすご〜く迷ってしまいます (笑) 私もよく軽食&映画を楽しんだものです。

○ 8F

「TKパーク」という図書館になっています。「遊ぶ」と「学ぶ」をコンセプトに様々な本を読むことができ、パソコンやメディアを利用して楽しく学ぶことができます。TKパークにはパスを購入して入館可。時間に余裕があればここでゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?

とにかく広く、じっくり見て回ると丸一日以上かかってしまいます。それ程充実したショッピングモールが、BTSの駅に繋がっているのですから本当に便利ですよねー。セントラルワールドプラザからは東西南北どこへ行ってもすぐに観光エリア!
なので、旅行者は必ず訪れることになるでしょう。皆さんも、世界中の人々にトレンドを発信し続ける買い物天国「セントラルワールドプラザ」で楽しいショッピングのひとときをお過ごしくださいませ!
 セントラルワールドプラザ
さあ、パワースポットの話に戻りますよ〜
(^ ^)/

2.トリムルティ Trimurti (พระตรีมูรติ)

バンコクの恋愛の神

恋愛の神

こちらは恋愛成就で有名な祠です。お笑いタレントの今田耕司さんが若い女性を押しのけて線香を捧げようとした場所(笑) 赤いバラと線香を9本ずつお供えすると効力倍増っ!

伊勢丹の正面にあり、平日昼間でも多くの人が熱心にお祈りを捧げています。特に、火曜と木曜の21時半にはプラトリームラティ神が降臨するとされ、願いの成就率が上がると考えられています。

プラピッカネートと併せて行ってみましょう!

ちなみに、三人の神が一体となっているので「トリムルティ」です。「プラ・トリムーラティ」には顔が正面と両側面の計3面あり、それぞれの面にバラの花びらを置いてお祈りするのが正しい参拝の仕方です。

トリムルティ

参考までに、恋愛祈願の際に奉納する参拝セット(線香、ロウソク、赤いバラ)は、敷地内の露店で80バーツ(約240円)程で手に入ります。無料の赤いロウソクも置かれているのでこちらを供えてもOK。

タイ全土から集まった女性たちが地面に膝を付き、熱心にお祈りをする姿が見受けられます。

3.ラクシュミーLakshmi ( พระลักษมี )

ラクシュミー

美と幸運の神

美と豊穣と幸運を司ると言われている「ラクシュミー」は、ヒンドゥー教の代表的女神の一神です。夫はヒンドゥー教最高神の一人「ヴィシュヌ」であり、姉は不幸を司ると言われる「アラクシュミー」です。

タイ中の多くの女性が訪れ、永遠の美しさを願います。女性の皆さんはここも必ずチェックしておきましょう。

【場所】

『セントラルワールド』の向かいにある『ゲイソンプラザ』(Gaysorn Plaza) の4階
【アクセス】

BTSチットロム( Chitlom)駅

ラクシュミー

 

4.ヴィシュヌVishnu ( พระนารายณ์ หรือ พระวิษณุ)

ヒンズー教三大神の一人ヴィシュヌ

・幸運の神 ・守護神

4本の腕に武器を持つ男性の姿の「ヴィシュヌ」は、ヒンドゥー教三大神の一人であり左には法螺貝が。幸運をもたらすとともに人々を守る神でもあります。

【場所】

インターコンチネンタル バンコク ホテル(Intercontinental Bangkok)

※ このホテルはバンコク市内中心部にあり、近くにエラワン寺院やバムルンラード病院、プラトゥーナム市場、サイアムスクエア、パッカード宮殿があります

【アクセス】

BTSチットロム(Chitlom) 駅

5.インドラ Indra (พระอินทร์ หรือ ท้าวอมรินทร์เทวาธิราช)

アマリンプラザのインドラ

人々を見守る神・守護

『グランド ハイアット エラワン バンコク』の隣、『アマリンプラザ』前には全身緑色をした神様“インドラ”が祀られています。

「見せてあげよう、ラピュタの雷を! 旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ!ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えているがね」

この神様は全世界を見守っていると言われています。別名「アマリン」と呼ばれ、全方角を見渡し、この世と人類をいつも見守ってくれています。

 

【場所】

アマリン・プラザ (Amarin Plaza)

【アクセス】

チットロム(Chitlom)駅

 

6.ブラフマー Brahma (พระพรหม)

願いを叶えるブラフマー

願いを叶える神

金色に輝く美しい『ブラフマー神』は、ヒンドゥー教3大神の中の「創造の神」。4つの顔は東西南北を見ていて、人々は全ての方角で祈り拝みます。バンコクで最もご利益がある神とされ、6つのパワースポットの中で一番人気を誇るのが「ブラフマー」です。

宇宙に何もない時代、姿を現す前の彼は水を創り、その中に一つの種子「黄金の卵(ヒラニヤガルバ)」を置きました。その中に一年間留まって成長したブラフマーは卵を半分に割り、天地を初めとするあらゆる物を創造したと言われています。

タイ人に「パワースポットはどこ?」聞くと、皆口を揃えて『エラワンプーム』と返してきます。ここでも、周辺で線香、ろうそく、花輪の奉納セットが販売されていますが、観光客を狙った詐欺師がいるので要注意です!

 

【場所】

エラワンバンコク (Erawan Bangkok)

【アクセス】

チットロム(Chitlom)駅

ブラフマー

※ チット・ロム駅すぐそばで、ショッピングセンターやホテルに囲まれた狭い区画にこぢんまりとあります

タイで最も霊験があるとされ、「タイ最強」と言えばムエタイチャンピオンではなく「ブラフマー」です!覚えておきましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した6つの『パワースポット』はタイ人にとってどれも大切な場所です。全ての神様が近くにいてくれるので、半日あれば全て祈り倒せるでしょう。

 

中でも、「どんな願いも成就する」エラワン・プームのブラフマーは最強!!!

 

伊勢丹、セントラルワールド等のショッピングセンターや高級ホテルが立ち並ぶラチャプラソン交差点は、神々のパワーがみなぎっているのです!

ラチャプラソン交差点

 

追記

エラワン・プームが凄いわけ

1953年、エラワンホテルの建設工事が始まりました。しかし、事故が多発して工事がなかなか進まない。。。困った人々は占星術師に話を聞きに行き「ヒンドゥー教神のブラフマー(宇宙の創造を司る)を祀る祠を設けるよう」と助言されたのでそうしたところ、工事は順調に!

その後ブラフマーは、「何でも願い事が叶う神様」として人々に口コミで知れ渡ったのです。商売繁盛から恋愛成就、宝くじの当選まで、どんな願い事も叶えてくれるというのです。

そんなわけで現在では、病気平癒や家内安全、金運up、人気運向上など様々な願いを叶えてもらうべく、多くの人たちに厚く祀られているのです。

ちなみに、「エラワン」とはインドラ神が乗っている三頭のゾウのことですが

エラワン

ここではブラフマー神をお祀りしています。仏教ではブラフマー神は仏法の守護神とされています。

・・・

 

なによりも『エラワンプーム』がすごいのは、実際に大金を手にした女性や恋愛を成就させた女性が星の数ほどいるという点です。宝くじで大金を手にした人や、玉の輿に乗って巨万の富を手に入れた人もいるという噂です。

さあ、皆さんも「エラワンプーム」へ Let’s go 〜!

 そして、願いが叶ったら…

360バーツほど支払って、6人ほどの踊り子さんが踊ってくれる感謝の意を表す「奉納の舞」をやってもらいましょう!

エラワンプームの奉納の舞

 

成就率の高いエラワン・プームだけに、1日中、何度でもタイ舞踊を観ることができるのも有難いですね。

毎年11月9日(エラワンホテルの竣工日)は、記念のお祭りが盛大に行われています。

最後に…

「仏教の国なのになぜヒンドゥーの神様?」と思った方も多いでしょう。

ブラフマーは宇宙の創造を司るヒンドゥー教の三大神のひとりですが、仏教世界では「梵天(ぼんてん)」と呼ばれ、仏法守護を行うとされているんですよ。

 

おまけ

 

願い事が叶うと評判のワット・ラカン

ワットラカン

ワット・ラカン

チャオプラヤー川を挟んで王宮の対岸にあるのが、「願い事がかなう」「万病に効く」とバンコク市民から絶大な信頼を集めるお寺「ワット・ラカン(正式名ワット・ラカン・コシターラーム」です。

寺院の敷地から鐘が出土されたことから「ワット・ラカン(鐘の寺)」と呼ばれるようになりました。境内にはいくつもの鐘がぶら下がっていて、その鐘を鳴らして進んでいくと煩悩が払われると言われています。

対岸にあるワット・プラケオやワット・ポーは超有名寺院でいつ行っても世界中の観光客でごったがえしていますが、ここはバンコク市民のお寺という風情があります。鐘の音と線香の煙で、別世界にいるような穏やかな空気に包まれていますよ。

 

仕事運で知られるワット・スタット

ワットスタット

「サオチンチャー」と呼ばれる巨大な赤い鳥居で知られるワット・スタット(正式名ワット・スタット・テープワララーム)は、1807年に首都をバンコクに遷都したラマ一世が、スコータイから高さ8mの大仏を移すために建造を命じた寺院です。

実際に完成されたのはそれから約40年後の1847年でした。赤い鳥居は実は巨大なブランコで、昔は年に1度、お寺の司祭がこれを高くまでこぐという儀式が行われていましたが、あまりに高い所までこいで司祭が転落する事故が相次いだため、1930年代に儀式はとりやめになり、今では鳥居だけが残っています。

ワット・スタットでは、瓦を寄進することができます。瓦に願い事を書いて寄進すると、瓦を葺き替えする時にその瓦が使用されるそうです。ワット・スタットは仕事運のパワースポットとしても知られていますので、お参りして仕事エネルギーをゲットしちゃいましょう!

 

巨大ガネーシャ! ワット・サマンラタナラム

タイの巨大ガネーシャ

バンコクから車で約1~2時間、バンコクの東約80kmにあるのが高さ22mという巨大なガネーシャが横たわるワット・サマンラタナラムは、障害を取り除く知恵と学問の神様、としてタイで愛されています。

この「寝ガネーシャ」に願い事をするなら、周囲を守るネズミの像の耳に囁きかけると良いそうです。その時には願い事が逃げていかないよう、もう片方の耳をふさぐのが作法だとか。ネズミたちはガネーシャの家来でありガネーシャの乗り物でもあります。

いや〜

今回の記事はとっても長くなりましたが、最後まで根気よく読んでくださった方にはきっと幸運が舞い込んでくるのではないでしょうか (笑)

「タイに行ったらグルメとエステとビーチとスピリチュアルエリア巡り」ですよ〜!

関連記事: