初心者のためのラオス観光モデルコース



まずはじめに、「ラオスへは観光に行くのではなく、のんびりと過ごすために行くのだ」と考えておきましょう。

たまに、「何もすることがなくてガッカリした」という方がいらっしゃいますが、ラオスの魅力は「無になれること」「リラックスできること」「初心に戻れること」にあるのです。

もしもあなたがアグレッシブに「何かをしたい」と思って旅をするのであれば、(ラオスではなく) 近隣のタイやベトナム、カンボジア辺りを選択した方がいいかもしれません。

 

さて、それでも「ラオスに行ってみたい」という方は

 ルアンパバーンって観光に何日かかるの?
 ツアーに申し込んだ方がいい?
 どこがおすすめ?

といった疑問があるかもしれませんね。

 

そこでここでは、ラオス旅行の基本とも言うべき「モデルコース」について簡単にまとめてみました。参考になれば幸いです!

 

ラオス旅行の鉄板ルートはこれだ!

 

一般的に「ラオス旅行」は

・ビエンチャン(ラオスの首都)
・バンビエン (田舎の村)
・ルアンパバーン (古都)

の3箇所を訪れるのが鉄板ルート。

 

地図を見てもらえばわかりますが、ビエンチャンからメコン川にそって北部の街ルアンパバーンへ行く、あるいはルアンパバーンからビエンチャンまで行くルートの2つが鉄板ルートとなっています。

(ビエンチャンとルアンパバーンには国際空港があります)

 

ちなみに、多くの方はこの3つの町を「VIPバス」や「ミニバス」を利用して移動しています。ただ一つ注意してほしいのは、道がきちんと整備されていないこと。なので、山道を通る際にはちょっと過酷さを感じてしまう…かもしれません。

 

 

鉄板ルートの概要

 

①  飛行機だけで移動する場合

 ビエンチャン  →  ルアンパバーン

 ルアンパバーン   →  ビエンチャン

 


②  バスを利用する場合

 ビエンチャン  →  バンビエン  →  ルアンパバーン

 ルアンパバーン   →  バンビエン  →  ビエンチャン

 

 

おわりに

ラオスへの旅行は、基本「のんびりする」ために行くものです。とは言え、多忙な日本人にとって長期休暇はなかなか取りにくいもの。

だからこそ、「ビエンチャンに1泊」「バンビエンに1泊」「ルアンパバーンに1泊」…なんてことになるのでは。。。

でも、、、最低でも1週間!できれば2週間は滞在してもらいたいものですね。それでは素敵な旅を!

 

 

関連記事: