モーツァルトを訪ねる旅



「彼の音楽を聴けば頭が良くなる」とも言われているオーストリアが生んだ天才音楽家モーツァルトはその短い生涯の中で数多くの名曲を生み出してきました。好き嫌いに関係なく、彼の音楽を一度も聴いたことがない人はいないはずです。

そこで今回は、故郷の家や宮殿といったモーツァルトと深い関わりのあるスポットをいくつか紹介したいと思います。

 

モーツァルトのプロフィール

《続きを読む》

 

 

モーツァルトの死因

《続きを読む》

 

 

モーツァルトの生家 (ザルツブルク)

《続きを読む》

 

 

ミラベル宮殿 (ザルツブルク)

《続きを読む》

 

 

シェーンブルン宮殿 (ウィーン)

《続きを読む》

 

 

モーツァルトハウス (ウィーン)

《続きを読む》

 

 

シュテファン大聖堂 (ウィーン)

《続きを読む》

 

 

St. マルクス墓地 (ウィーン)

《続きを読む》

 

 

ブルク公園のモーツァルト像 (ウィーン)

《続きを読む》

 

 

エステート劇場 (チェコ・プラハ)

《続きを読む》

 

 

まとめ ☆

音楽家としてヨーロッパ中を渡り歩いたモーツァルト。神童として名を知られるもパトロンに恵まれなかったモーツァルト。晩年は借金に苦しめられ、葬儀をきちんと行ってもらえず、遺体を共同墓地に放り込まれるという有様。。。

現在ウィーンにある「モーツァルトの墓」とされているところは、実は適当な骨を集めた場所なのだとか……。それでも、後世に生きる私たちは彼を敬愛し墓石に手を合わせます。
 

さて、言動はけっして上品とは言えなかったモーツァルトですが、「天才」であるとともに「努力」の人でもありました。そんなモーツァルトにとって「旅」は、(多くの文献にも記されているように) 人生を深める大事なライフワークだったようです。

そんな偉人に思いを馳せ、あなたもヨーロッパへと旅に出かけてみようではありませんか。

 
 

関連記事: