ショパンを訪ねる旅



ポーランド (ワルシャワ) といえば、ピアニストのフレデリック・ショパンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?彼はピアニスト憧れの偉人でありポーランドの英雄です。

そんなショパンは39年間の人生の前半を首都のワルシャワで過ごしました。ジェラゾヴァ・ヴォラで生まれたのですが、生後数ヶ月でワルシャワに移り住み、その後幼少期の頃からず〜っと才能を伸ばし続けてきた経緯は皆さんご存知の通りです。

 

ショパンは頻繁に貴族のサロンでコンサートを開き、先生たちも彼の類いまれな音楽の才能を称賛。というわけで、

今回オススメするのはショパンゆかりの地です。ポーランド旅行の目的は様々でしょうが、その一つに「ショパン」も加えていただければ幸いです。ショパンとともに、ポーランドの「美しい景観」「素晴らしい文化」を感じていただけたらと思います。

 
 

生家と聖ロフ教会

ショパンの生家
《続きを読む》

 

 

ショパン博物館

ショパン博物館はもともと宮殿だったので、建物自体も素敵です♪

《続きを読む》

 

 

ワジェンキ公園

《続きを読む》

 

 

ワルシャワ大学

《続きを読む》

 

 

聖十字架教会

《続きを読む》

 

 

ホノラトカ

《続きを読む》

 

 

ラジヴィウ宮殿 (大統領官邸)

《続きを読む》

 

 

 

まとめ ☆

当時のクラコフスキェ・プシェドミェシチェ通りやミョドヴァ通り付近では、放課後の英語レッスンへと急ぐショパン、流行のカフェへ知人たちに会いに行く途中のショパン、新しい楽譜を探しに店へ向かっているショパンを毎日のように見かけることができました。

そのような情景に想いを馳せながら、ワルシャワの街を散策してみてはいかがでしょうか。

ポーランドには他にもキュリー夫人やコペルニクスといった偉人たちがいました。一方で、戦争の悲惨な経験があります。それぞれの想いを胸に、ポーランドをぜひ訪れてみてくださいね。

 

 

関連記事: