「世界一幸福度の高い国」デンマークの基本情報 & 人気観光スポット



天才童話作家アンデルセンを生み育んだ「おとぎの国」デンマークは緑豊かな森や湖など美しい自然を楽しむことができる観光地として有名です。

特に首都のコペンハーゲンは歴史ある美しい街並みが有名ということで、世界中から多くの観光客が訪れています。他にも、「名作ハムレットの舞台クロンボー城」やバイキングの歴史に触れることができるオーフスなど、魅力溢れるスポットがたくさん!

 

基本情報

《続きを読む》

 

 

 

コペンハーゲン

🔵  ニューハウン

アンデルセンも愛した港町「ニューハウン」
《続きを読む》

 


🔵  チボリ公園

世界最古のテーマパーク「チボリ公園」
《続きを読む》

 


🔵  その他

《続きを読む》

 

 

 

ヘルシンオア

クロンボー城
《続きを読む》

 

 

 

オーデンセ

オーデンセの街並み
《続きを読む》

 

 

 

ヒレレズ

ヒレレズには、フレデリクスボー城というおとぎ話に出てきそうなとても美しいお城があります
《続きを読む》

 

 

 

ビルン

「レゴランド」の本場といえばここ!
《続きを読む》

 

 

 

代表的な料理

《続きを読む》

 

 

 

幸福度ランキング1位

デンマークと言えば 「幸福度ランキングNo.1」ということでも有名で、その背景には「高福祉社会システム」があります。税金が高い分、福祉がかなり充実。

例えば、教育費は大学まで無料ですし、医療費も出産費も無料!さらには、保育や介護面も手厚く、多方面に「死ぬまで無料」が続きます。税金の無駄遣いがなく、「必要な人に使う」という合理的なシステムが確立されています。

 

そんなデンマークでは、「17時には仕事は終わる」働き方が推奨されています。法律で「労働は週37時間まで」と決められており、週5日勤務なら1日あたり約7時間。残業という概念はほぼ存在しません。

同様に、年間6週間の有給休暇を取る制度も定められています。「仕事は効率的にやってこそ」という意識が高いようです。

 

このように、デンマークは「高福祉国家」を掲げており、皆が一定の生活水準を保障されています。「必要以上に頑張らなくても生きていける」という、ある意味理想郷を実現させているわけです。

そんなデンマークでは教育もしっかりしています。小さい頃から親や先生に「将来、あなたはどうしたいの?」と問われながら育つ環境下にあり、小中学校ではテストで序列化することは禁止されています。指導内容は国ではなく、各学校が決めるようになっています。

 

別の側面から見てみると、「離婚率50%」という数字が出てきます。この背景には「自由」「女性の就業率が高い」といったことが挙げられそうです。女性にも経済的自立が保証されており、離婚へのハードルが非常に低いというわけです。

「離婚が増えると出生率も低くなるのでは?」と思うかもしれませんが、必ずしもそうではないようです。

 

「教育」「家庭」「仕事」・・・

あらゆる面において、デンマークは自由の国と言えるかもしれません。我々日本人も、彼らから学ぶべきことをしっかりと学んで、より良き社会を作っていかないといけませんね。

肌で感じるためにもまずは一度デンマークに行ってみませんか?

 

 

関連記事: